マジで美味い・・負けるな岩手の復興飴

2011年6月8日

世の中「売り上げの一部を義援金に充てます」「売り上げは義援金になります」と告知して商売しているところも多い。
が、

本当にちゃんと送金してるの?

と疑ってみると、そうとうに怪しいところもけっこうある。一般商店なんて店主の胸先三寸だ。もちろんちゃんと売り上げから寄付しているところもあるだろうが「今月は厳しいから来月にしよう」とか「うちだって厳しいんだから義援金はうちでもらう(悪)」まで実際はかなり幅広いだろう。
で、せっかく売り上げから寄付なら、ちゃんと届くところにしたいわけです。

で。

いきなりこれ


負けるな岩手!!

復興飴なんだそうです。200円
だいたい製造元が岩手の二戸市の船田商店。売り上げの20%を復興費用に充てるべく、二戸市の発注で作ったそうな。

しかし、このパッケージ・・・急いで作ったのはわかるが・・・


シュール過ぎ・・・・(-_-)

桑葉の衣装着たお姫様が、ティーカップ持ちながら、口に棒付きキャンディくわえてます。
なぜ、復興飴を食わないで、棒付きキャンディ!!??

まあ、このパッケージ見るだけで相当に急いで作ったのはわかりますが、内容は
「東日本大震災における津波で全ての塩釜が流されてしまった岩手県の三陸海岸にある野田村は、伝統的な塩釜製法で作る天然塩「のだ塩」が有名でした。そこで、岩手県二戸市が復興支援として「のだ塩」と、北いわて産の「桑茶」を、昔ながらの手作り製法で丁寧に練り込み塩飴を商品化。売上の20%を被災地への義援金にあてます。飴の甘味と「のだ塩」のしょっぱさがマッチし、そこにほんのりと桑茶の香りが漂います。暑い季節の塩分補給のための熱中飴としても、是非ご賞味ください。」といういたってまじめなものなので試食してみました。

桑の葉エキスいりなので


こんな色

で、

シズル感出てますか??!!

だいたいこんなものは美味いわけ無いんだよな、と思いつつ食べてみましたが・・・

マジウマ!!

塩飴というからしょっぱいかと思ったら、全然しょっぱくない。ほんのり感じる程度。桑の葉の香りがお茶の飴みたいで、かなりいけ。いや、本当に美味いんです。封を切ってすでに4個食べましたから。

この塩飴。今年の夏はエアコン控えめ、かつ、めちゃ暑確実ですから、ゴルフやアウトドア、スポーツのお供にかなり受けそう。一袋たったの200円だから、まとめて買って子供の部活動に持たせてみんなでなめさせたらどうでしょう。熱中症にもいいじゃないですか。

ここで買えますので、ひとつみなさまよろしくお願いします。味はわたしが保証します。いまから5個目食べます
http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,106/

  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 99
    follow us in feedly
PAGE TOP