わたしが携わった、どうしても顔の表情を見せたい仕事の方用のフェイスシールドのお披露目です

2021年2月2日

わたしが主催しています「21世紀を生き残るための「永江 虎の穴塾」では塾生を募集しています。コロナ禍の間、希望者は毎月30分。わたしと1:1でzoomでブレストができます。ひとりずつ丁寧にやってますよ。※事業・集客コンサルやサイト構築のご依頼も絶賛受け付けております。得意な分野はECサイト構築や商品開発です。実例はこちら

先ほどリリースが出ました。

顔の表情がはっきりわかり、下方向の飛沫をできるだけブロック! 軽量で大型の首掛け専用フェイスシールド「レイヤード」新発売

https://layeredjp.com/

実は話を頂いたのは昨年の8月でした。
先方は横浜で町工場を経営する職人さんの大高さん。町工場も下請けではなく自社製品を開発したいといろいろ考えて、神奈川大学経営学部 道用大介准教授と一緒に開発した高精度のフェイスシールド。これを本格的にビジネスの軌道に乗せたいという相談。正直最初は

「困ったのがきたなあ・・・」ww (大高さんごめんなさい)でした。

フェイスシールドはマスクと併用ならまだしも、単体では他人への感染防止機能は弱いのはよくいわれていることで、これを感染防止として販売するのは自分の主義主張にもかかわります。しかし話しているとどうも違うことが分かってきました。
まず富嶽の実験にもありましたが、普通のフェイスシールドは下からバンバン飛沫が出ます。当たり前です空気より重いですから。これは下が首に密着していて出にくいのです。
というのは、このフェイスシールドは、普通とは逆に首に掛けて使用します。首との間が空かず、密着する上

顔がはっきり見える

というのが最大のメリットでした。女優、俳優の稽古をはじめ、イベントや聴覚障害者まで、「顔がはっきり見えないと仕事にならない人」が一定数いらっしゃる。マスクをしていては仕事にならない方がいるのです。政治家もマウスシールドで非難囂々ですが、マスクをしてしまうと声が通りにくいし表情が分からない。こうしたニーズが現実にあり、すでに某国営放送をはじめいろいろなところで芸能人がここの製品を付けてInstagramに投稿していたのを見せられて驚きました。ちなみにこちらは旧型です。

あまり芸能人知らない私でもビックリです。
そこでこの旧型をもっと使いやすく、デザインを洗練して本格的に市場に投入できるよう、いちからスタートすることになりました。

まずはスタッフのアサインから

社長は職人さんで、実直で朴訥ながら事務作業は苦手だし、そんなことをしていたら開発が滞る。サイボイズを入れたがセットアップもできないので広報や事務業務など全般を任せられる人を探して貰いました。

営業はわたしのクライアントでもある、元スーパー営業マンで今は営業のコンサルをしている吉澤さんをアサイン。営業全般を担当して貰うことにしました。

さて、本体の開発に当たっては、デザイナーをアサイン。いままでとは違うスタイリッシュでしかも使いやすい形を探してシールドをいろいろカット。大高さんは金型製作に集中。何度もやり直しをしながらこれでいけるってものになったのは昨年です。モデルはプロではなくて一般人を探しました。いかにもモデルモデルしているより普通の人のイメージが良いからです。
開発している途中で高地さんという主婦だけどめちゃ馬力のあるスタッフが合流。これで人員が揃いました。名称は散々討議の末に「レイヤード」に決定。重ねて付けるという意味です。商標や特許、意匠登録も済ませました。メイドイン横浜。すべて国産です。

ECも同時に開始するので発送センターも紹介して手順も何度も確認。サイト制作では得意のWordPressにスーパーカスタム化したWoocommerceを搭載しました。

https://layeredjp.com/

自分も装着してテストしました

セミナーやYouTubeゲストを依頼されて登壇するときにこれを付けて出てみました。


【SEO×SNSで集客をブースト!確実に結果を出すためのグロースハック戦略論】
サイバーの木村さんとCreator’s NEXTの窪田さんと喋りまくり

続いてこちら

これで1時間半ほど喋るとライトを浴びてさすがにちょっと暑い。今後はUVカットモデルも開発して行く予定です。

新型は大手デパートなどでも取り扱いがほぼ決まっており、現物を見たいという方にも対応できるようになりました。すでに大手テレビ局や芸能プロダクションからの大口受注もいただきました。

日本の町工場が少しでもコロナ禍の中でこうした仕事に就く方が明るくなってほしいという気持ちで作った次世代型フェイスシールド。多くの人に使っていただきたいです。聴覚障害の関係者には割引がありますので確認してみてください。

Instagram https://www.instagram.com/layered_jp/
Twitter https://twitter.com/LAYERED_jp

有限会社大高製作所
 営業のお問い合わせ  担当 吉澤(よしざわ) 050-5491-7536
 総務・広報のお問い合わせ  担当 髙地(こうち) 050-5491-7537

  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 95
    follow us in feedly
PAGE TOP