ソニーはスマートウォッチ4でこういうのにしたら少しは売れると思う

2014年12月24日

えっと。日が暮れましたのでクリスマスがきました。ユダヤ歴は日没で日が変わるのだ。クリスマスイブはクリスマスの前日じゃなくて、クリスマスのイブニングなんだよ。知ってた?
クリスマスになって、今晩がクリスマスイブ!!明日の日没前までがクリスマス。明日の夜はもうクリスマスじゃない!!

さて、「スマートウォッチは来ない、来ない」という私ですが、本日ジョギング中にふと

ソニーがこんなスマートウォッチ作ったら少しは来る

と思いましたので忘れないうちに書こうと思います。
なんでソニーかというと、これ。

k139357p1n4
確かiPhoneもカメラセンサーはソニー製のはず

sony-xperia-camera
Xperiaのカメラユニット見ても、いまはこんなに小さい。

で、ここまで書いたらおわかりかと思いますが、カメラが主体のスマートウォッチ作ればいいのです。コニカミノルタを買収して卓越したカメラ技術ととスマホの両方もってるメーカーだから。パナソニックはスマホはもう投げちゃったし。

んで、充電形式はAdidasもRipcurlも採用している
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
この電磁式タイプ。これで200メートル防水のカメラ付きスマートウォッチ作ります。連携はAndroidだけじゃなくてiPhoneともアプリ経由で取れるようにしてください。いままでのソニーのスマートウォッチの開発部門ではなく、つまりソニーモバイルの開発ではなくて、カメラの事業部でお願いします。理由はこれはカメラだからです。さらにソニーモバイルだとXperiaとの連携しか考えないからダメ。

たぶん、そこそこ売れます。

こういうニーズがありますよ

まずは、スマホで写真撮るからいいというクラスタはユーザー対象から外れます。最初に出てくるのは

スマホで写真撮るのが恥ずかしい

という皆さんです。いちいちポケットからスマホだして構えると写真撮るのがバレバレで馬鹿っぽい。時計型ならラーメン屋でもレストランでもさくっとさりげなく撮れます。盗撮がヤバいけど。

しかしメインは

カメラを手にもてない事情の皆さん

です。たとえばサーフィン、スノーケリング、ダイビングなど、カメラをぶら下げると動作が制限されるスポーツでの使用。特にウォータースポーツ系はスマホを持って入れないしカメラをぶらぶらさせるとけっこうめんどい。ジョギング中に写真撮りたいとか、クライミングしている時に撮りたいという人もいるでしょう。スカイダイビングもカメラとスマホ持って飛べるのかまではしらない。

つまりこれは、GoProのウェラブルタイプなのです。GoProはそこそこ大きいし、パッケージングを小さくする技術がスマホほどには達してないからではないか。であれば、ソニーは


こんな使ってる人も見たことのないウェラブルカメラより、思い切り小さいパッケージング化して腕時計にしたほうがなんぼか売れます。少なくとも自分は買う。GoPro3台水没させて、コレ買って痛い目見たわたしが言うんだから間違いない

JVCKENWOOD JVC スポーツカム ADIXXION GC-XA1 ブラック GC-XA1-B
これとかボードにつけてサーフィンしたら、手がぶつかって血が出たよ。

競合はないのかいろいろ検索してみてみっけた
Arrow
The World s First Smartwatch With a 360° Rotating Cameraのコピー

かっこいい。かなり欲しい。盗撮できるわ。まだ開発中なので詳しいデータ無し。7月にリリースでたまま止まってる。機能盛りすぎて実装できてない気がする。

Galaxy Gearもカメラついてるけどかっこ悪いのと190万画素という・・・
さらには防水じゃ無いのでパス

そんなわけでいまならソニーさんがこの市場に参入すれば、GoProのマーケットをかなり獲れるものとみます。それではメリークリスマス。

  • -
  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    follow us in feedly
PAGE TOP