中国製ネットワークカメラが恐ろしすぎるからプラネックスのに買い替えた

2017年8月16日

本日はメルマガとnoteの日。

1 地方への効果的な転職方法について
2 タイ情報ブログの今後の方向性
3 AIに代替されないための生き残り戦略とは
4 ビジネスドメイン取得についてのポイント
5 タトゥー受け入れ施設紹介ブログの可能性は
6 ニッチ領域のオウンドメディアのキーワードについて

です。まぐまぐ!またはBLOGOS、スマホで読む方はnoteでお買い上げいただけます。関係ないですがついでにInstagramもフォローしていただけると喜びます。今週ついにフォロワー5000人の大台を突破する予定。1年半かかりました・・・・・。

さて、先週に日本中を震撼させたこの話題・・・・

中国製ネットワークカメラが勝手に動き出して中国語が聞こえてきた怖い話(動画あり)

要するに中国製のネットワークカメラを設置したら、操作してないのに自分を追いかけていたり、中国語の話し声が聞こえてくる。Amazonのレビューもすごいことになってる。

これはどういう仕組みなのか。乗っ取られているのか。ということで知人の専門家に訊いてみたら・・・なんと実物買って検証済みでした。ww

で、ブログを書いてもらいました。
絶対に買ってはいけない!ネットワークカメラ

結論でいうと、このネットワークカメラは乗っ取られているわけではない。

そもそもメーカーがやってる犯罪

ということなんでございます。人民解放軍がやってるメーカーなのかも。中国のIT企業ってHuaweiはじめ、そんなんばっか。

「中国のWEBサーバー」は中国の管理者が自由に閲覧&操作可能ということです。もちろん、各ネットワークカメラから送られてくるデータはもちろん、どこのプロバイダー経由で、どのIPアドレスがどこから画像データを送ってきているのか? 全部分かります。このネットワークカメラを設置してしまったら、家の中、会社の中、子供部屋の様子、赤ちゃんの様子、ペットの様子、そこに居てもいなくても別荘の様子、金庫室の様子、寝室の様子、キリが無いですが、全て見知らぬ中国人に見られていると考えて間違いありません。

精査した結果を具体的に言うと、「中国のサーバーにデータを一時保管してそのサーバーにアクセスしてパソコンやスマホから遠隔閲覧する仕様で、乗っ取られるのではなく、そもそも泥棒にデータを共有鍵付きで渡しているだけ」とのこと。

だからやってるのは中の人なわけです。上のブログでは販売代理店にクレームをいったら新しい機材と交換してパスワードを複雑にしてくださいと言われたそうだが全く無意味。議員とかが事務所に設置したら情報筒抜けです。最初は中の人に変な奴がいてのぞき見しているのかと思っていたが・・・・どうも違ってました。

上記の解説記事を書いたブログのサーバが公開後に

中国から大規模DDoS攻撃

を2日にわたって受けたからです!!!

やましくないのに攻撃してくるわけはないということで、真っ黒が認定。KEIANというメーカーは日本支社もあるので警視庁の公安はちゃんと監視した方がいいと思います。

ネットワークカメラは日本のメーカーのを使おう

ネットワークカメラ、それなに?の人もいると思いますが、あるととっても便利。でもアプリ使うと使ってないパソコンのカメラでも同じ事ができますが、パソコンはラップトップでもでかすぎて簡単に設置できない。

要は家庭のLANの中にWi-Fiのカメラをおいて、その映像をスマホやパソコンから見ることができるわけです。
で、うちも一階に16歳と8ヶ月のおばあちゃん犬がいて、人がいないときにはどこかにぶつかったりして危険なのでサークルに入れているが、これをチェックするためにZOSIというブランドのネットワークカメラ買いました。これで仕事している時も愛犬の様子をチェックできます。年老いた両親や赤ちゃんの様子もどこからでも見られるし、ガレージに置けばチェックもできるし、寝ていて盗難にあっても記録をマイクロSDカードに保存できます。

しかしこちらも中国メーカー。怖いので買い換えることにした。ちなみに検証ブログの河崎さんに伺ったところ、

ネットワークカメラが傍受可能かどうかの判断は、スマホで遠隔で見に行くデータが不明なサーバーに置いてあるかどうかで決まります。ネットワークカメラをスマホで見ながらカメラを切っても過去の画像が閲覧できれば、サーバーのデータはあちらの手に渡っております。カメラのリアルタイム動画を見ていて、カメラの電源切ると静止画で止まってフリーズ画面になるものはOKです。

ということだったのでやってみたらそうなったのでとりあえずOKらしいと思ったが、中国のこと、いつ何時、相手の会社の気が変わって個人情報を売られたらたまったものじゃない。

高額ですが、Panasonicのホームカメラは、サーバーに一切データを置きません。家の中でネットに繋ぐ親機のSDカードにデータを保存するか、リアルタイムだけしか見られないんです。

一番安いのでこれだった。

ほかに安心できるメーカーはないのか・・・・日本アンテナもありますよ。

かたちが中国の他のメーカーのとそっくりなのでOEMかと思って引きました。

I-0データなら安心かなと。

いろいろ探していたらヤフオク!でこれの新古品を発見。無事ゲット。プラネックスなら安心。

PLANEXは、リアルタイムと本体に挿したMicroSDにしかデータが置けないので安心です。以前、不動産屋の仕事で部屋荒らしの現場写真を押さえるのに、不動産屋が導入したんですが「侵入者にSDカードを持っていかれた」という、本当にあった怖い笑い話がありますw

by 河崎氏

ZOSIよりちょっと大きい感じ

セッティングは非常に簡単で、電源入れてWPSボタンを押す。うちはAirMacTimeCapsuleなので、AirMacユーティリティのベーステーションから「WPSプリンタを追加」で簡単につながりました。

専用のアプリが用意されているのでiPhoneとiPadにインストール。

こんな感じで愛犬のサークルをどこからでも見られます。外出してる時も時々見ている。愛犬ストーカーです。

  • -
  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    follow us in feedly
PAGE TOP