東京新聞の経済デスクが腹黒すぎて草

2016年12月30日

一昨日はメルマガとnoteの日でしたが予約して休みにしてブログも休みました。

1 わたしの筋トレメニューについて
2 アクセサリーの広告バナー制作時のポイントとは
3 わたしはどこでWebマーケティングや商品開発を学んだのか
4 会社のサイトとブログを統合する方法
5 弁当屋の注文を増やすにはどうすればよいか
6 1日をルーティン化すると生産性が上がる?

です。まぐまぐ!またはBLOGOS、スマホで読む方はnoteでお買い上げいただけます。関係ないですがついでにInstagramもフォローしていただけると喜びます。
実は休暇中はメルマガ質問が枯渇するのでいまなら正月明けに回答が早そうです。

さて、周回遅れではありますが、先日の放射脳で安倍ガーの東京新聞があまりにアレなんで、Twitterでもレスしてみました。
まずはこちらがオリジナル

わたしの質問はガン無視 ww


オツムが弱い放射脳の人には上のグラフ、つまり東京新聞の記事

福祉を削って防衛費に、けしからん

って見えるのかもしれませんが、これ、伸び率を棒グラフにしたもので母数がそもそも違うわけです。つまり500kgの象の体重が40キロ増えた(8%増)のと、60キロの人間の体重が6キロ増えた(10%増)のを比較して、「人間の体重が10%も増えたのに象は8%しか増えてないぞ。象は健康的だ」というようなもの。もともとのでかさが飛んでる。
ただしいグラフ作ってみた。


単位/億円。だいたい母数が全く違うのに伸び率で比較するとか小学生でもやらないレベル。伸び率が問題なんじゃない。いくら金がかかってるのかが重要なわけだし、母数がでかければ同じ金額なら伸び率は相当小さく見える。

社会保障費の伸びは防衛費の7倍!!!

んで、社会保障費はもう日本の経済を破綻に追い込むくらい伸びてる。

すでに支出の1/3は社会保障費になっていて、これ以上増えたらなにもできなくなる。高齢化が急速に進んでいるからだ。

東京新聞がいかに歪んで結論ありきで馬鹿を騙そうとしているかがわかります。

防衛予算も東京新聞のグラフはひどい

これだけじゃありません。東京新聞では防衛費のグラフをこのようにしています。

出た!! 誇張グラフ

下が0で始まってない、典型的なでかく見せる詐欺グラフ。これをその前からずっと含めたグラフ(同じく下は0じゃないけど防衛省が作ってるからしかたなく・・・)にしますと

になります。それまではずっと下がっていたけど、中国の進出、つまり南沙諸島や尖閣に漁船装った大船団を差し向けたり、小笠原に数百の船をよこしたり、空母を巡航させたりで対応せざるを得なくなった。しかも50年前のベトナム戦争のときのファントム戦闘機が老朽化し、かわりにF35を導入するための金もかかるから仕方ない感じなのです。それでも10年前より少ない。社会保障費なんてどんだけ増えてるの!!

だいたい、中国さえ軍拡したり他国を侵略しなければ防衛費なんて増やさずに済むんで文句があるならあちらに言ってくれよ。

今年分のふるさと納税はあと2日。324円なんでいますぐやろう。やらないと絶対損だよ。年収350万でも米20キロとかもらえるよ。

  • 0
  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 11274
    follow us in feedly
PAGE TOP