オリンパス STYLUS TG-3 Toughの顕微鏡モードで気分は自然写真家だい

2014年11月3日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
アバターのCGじゃないよ。自分でさくっと撮ったんだ。

何を隠そう。自分はコンデジ(コンパクトデジカメ)マニアである。マニアなのはコンデジというデバイスだけであって、写真マニアでは無い。だから写真はあんま撮らない。我ながら意味ない。www
コンデジも興味があるのはハイグレードのだけ。一眼レフはミラーレス一眼は持ってます。

稼働中のはこちら
IMG_0963
オリンパスXZ-1、SONY RX100II、SONYレンズスタイルカメラQX100とQX10、そしてペンタックスWG-II(サーフィン撮影用)
他にもGoProとかJVCスポーツカムとかあるけど、あちらは静止画じゃないな・・動画用。レンズスタイルカメラ群はRX100IIによって使わなくなっちゃった。買い取りにでも出そうかと思ってます。

で、先日コレを買いましたので、今日はその報告です。

OLYMPUS デジタルカメラ STYLUS TG-3 Tough ブラック 1600万画素CMOS F2.0 15m防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-3 BLK

このオリンパスのスタイラスTG-3(2014年6月発売開始)は写真の海用カメラのWG-IIの後継機種として買いました。ということはWG-IIもいらなくなっちゃうわけだが、15m防水に2.1mの高さから落としても平気な堅牢ボディに、GPS+電子コンパスを内蔵しておまけにWi-Fi機能まで付いてる。これだけだと究極のアウトドア用のタフカメラなわけだが、それに加えて

顕微鏡モード付き!!!

なのだ。オリンパスといえば架空計上で一世を風靡したが、内視鏡シェアが世界で75%で医学用の売り上げが40%らしい。顕微鏡ジャンルでは物凄い会社なのである。このTG-3にも顕微鏡モードが搭載されていて、撮影してみたらめちゃくちゃ面白い。

一番上の写真2枚は、オートの顕微鏡モードでさくっと撮っただけ。CGとしか思えない凄い写真が素人でも撮れました。元は

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
これです。海辺に咲いておりました。

面白くなってきていろいろ撮影。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
向かいの家の花

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
隣の家の花

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
はす向かいの家の花。www

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
庭木になってた実・直径5ミリ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
生グレープフルーツサワーのグレープフルーツの皮。www

気分はもろに自然写真家!!!

おもろい、おもろすぎる。しかしながらフツーに撮影した場合の表現力としてはカールツァイスレンズ搭載のRX100IIには至らないのは仕方ない。

↑これね
ご飯撮りではRX100 IIのボケ足が遺憾なく発揮され
DSC01040
こんなテイストの写真が簡単に撮れる。スマホのカメラでは絶対に出ない味。レポートはこちら
しかもこのRX100 IIも今回のTG-3もWi-Fi機能が付いていてiPhoneやAndroidスマホに瞬時に撮影したものを読み込める。

ひとことでいうと今回のTG-3はアウトドアに持ち歩いてタフに撮影し、花とか虫とか雪の結晶を自然写真家気分でビシバシ撮るには最高のデバイスである。花火モードとか手持ち夜景モードのような、いかにも使いそうな簡単シーン設定も付いているが、こういうのはフツーのコンデジにもある。オリンパスならではの「顕微鏡モード」をコンデジに搭載したそのアイデアが凄い。山ガールに釣りガール、サーフィンオヤジまで使える。防水機構は二重ロックになっていてかなり頑強です。

アウトドアに持ち出しなら決定版の1台をゲットでき、ちょっとるんるん気分ではあります。

  • -
  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    follow us in feedly
PAGE TOP