永江一石のITマーケティング日記

これからの芸人とかミュージシャンは世界で爆発するInstagramを狙え(ピコ太郎の件)

2016年9月27日

昨日なんですが・・・Instagram見てましたら日本の芸人さんと思われる方が炸裂してました。

ピコ太郎!!!

日本の写真とか動画をけっこう投稿しているフォロワー数3280万人の9gagっていうアカウントが回し始め・・・


一気に、いろんな ギャグアカウントがリポスト開始・・・・・

🔊 Promise: you won't be able to get it out of your head. 🍍 🍎 ✒

ARANJEVIさん(@aranjevi)が投稿した動画 –

全世界が震撼中です!!!

すでに先週末には台湾とかタイでは話題になってたという情報いただきました。
ご本人を検索してみたら・・・

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-8-14-35


ことの成り行きにまだ唖然としている様子・・・・数日前からの話のようですよ。
もともとは古坂大魔王さんという芸名らしいです。

Instagramでは「PPAP」というタグで回っていて(パイナップル・ペン・アップル・ペン)、タグを検索いたしますと・・・

すでに1万近い投稿が!!

img_7727%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

世界中でピコポップが踊られて投稿されております。カンナムスタイルかっ!!

わたくし、この芸人さんは存じ上げなかったのですが、ざっと見渡してもすでにInstagramでは数千万以上の再生がされており、日本のテレビ局のADさんは毎日Instagramでネタを探していますから、お茶の間に「全世界で炸裂」ということで紹介されてバンバン出てくるのは時間の問題でありましょうし、下手したらハリウッドとかアメリカのレコード会社からも話が舞い込むかもしれません。なにせInstagramのユーザー数はGoogleに買収されそうなTwitterをブッチ抜き、今年の6月には全世界で5億人超えているのです。

広告代理店、メーカー宣伝部の方、狙うなら今!!

これからの海外進出を狙うミュージシャンはYouTubeよりInstagram

んで、なんで数日で世界中に浸透したかと言いますと、もちろんこのネタが分かりやすく、しかも面白いということもあるんですが、Instagramがこうしたネタに非常に適したSNSであるということが最重要です。

いままではYoutubeがアーチストのメインの土俵だったわけですが、Googleは国別の検索結果を重視しますので、海外の人に知られるためにはプロモーションが必要でした。またYoutubeは広告がはいるので基本的にウザいし、長すぎるものもある。

しかしInstagramはタグを付ければ国境という概念はないわけ。1分という尺が決められているので、どんどん動画を見ていけるし、サビの部分で惹きつけられるなら最強です。海外の音楽系のインフルエンサーの目に止まってリポストしてもらえれば、一気に数千万の人に見てもらえるわけ。Youtubeはこの機能がない。もちろんブログに貼ったりTwitterに投稿はできるが、Youtubeとしての機能には「拡散」というものがたいしてないわけです。

そんなわけで、一気に全世界で売れたいミュージャンとか芸人さんは、Instagramは外せないわけですが、少なくとも英語でないと相手はイミフなわけで、まずは英語をちゃんとやらねばなるまいということでございました。

ところで「種子島の甘露って焼酎が美味い」といろんなところで言ってましたら、一部のセブンイレブンにも入るようになりました。ソーダ割りがヤバすぎますのでわたしは毎日これですが、黒甘露というのもありまして、こちらはさらにさっぱりしてヤバいです。種子島にいった時には甘露の高崎酒造本社の前まで行きました。小さな会社でしたが、種子島にかなりの数ある焼酎の中で一番美味しいと言われています。自分はTシャツまで持っているので種子島ではよく声かけられました。www

  • 0
  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 10742
    follow us in feedly
PAGE TOP