「お金を儲けると誰かのお金が減る」の記事はこう書け、腐れバイラル共!!

2015年4月7日

最近、Facebookにシェアされてウザイったらないのがこちらが元ネタの腐れバイラルたちのパクリ合戦。

元ネタはYahoo!知恵袋で骨子はこんな感じ

最初、A君が1万円札を持っていたとしよう。B君はそれが欲しかったので、A君のために家を作ってあげて、A君に1万円で売ってあげた。その結果、今度はB君が1万円札の所有者となった。A君の手からは1万円札が失われたが、かわりに家が残った。この時点で世界全体の富の合計金額は2万円ということになります。(1万円札+1万円相当の家)

長いので中略

設定にやや無理がありますが、原理は真実です。世の中の各人が「お金が欲しい!」と思い、お互いに努力し、生産し、サービスを提供し、つまりは経済活動をすればするほど、世の中全体の価値ある品物・価値あるサービス・財産、つまり富は増えていくのです。要するに、あなたがお金を儲ければ儲けるほど、世の中全体も豊かになっていくのです。あなたがお金を儲けたということは、それに相当するだけの価値を誰かに提供したと言うことでしょう? つまり「A君に作ってあげた家」を創造したと言うことでしょう?あなたは儲ければならない。なぜならば、それが世の中全体を豊かにすることに直結しているのだから。

自分はお金を稼ぐと言うことは他人のお金を搾取することだと考えてしまう」という質問者に対し、「お金というのは動く時に、そこで創造が生まれ、経済的な繁栄をもたらす」という至極もっともな回答。その回答は素晴らしいのだが、腐れバイラルのパクリ合いにより

1
※検索結果1位の腐れバイラルはタイトルが誤字(ここで爆笑してね)

「お金を儲けると誰かのお金が減る」で検索すると腐れバイラルがどのようにパクリあってるか、ずらずら並びます。それをまたトロい方がシェアするからたまらない。Facebookのタイムラインには元は同じだけどパクリの別のバイラルのが何度も何度も・・・もうお腹いっぱい。「いい話好きのトロ目の方」のおかげでスパム攻撃です。

頼むからシェアは元ネタでしてくれ

が、その腐れバイラルたちの記事をいくつか見ると、まさに内容がスッカスカのことに気づく。

1 元ネタへのリンクがない・・・投稿者へのレスペクト0
2 ほぼ全文が引用
  Google様は「中身がないページ」として見なすだろう
3 判で押したようなくだらないコメント

素晴らしい回答だったので紹介させていただきました

↓ 意訳

本当は、いい話し好きのトロい人がシェアしてPVをもたらし、金を稼がせてくれると思ったのでパクりました、だろ???

本日は「こういうネタを発見したら、どのように昇華させてオリジナリティの高いものにするか」を私が試してみようと思います。バイラルメディアのみなさんは1原稿300円とかでランサーズで発注しているのでパクリしかできない経済システムなのかもしれないが、わたしはそうじゃないのでこういう風に書いていきたいと思います。経済学者ではないので内容は相当に適当ですが。笑

動くことによって富をもたらすお金とそうでないお金

わたくし、いつもいつも「日本の政治は老人にばかり向きすぎる。若者をもっと優遇して希望が持てる国にしろ」と書いております。先日ホリエモンが朝生でこういう発言をしておりました。

堀江貴文氏が失業者を擁護するジャーナリストを一喝「完全に自己責任じゃん」

彼はわざと極論を言うのですが、これについてはわたしは彼の言いたいことはわかる。彼は刑務所で老人介護をしていたわけで、そういう人も見た上で言っています。
もちろん病気や親の介護など、真面目にやっていたのに思いがけない不幸で生活ができなくなった人にたいしては、福祉の手は十分に差し伸べられるべき。しかし自分の周囲の話でも、特に土建とか飲食サービス業では、勤務先に保険があるのに「給与天引きはイヤだから拒否。いざとなったら生活保護受けるからいい」という方がかなりの率で存在することを良く聞く。若いときは収入を好き勝手に使い、年取って体が不自由になったら生活保護でという人が増えすぎて、財政(というか若い世代を)を圧迫していることは絶対にある。

