Windows Phoneがこれから来そうな理由。それは「Continuum(コンティニュアム)」だ!

2015年12月16日

本日はメルマガの日。TwitterとFacebookでアシスタント募集しましたらご応募いただきまして、昨日からメルマガ起こしを手伝ってもらっています。雑誌編集経験がある方で、小さなお子さんがいる自宅勤務の主婦。こういう働き方もこれからどんどんできるようになるね。ちなみに打ち合わせはLINEです。www
これによって、質問に対する回答は口述なのでけっこう長くなります。たっぷり答えまっせ。しかしいま、連休が続いて質問が足りない。今質問すれば来週回答もあり得ますので、いますぐ!!今週の内容は

 1 Windows Phoneについての印象は?
 2 インフラ監視のオフショアは成り立つか
 3 PC版googleの検索順位について
 4 台湾のおすすめスポット・食べ物を教えてほしい
 5 サイトを訪れる海外からの訪問者について
 6 自社で農業に進出すべきか否か

こちらから購読できます




初月無料で気になるバックナンバーを別途購入も可能です。

Windows Phoneがけっこう来るかもしれない??

つい最近、NuAns NEOというWindows Phoneの発表会に行ったのですが、本日のメルマガでも回答の予定なのですが、ひょっとして、ひょっとしてかなり来るかもという感じがしてます。

NuAns NEO TWOTONE CORE 携帯電話機本体、バックカバー基本セット スムースブラック NA-2CORE-BKBK
↑ これがNuAns NEOで、Amazonでも予約受付中です。

わたくしめ、いままでWindows Phoneは2回使いましたが、当時のOSはWindows Phone8でした。Nokia Lumiaで検索してもらうとエントリーがたくさん出てきます。が、Windows 10 mobileと、いままでのWindows phone8は全然成り立ちが違うのです。

Mac0Sと、iOSの関係が、Windows8とWindows phone8の関係と同じ。PC用のOSとモバイル用のOSは全く別で乗り入れができなかった。Appleのティム・クックは「将来的にもiOSとMacOSは統合しない」と公言している。iPad ProみたいなのがPCを駆逐するとか、どうも妄想に走ってる気配が濃厚なのであるが、そういってる間にもMicrosoftがヒタヒタと追いついているのです。

今のiPadは、Windowsタブレットにかなり負けている
日経トレンディ

iPad危うし? Surfaceに一瞬首位を奪われる…
ギズモード

ところが、このほど1010data Ecom Insights Panelが発表した「1010data Facts for Ecom Insights, January 2014 – October 2015」調査レポートにおいて、衝撃のデータが判明。なんと米国では、初めてSurfaceシリーズのタブレット販売台数が、iPadの販売台数を抜き去ったことが示されましたよ!

実は、Windows タブレットとiPadを比較する方がおかしいのです。

Surface → タブレットとしても使えるラップトップ

iPad → キーボードが使えないこともないタブレット

な、わけ。Surface買うのにキーボード買わない人はいない。ほとんどラップトップとして買ってるの。どっちが使用範囲が広いか一目瞭然。iPadはPCがないとダメだが、Surfaceは1台でPCとしてもタブレットとしても機能するわけ。しかもここにきて、Windows10でついにMobileとPCのOSが統合され、シームレスになりました。結果として

continuum-for-phones-1
自分のWindows Phoneをモニタとキーボードとマウスもつなげて使えるわけですよ。これがすなわち

Continuum(コンティニュアム)と申す機能

なわけですよ。もちろん安いWindowsフォンではダメで、スペックの高いCPUとかメモリを搭載していないとダメだが、普段はスマートフォンとして使用しているが、オフィスや家庭ではモニタとキーボードを接続してPCとして使うことができるわけなんです。写真も中身も全て1台で済むから、メールを再読み込みしたり、スマホとPCとの同期がいらない。つまりここにきて

スマートフォンでもあり、PCでもある

というシームレスな環境ができるわけです。これって凄い。家用のパソコンとか不要になっちゃう。パソコンの買い換えも不要です。すべてがWindowsフォンで終結する。こうなると「うちのサイトはスマホからのアクセスがどうのこうの」とかも全く意味のない会話になる可能性まで出てきた。だってスマホであり、PCでもあるんだからね。画面のサイズを変えられるPCに電話が付いた感じです。

Windows Phoneはいままでアプリが少なくて不便だったのだが、掟破りにもAndroidのアプリデベロッパーはそのままAndroidアプリをMicrosoftに登録すると、Windowsフォンで動くようになるんだそうだ。

で、Continuum(コンティニュアム)はまだまだ搭載されている機種は少ない。前出のNuAns NEOは対応予定(フル対応じゃないけどね。ATOMかIntel積まないとだめだそうです)と発表会でぶち上げておりました。デザインとかなんとかより、こっちのほうが売りだと思うんですけどね。VAIOも超ハイスペックのWindows 10 mobileで当然モニタに繋いでもさくさく動くヤツとか作らないと生き残れないと思うぜ。

  • 0
  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    follow us in feedly
PAGE TOP