スマホ時代につき、PVの減少やなんやかんやでWebの世界はどんどんと・・・・

2015年6月18日

こんにちは。朝からずっとGunosyさんが

10494734_987278591282712_7245746066520058276_n
ぐるぐる回りっぱなしです。いつもより多く回っております。
それなのに公式アカウントはこんな感じで・・・


暢気です。

俺だけ??と思ってツイートしましたら、


そうでもないらしい。

でもこの話題がエゴサーチしても全然でてこないんだよね・・・一部のユーザーのみマイニュースが落ちてる。Androidアプリの不具合なんでしょうかね。それともアクティブユーザーが実はあまり多くなくて気づかないとか・・・

さて、本題です。昨日も頑張ってメルマガを発行したのですが、その中の質問で「セッションあたりのPVがなかなか上がらない」というのがありまして、「これはスマホ化の影響だ」とピンときまして、自分の管理するサイトでいくつかチェックしてみました。

まずはこのブログ

●2011/5/18〜6/17の1ヶ月間。このときはまだ書き始めたばかり

セッション 4920
ユーザー 3217
PV/セッション 1.67
スマホ率 16.71%

●2013/5/18〜6/17の1ヶ月間

セッション 303666
ユーザー 207302
PV/セッション 1.38
スマホ率 36.75%・・タブレットは含まず

●2015/5/18〜6/17の1ヶ月間

セッション 807916
ユーザー 575152
PV/セッション 1.29(モバイルのみは1.2 タブレットとPCユーザーは1.4)
スマホ率 59.94%・・タブレットは含まず

スマホ化が進むとセッションあたりのPVは減る

スマホユーザーはあちこち見物しないで1ページ見たら帰るって人が大半なのです。人によっては1/3も読まないで帰る。で、TwitterでDisる。www 頼むから最後まで読めと思うけど、長文に耐えられないんだね。

グラフで見ると分かりやすいかな・・・
ユーザー数は増えてきているのに

ページアタリ
↑ セッションあたりのページビューは緩やかに低下して・・・

スクリーンショット 2015-06-18 9.53.34
↑ 結果として、月間総PVは大して伸びてないのです。ここ1年は伸び止まり・・ww 100〜150万PV/月をいったりきたりです。さらにモバイルだけを抽出しても、「PV/セクション」が低下している。3年前は1.4くらい見てくれたのがいま1.2です。モバイル慣れしたというかそんな感じ
analyticsわからないとこういう分析ができないのでざっくり勉強してね

自分の場合は別に原稿料をもらってるわけでも、広告費で食ってるわけでもない(会社の売り上げからしたら微々たるものだし)。ブログから仕事の依頼は来るけども、ほぼほぼ限界値に達しつつあるので、これ以上はやたら来ても逆に困るレベル。なんでブログ書いてんの、ということであれば、今はまさに「ライフワーク!!!」www というか「趣味」です。だから別にどうってことはないのです。

しかし、Webでビジネスしている企業さんの場合、そんなことは言っていられないわけです。ニュースサイトはPVが減ると広告収入が減ってしまう。なので最近のニュースサイトは1ページで表示しないで

続きを読む

にして表示ページ、つまり広告表示回数を増やそうとする。続きが5行しかないときなんて、激おこプンプン丸ですよ。UIを低下させても収入が減るのは避けたいとこういう対処してるわけだ。

ニュースサイトではなくて、ショップサイトも同様にスマホシフトでPVが減っているケースが多いと思います。PCのように隅々まで巡回して商品を探してくれない。合わせ買いをしないで単独買いが増える。顧客単価が下がる。
加えて昨年からのキャリアの料金プラン変更、つまり音声通話し放題の代わりにデータ通信量を減らした契約の爆増により、動画を見てくれる率がかなり減ってきました。動画10本も見たらいきなり速度制限喰らっちゃうもんね。ついつい外出中はセーブしちゃう。スマホは外出中の暇つぶしのはずなのに、動画見るのセーブしないとあかんとはなんたることですか!

スマホシフトの時代の対応は?

けっこうビックリだけど、このブログも「人気のエントリー」とか「新着」とかあるけど、この部分を非表示にしてもたいしてPV下がらないの。感じとしてはほとんどの人は1ページだけ見て直帰、なかに何十ページも読みまくる人がいてならして1.29なの。もうみんなスマホ捨てちゃえとか思うが、自分もスマホ3台稼働してるから意味ない。

で、こうした展開の中で、スマホシフトが進むと、広告収入に頼るサイトやアフィリエーターさんは困るだろうなと思う。アフィリエーターさんは検索流入を狙うので、スマホ化によって検索利用が減っていると言われる今、徐々に影響が深刻になってくるはず。AdSenseのクリック率もスマホユーザーは当初こそ珍しくてけっこう押してくれたが、最近では全然押さなくなっちゃったです。自分のブログのAdSenseでいうと、モバイル端末のRPM(表示回数 1,000回あたりの見積もり収益額)はPCのそれと比べて1/3以下です。

昨日の質問は「どうやってPV/セッションを増やせばいいか」ということだったんだけども、スマホシフトがさらに進むとこれはもう増やしようがない。なにもしないよりは小技効かしたほうがいいけど焼け石に水に近い。新規ユーザーをソーシャルを駆使して拾ってくるとかそれくらいしかないんです。

こう書くと必ず「スマホシフトが進むと、いままでパソコンもなくてガラケーだった人たちがアクセスしてくるんじゃないか」という人がいるが、そうした人たちは、リテラシーがもともと高くない。検索の仕方も分からなかったり、そもそもネットサーフにも興味がなかったりする人が多いわけで、彼らが新しい顧客になるかは先が見えない。

スマートフォン比率が上がった、凄い凄いと手放しで言うのは簡単だけど、従来のビジネスモデルはどんどん変化していく感じが非常にする。従来のWebサービスを単純にスマホサイトにするだけでは、生き残れない可能性もある。スマホに適正化されたサービスに変わっていかないとだめなわけです。
ちなみにわたしが最近手がけている二つのサイトは、そもそもスマホサイトしかなく、PCで見ようとするとびよーんとレスポンシブで伸びるだけです。PCをスマホ用に縮めるレスポンシブ化ではなく、スマホ用がメインにあってPCはあくまで補完的に見る。アクセスしてくるユーザーの70%以上がスマホになって来るとこういうやり方しかないですよね。これがホントの「スマホ・ファースト」です。

では明日のSurface 3到着を心待ちにして本日はブログ終了です。明日は到着したらすぐレポート書くよ。
Microsoft Store (マイクロソフトストア)

  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 100
    follow us in feedly
PAGE TOP