しかし、統計上は見分けがつかない。これは不正受給なのかといえばそうでもないからです。
こうした重い生活保障のコストにより、若者の給与は低く抑えられているのに、税金だけが重くのし掛かるわけです。若いときに年金を納めもしないで遊んで暮らした人の分をどうして若い世代が負担しないといけないのか。いまの70歳と25歳ではもらえる年金の額が全く違うんです。しかしこれは「年金を納めた60歳」の話で、「年金なんて払ったことのない60歳」の生活保護を、さらに若者から徴収するわけですよ。若者、可哀想すぎる。

今頑張って稼いでいる人のお金を取り上げて、若いときからなにも自分に投資せず、将来を考えずに遊んで暮らし、働く気もない人たちに配布するということは、単なる搾取です。この取り上げられたお金はそうした人の食費や下手するとパチンコ代や飲酒代に充てられ、パチンコ屋やコンビニには多少の利益となりますが、大きな経済の創出にはつながりません。それはお金を与えられた人たちは「消費する」だけで「創造しない」からです。

しかし、これを若者の教育費に投資したらどうなる? 頭がよくて努力もするのに家庭の事情で進学できない子供に振り分けられたらどうなるか。そうした中から、将来の日本を支える人材が創出されるかもしれない。教育の質を上げるためには教師の給料を上げて、「Google行くより教師になった方が収入多い(極端だな、これ)」という世界になれば、優秀な人が教師になる(もちろんいまのコネとか石頭のできないみなさんは出て行ってもらう前提)。

また、左系の人がよくいう「日本の防衛予算5兆円なんてすべてやめて、生活に苦しむ人たちすべてを厚く保護すべき」っていう論理。これもあわせて上の知恵袋風に回答すると・・・

生活に苦しむ全ての人にばらまきで金を配ると・・中には「お金がないからできなかった」という人もいて、そういう人は立ち直って創造する方に回る可能性もあるが、そうでなく「消費だけする人」のほうが世の中には多いわけです。いい例がギリシァですよね。EUから金借りまくって国民の大半が役人になり、ポルシェの保有率世界一になって破綻したわけです。働かなくていいなら誰も働きませんがな・・・

つまり、お金というのは、「創造」「創出」できる人に回ってはじめて、富は増えていくのです。一番最初の知恵袋に戻ると、「B君は1万円で家を建てた」わけで、B君が1万円で酒を飲んでパチンコですった、という前提ならそこで話は終わっちゃうわけですよ。www

防衛予算5兆円は、三菱重工とか石川島播磨とか川崎重工業とか、そういう企業から町工場で一所懸命に汗水働く人にまで還元され、広く社会に還元され、様々な技術と雇用を創出しています。
仮にこの予算をすべて恵まれない人に振り分けると、大半は「消費」に回されて、一時は経済は潤うものの、なにも創出しないので食いつぶすだけになります。そして大企業、関連企業、町工場の何十万という人が失職し、尖閣は奪われ、下手したら沖縄まで侵攻されることになりますな。

とまあ、ここまで書くと内容も厚みを増し、左系の人からは攻撃されて炎上してもっとPVを稼げます。それよりなにより「パクリ」ではなくて「オリジナル」に昇華するんです。分かったか、糞バイラル共!!!
投稿して瞬時で「お金を儲けると誰かのお金が減る」で3位だ。10分後にはまずはYahoo!で1位になったぞ、コノヤロー。追ってGoogleでも1位。下にズラズラとバイラル共が並んで面白い。

この間、ブログで紹介したらWEBプログラミングで1位になり、紙の本はAmazonで2週間待ち。もっとちゃんと刷っとくように。中古にプレミアムまで付いてる。

  • -
  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    follow us in feedly
PAGE TOP