もうでかいタブレットには戻れない。これからの自分はiPad miniがメインです

2012年11月4日

はっきり宣言しておきます。一昨日、iPad mimi 64GBをゲットして二日間使いまくった自分としましては、もはや10インチサイズのタブレットに戻ることはないであろうことを!

Kindleペーパーホワイトは来るのが12/2予定なんだけど、待ちかねてKindleストアで本を買いまくって、それをKindleアプリをインストールしたiPad miniで読みまくっているが、相当に快適! 別にKindle買わなくてもiPadでKindle使えるんだけど、ペーパーホワイトは読書専用デバイスにするからいーのだ!

↓ iPadでKindle本読むのは無料のKindleアプリでOK

 

Kindle本を買ってみると、マジでクラウド形式って凄いと思う。デバイスが一杯になったらデバイスから削除してもリストにはちゃんと残っているから、あとで読みたくなったらまた再ダウンロードすればいい。それほど大きいHDもこれならいらない。いらない本を本当に削除するのはPC版のMy Kindleから行う。
いままでの日本の電子書籍の書店にはめっちゃ使いづらいところが多かったが、Kindleストアで本を探しにくいこと以外は満足度、かなり高いです。

Kindle本の価格は紙より少し安い程度だが、 これで高い高い、50円にしろという人は実際に50円になっても買わないんじゃないか。マーケティング的には「高いからいらない」という人の多くは「タダじゃ無いといらない」というのと同意語のケースがけっこうある。100円を払う人は1000円を払うが、5円を払わない人は1円も払わないのだ。お金を払って買う人と、払わない人の間には恐ろしいほどの深溝がある。個人的には安いに越したことはないが、作家が路頭に迷っても困るからこの程度だと許容範囲。ただし日本人だけに洋書の値上げは意味不明。

で、使った感想ですが、タブレットはもともとこのサイズで十分だったのではないかと思うくらいだ。いままでがでかすぎた。で、テレビで女子アナが「iPad miniはさらに持ち運びが楽になりました」としたり顔で言っているのを見たが、アホか。

タブレットは「運び」ませんから!   手に持つのが楽になったのが◎なんです。なんせ面積が34%小さくなっただけなのに、重さが半分なのよ。

iPad mini不要論の方は概ね、今のサイズで十分軽い。だから持ち運びと言っても大差ないからminiはいらないという感じなのだが、そもそもそんなにタブレットを持ち歩いてるのか??
いまやMacbookAirやウルトラブックなど超軽量ブックがたくさん出ているから、本気で入力デバイスとして考えた場合はそっちを持ち歩くでしょうよ。メールチェックならスマホで十分。人によっていろいろあるとは思うが、昔こそ打ち合わせにも持ち歩いたが、MacbookAirを買ってからiPadを外に持ち出したことは皆無に近い。iPadの発表をジョブズが行ったとき、言ってましたよ

「iPadはテレビを見ながら横に置いて、気になったことをささっと検索して調べるデバイスとして開発した」って・・・

自分のタブレットの使用を考えると、時間的には××しながらの検索やメールチェックが10%、読書が50%、ゲームが40%というところ。で、肝心なのが机に座っての使用はほとんど無いって事だ。机に座ってるときはPCを使う。

タブレット使うときはだいたいがソファーなりに寝転んでません??

写真はイメージです!

そもそもテレビ見ながら使うためのデバイスだし。ばっさり決めつけるが、オッサンはジャージをはいて、ソファーやベッドに半分ねっころびながら本を読むと決まっている。このとき、重量がマジで大事なのだ。いままで2回、読書しながら寝入ってしまい、1回は眉間に落下して出血した惨事を経験した自分であるが、はっきりいって10インチタブレットはレスラー以外は読書には向いてないと思う。危険すぎる。w

重量が半分。この効果は非常に大きく、長時間読書しても疲れないのです。
ちなみにApple App Storeで「ブラックジャックによろしく」が全巻無料なので一気に読みました。
ものすごく感動しますが、気分が素晴らしく落ちるので、元気の無いとき、精神的にアンダーな時は読むのを避けましょう・・・

  • 0
  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    follow us in feedly
PAGE TOP