ついに来た!! アメブロが商用利用禁止違反のブログを続々削除しているそうですゾ

2012年7月26日

ここ数日、ずいぶん前に書いたこのエントリー

店舗や会社のブログをアメブロやFC2でやってはいけない3つの理由

っていうのにアクセスが来ていて、なんでかなと思ってTwitterで投げてみたら理由を教えてもらった。アメブロとかを仕事で使うことはまず無いし、1週間に1日メンテで止まるようなものをいくらタダだからといってビジネスに使うのは止めといた方がいいというのが持論だから、知りもしなかったのだが・・どうも続々と商用ブログが削除されているらしい。それで検索されているのだろう。

ということが規定にあったわけです。知らなかったけど。

詳細を問い合わせた人によると「商用利用(ブログ上での金銭のやりとりや、迷惑行為による宣伝)となる場合は、ご利用を頂くことができません」ということで、外部のアフィリエイトを貼ったり、アメブロ上で商品を売ったり、セミナーの申し込み受けてるブログを続々と削除や表示制限しているのこと。まあサイバーエージェントから見たら外部アフィリエイトなんて貼られたらタダでリソース貸してる意味が無いし、詐欺まがいのことされてもマイナスにしかならないからね。もっともなことです。

今のところ、店舗とか会社のPRに使う程度ならお目こぼしということらしいが、そもそもこんな無料で、サービス提供している側が削除したりを自由にできる状況のものをビジネス目的で使う方がどうかしている。もともとの規約に「商用不可」とあるのだから、いつ審査基準が厳しくなって削除されても文句を言える立場に無い。個人的にはリスクを無視してよくやってるな、という感じです。
いまや月500円のレンタルサーバにだってWordPress(オープンソースなので無料)やMovable Type(商用は有償)の簡単インストール機能が付いている。月500円の出費を惜しむ企業や店舗の気持ちが全く分かりませんのです、はい。

もともとアメブロは個人が簡単にブログを書けるように設計されている。子供っぽいインターフェースに、ガラケーからでも更新できるなど、アメーバピグ(内容はこんな感じ)大好きの低年齢層に合わせて作られている。あのインターフェースで、しかも無料のブログで会社のブログとかを今時やってるのを見ると、客目線では「ここ、大丈夫かな・・」と思う人も多いでしょう。中には会社のブログに絵文字使ってるのもあり、「担当者の頭は大丈夫かな」というところもある。もちろん遊び半分ならいいんですがね。

ライブドアブログやアメブロがスタートしたのは2003年くらいだったと思う。今や世界の主流となっているWordPressが本格的なCMS機能を備えたのがたしか2008年くらいだから、それまでに一気に普及した無料ブログから離れられないのは分かるが、すでにビジネスユースとしては過去のものと言っても過言では無い。

理由としては何度もブログに書いているが

1 大企業の社内からはアクセス不可の場合が多い

FC2はアダルトコンテンツがメインの会社(http://video.fc2.com/ja/a/)、アメーバは芸能人主体の遊びサイトなので企業のシステム部でドメイン制限かけているわけです。たとえば大手メーカーの社員が社内から「今晩どこに飲みに行こうかな」と検索してもアメブロの飲食店のブログにはアクセスできない。FC2なんてつながる訳も無し・・・

2 拡張性がほとんど無い

たとえばWordPressには無料、有料のプラグインが数万はある。「こんな機能をつけたい」と思えば、ある意味、なんだってある。アンケートも、更新のメール通知も、ショッピングカートも、メール配信も、なんだったらSNSも作れる。SEO対策のプラグインもどっちゃり。

WordPressは自分でソースも変更できるので、CSSとphpの知識があればほぼ自由にカスタマイズできます。ただし素人が見よう見まねでいじるとアクセスできなくなったりするのでご用心。

3 SEO的に意味が無い

自社サイトがありながら外部ブログでブログを書いても、自社サイトのページが増えないから評価が上がらない。アメブロの評価を上げてやってるだけ。これは余談だが、中には自社サイトにブログがあるのにさらに同じ内容を書いてるケースもあるが、Googleは重複した内容には評価を下げる場合が多いので、たとえばアメブロに投稿した後で自社サイトに同じ事を書くと、自社サイトの評価が下がってる可能性もある。

アメブロのSEOはどうかというと、同じドメインからは4つしか検索結果に出ないから、たとえば「ネイル」で検索したら評価の高いページが4つ出るだけ。ページ数が多くてめちゃ強いところがあれば4つともそこが出ます。なので新参は非常に肩身が狭い。

4 アクセスできません過ぎ!

なんで静的ページのアメブロが毎週メンテナンスで長時間止まるのか意味不明ですが(Facebookもmixiも年中無休)、その時間にビジネスチャンスを逃しているとは考えないんですかね〜

5 バックアップを保存できない

記憶に新しいファーストサーバのデータ吹っ飛び事件。Amazonのクラウドでさえ大障害を起こしてそれを利用していた各社のサービスが停止してからまだ一ヶ月たってません。Instagram,Flipboard,Pinterestなどが止まりました。Amazonのほうは復旧しましたが、ファーストサーバと同じ事がアメブロに起こらないとも限らないわけです。

しかしアメブロは他社サービスに移行させないため、写真も原稿も全くバックアップできなくしています(なんとかする方法はあります)。ということは、もしサーバが飛べば全てのデータが消失するわけで、今時バックアップが無いものをビジネスで使う神経が分かりません。WordPressの場合は、写真とデータベースのバックアップを取っておけば、最短数十分で別のサーバに全く同じ状態で移行できます。仮に借りてるサーバがぶっ飛んでもすぐに別の会社で同じものを立ち上げられるわけです。

6 アクセス解析でたらめすぎ

以前のブログにも書きましたけど、サイトの運営はまずアクセス解析から始まります。サーチエンジンへの適正化はもちろん、どういうルートでどのページを見ているかを判断することで、サイトの効果を上げていくんですが、アクセス解析がデタラメだと話になりません。Webmasterツールも使えないのでほとんど素人レベルの管理になります。

アメブロのアクセス数がジャブジャブに水増しされている理由を勝手に推測する

そんなわけで、そろそろ本気でビジネスする人は、お子様向けの無料のサービスから脱却していくべきだと思うんですが。月500円出しますか、それてもケチって行くとこまで行きますか、の世界ですね。

そんなわけで、まずはお勉強してください
これが一番新しい本みたいです

PAGE TOP