恋愛にも顧客視点とかマーケティングセンスは必要だ。

2017年4月7日

昨日より、ヒステリック、いい方変えるとマジ○チな罵声がTwitterで多数来ました。ほとんどの人は最後まで読まずに脊髄反射してそうなので最初に結論書いときます。

1 自分が好きで化粧したりオシャレするのは勝手。それは個人の自由です。全く否定していない。
2 かたや、本気の恋愛をしたいのなら大多数の男はすっぴんまたはそう見えるものが好きなんで、その作戦が効果的

だけ、です。広い対象から男性選ぶ方が選択肢広がるっしょ、です。別にそうしなさいと言ってるわけじゃない。作戦を選ぶかどうかはその人次第です。ゲリラ作戦が有効でも正面突破が好きならそれでいいと思う。

○女性差別だガーの方へ
男はこういうもんだから、男を手玉に取るならこういう作戦、というのがなんで女性差別なのか。ほかのエントリー見てもらえれば女性差別に対して非常に真剣に論じてるのがわかると思います。

○男性のいいなりになれというのか
そんなことはどこにも書いてないでしょ。「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」の話をしてるだけ。メーカーが広告宣伝の立案をするときは消費者の動向を考えるでしょ。それと同じです。そうすると「女性は消費されるのか・・・」とか、ハア・・・・・。じゃあ、戦争するときは相手国の動きを分析するでしょ、にしとく

○お前は失礼だガー
いきなり悪意を持って罵倒してくるやつには悪意で返してますが、普通の人には普通で返してます。悪意で返したとこだけ見てその前を見ないで「テメーは」と言ってくるやつのほうが失礼

○資生堂のアンケートは「付き合っている彼女」に対してであってこれから付き合いたい人の話ではない
これ、論文じゃないんでひとつの例を挙げただけ。濃い化粧より薄めがいいというのは他のもググればたくさんありますよ。ちなみに女性サイトに多い「××と言われてます」みたいなのはMERYのとおりでみんなライターが勝手に書いてます。母数がそこそこある調査では

英バンゴール大学のアレックス・ジョーンズ教授は、「最も美しく見える化粧の濃さはどの程度か」を調べるため、コンピューターグラフィックを使って女性の「すっぴん」から「厚化粧」までの顔画像を作製、少しずつ濃さを変化させながら男性に見せた。2014年4月、心理学誌に発表された調査結果によると、男性の間で最も魅力的に感じられたのは「通常より40%薄め」のメイクだった。

J-Castなんで元ネタのリンクがない・・・

職場で化粧をしていない女性はアリだと思いますか? アリ 62.4% ナシ 37.6%

これはマイナビニュース
コメントみたら、化粧いらないと言ってるのはほぼ男性ばかり

Q.あなたは、女性のすっぴんが好きですか?
「はい」78.5%
「いいえ」21.5%
なんと8割近くの男性が「女性のすっぴんが好き!」と回答する結果となりました。がんばってメイクをしている女性からしたら衝撃的な回答です。さっそく、その理由を聞いてみましょう。

マイナビウーマン調べ
2015年5月にWebアンケート。有効回答数93件。22歳~34歳の社会人男性)なのでアンケート数少なっ! しかし資生堂の調査と数字的にほぼ同じ結果

◆6割以上の男性が「素肌っぽいナチュラルさ」があるメイクが好き。
男性に、女性のどんな肌(メイク)が好きかを聞いたところ、60.5%が「素肌っぽいナチュラルさ」のある肌が好きと回答しました。この傾向は年代に関係なく共通していました。
◆男性は化粧が濃い女性を見て「薄い方が良いのに残念だと思っている」との印象。
男性に、化粧が濃い女性についてどう思うかを聞いたところ、「薄いほうが良いのに残念だと思う」47.0%、「不自然だと思う」38.0%と、否定的な意見が多いことがわかりました。このように女性だけではなく、男性からも「素肌っぽいナチュラルさ」が求められていることがわかりました。

ロート製薬の全国の15~34歳の男女各400名、合計800名に対して「男女の化粧に関する意識調査」

○ガッキーはメイクさんがついてるから綺麗なだけだ
じゃああなたもメイクさんに頼めば良いでしょ。ガッキーになれるんでしょ。

○スッピン風はどれだけ金がかかるかしらないのか
そんなことまで面倒みられるか。

で、スッピン風に見えるのとスッピンは男子にとっては同じ事です。近い例で言うと、ハイブリッドカーは「燃費が良くて家計が助かる」と思って馬鹿売れしてますが、価格が高いので元を取り戻すためには年間3万キロ走る人しかダメなんです。つまり「得しそう」というイメージを創ることがマーケティングです。「お金を浪費しないそうに見える」のと「浪費しない」のは別。男は浪費しそうなイメージの女子は嫌いだから気をつけてねというのがなんで「キー」なのかよくわかりません。

もともとほ乳類も鳥類も雄が派手になることで結婚相手の気を引こうとした。それが男尊女卑の時代に男性が女性を選ぶようになって女性が着飾るようになった。昨今、女性の地位の上昇でスッピン女性に魅力を感じる男性が多くなったが、その変化についていけない女性が昔の価値観から離れられない説はどうでしょうか。その証拠に最近の若い男の子は化粧してるもたくさんいるじゃないですか。あれはもともとの本能に従ってるんじゃないかな。

前置き終わりです

今朝ほど面白いtweetが流れて来まして・・・・


そういえばユーミンの歌にも似た感じのがあったなぁとは思いましたが・・・
正直申し上げて、わたくし、この表紙の女性はモデルなんで突っ込んでも仕方ないわけですが・・

だからお前は振られたんだよ

という突っ込みをしてしまいました。

当然ながら中身は読んでないのですが


だそうでございますね。
まあ、この記事の賛否はさておきまして、「恋愛」というものもマーケティングセンスが非常に重要でございまして、

リサーチ力・・・・自分の商品価値はどれくらいか、ターゲットとなる層はどのあたりか
営業力・・・・・・・プレゼンまで持ち込む力
ブレゼン・・・・・・相手に好印象を持たせる
クロージング・・・結果を出す
サポート・・・・・・・末永く

みたいなわけでございます。
このうち、上記のような「服で男の印象が変わる」と思い込んでいる女子は、おそらく「プレゼンの時は資料を丁寧に金かけてパワポで作り込んだほうがよい」と思っているのと同様であります。まず間違いなく

ほとんどの男は服なんて見てない

わけでございますよ。プレゼンの時もクライアントは資料なんてほとんど見てません。ww
実際、そこにいるオッサンに聞きたいのですが、初デートの彼女の服とか覚えてますか。覚えてる人って相当にマニアックでレアですよね!!!
ではなにを覚えているか・・・・・はっきりいいまして

何かの時の印象的な表情

じゃないかと思うんですよ。
女性誌ってどうしてこういう記事を掲載するのかと言いますと、そもそも広告収入の多くが化粧品やファッションなどで成立しているからです。要するに読者に「わたしが縁がないのは服のせいだ」と思わせて買ってもらうためですな。

同様に化粧についても男女の間では意識に大きく乖離があります。

こちらは資生堂のデータですが・・・

圧倒的な男子が彼女のスッピンが好きなわけで、逆に「化粧いらねー」と思ってるわけですよ。
しかし女性側はスッピンに自信がない人が7割。つまりですね

需要と供給のアンバランス

が生じております。
この場合、「スッピン」なのか「スッピン風メイク、つまり疑似スッピン」なのかは微妙なところですが、いずれにせよ厚化粧でガードしてメンズを釣ったところで、いずれスッピンになるときが来るわけで、そのときに「騙された」となったら終わるわけです。要するに「プレゼンでホラ吹いてあとでバレてクライアント激怒」みたいな感じ。

で、あるな・・・・。最初からスッピンなら「騙された感」が少なくて済む。

で、よく「男子はスッピンが好きと言うがあれはスッピン風メイクだ」とかいう人がいるのだが、結婚したら家ではみんなスッピンだと思うけど、それでも仲の良い夫婦とかいくらでもいるじゃん。少なくとも自分は化粧は臭いとかもタバコと同じで好きじゃないので、化粧は嫌いです。臭い・・・・・。今の時代は

ナチュラルが一番!!!

なのよ。今の時代はコレです。

で、話をプレゼンに戻すと、いいプレゼンというのは「いい印象が強烈に残る」プレゼンです。それはプレゼンターのひと言かもしれないし、印象的なキーワードかもしれないし、熱意かもしれないし、素晴らしい発想かもしれないが、綺麗に作られた資料でないことは確かだ。

いい例を挙げようじゃないか
ガッキーです。

http://www.tbs.co.jp/NIGEHAJI_tbs/story/

劇中のガッキーのファッションを思い出してみたまえ・・・
けっして華美ではなく、どっちかというと地味。だけど清潔感あり。メイクもスッピン風。しかし劇中のセリフがもう
「泣かせる」「ぐっとくる」
みたいな感じで、あれを嫌だという男子は日本にはおらんだろう。

性格は真面目で頑張り屋、人当たりもいいが、時おり突拍子もないことを言うのは父親ゆずり。そして厳しい現実から逃れるように妄想をする妄想女子でもある。就職活動で内定がもらえず、文系大学院に進み臨床心理士の資格を取得するが、またも全滅。どうにか派遣社員になったのはいいが、すぐに派遣切りにあい現在は求職中

●真面目
●比較的高学歴で知的レベルは高め
●頑張り屋
●優しい
●労働意欲が高い
●専業主婦でのんびり生きたいとは考えない
●男に寄生しようとか絶対に考えない
●贅沢にはたぶん興味ない

あの中のガッキーがつまり「日本男子の憧れの女子像」なのでございます。あれより叶姉妹がいいという奴がいたらまじで出てこい。成敗してくれるわ。

で、マーケティング的なセンスで言うと、まともな男子は服や化粧に金使う女子は嫌いです。浪費する女子が好きなのは金の使い道がない成り上がりの大富豪だけです。服や化粧に金を使うなら、スポーツしたり本読んだりするのにお金使う女子のほうがずっと好きです。これ、間違いないですからね。

服や化粧は女子の自己満足でしかなく、恋愛にはたいして役立ちません。間違いなく清楚系の女子のほうがモテます。だって自分の子孫を残すのに、いい遺伝子の相手を選ぼうって男子の中のミトコンドリアがいうのよ、ホントだよ。
で、これの意味が「?」の人はこれですよ

読んでないけどたぶん同じような事が出てくる予感。どう考えても叶姉妹と結婚するよりみくりさんと結婚したほうが得しそうだもん。

  • 0
  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    follow us in feedly
PAGE TOP