本日4月12日に大地震は来ないと確信できる理由

2015年4月12日

ここ数日、めっさうるさい。本日4/12に地震おきるとか、マジで馬鹿ですかレベル。一番腹立たしいのは「信じるかどうかはあなたに任せます」って責任回避したあとでデマをシェアする輩。お里が知れます。

イルカが打ち上げられた → 地震おきた
またイルカが打ち上げられた → また地震おきる

って、

カツ丼食ってた → 地震おきた
カツ丼食う → 地震おきる

と同じ事だとわかんないかな。イルカは電磁波を感じて岸に打ち寄せられる・・・って・・イルカはめっちゃ賢いわけでしょう。何万年も前から地震がおきる予兆を察しできているのなら、

地震の前兆感じる → 沖に一目散に逃げる

というのが当たり前の行動でしょう。岸に来てどうするっての!
で、この報道で一番馬鹿臭いのが、イルカが打ち上げられるというのが珍しいと決めつけていること。
数が多い事例だけでも

1927年01月20日 113頭 茨城県波崎海岸
1990年02月19日 30頭 鹿島郡鹿島町(現鹿嶋市)明石海岸
2001年02月11日 53頭 茨城県鹿島郡波崎町 
2002年02月24日 24頭 茨城県鹿島郡波崎町柳川海岸
2002年02月24日 85頭 茨城県鹿島郡波崎町波崎海水浴場
2011年03月04日 54頭 茨城県鹿嶋市下津海岸
に限らず、イルカもクジラも大量に打ち上げられてます
http://whalelab.org/IbaragiPRF.htm

見れば分かりますが、イルカとかクジラが打ち上げられるのはほぼ2〜3月の水温が一番冷たい時期なわけです。わたくし鹿島周辺にはサーフィンに行くわけですが、夏ならともかく真冬の水温は半端ないので冬はいけません。なぜかっていうと

qboc2015068tp0_edited-1
4/9の水温。ここって書いたのが鹿島のあたりですが、銚子の下くらいが沖合の黒潮で16〜19度なのに鹿島沖だといきなり10度くらいまで水温が急に下がる。岸よりだと川の水が入るのでもっと水温は低い。黒潮にのってイルカがやってきたら、それはもう物凄いショック。頭もクラクラくらいするわ。

釣りとかサーフィンやってるとわかるんだが、海水って一定水温ではなく、冷たいところとそうでないところが帯になっている。沖合から風が強く吹くとターンオーバーと言って深海の水が表層に出て一気に下がる。寒流と暖流が激しくぶつかるわけだから、物凄く冷たい部分ができること(冷水塊)ができることもあるはずで、イルカさんたちがそこに突っ込んだらビビる大木です!

そう思ってたらやはり
イルカ大量漂着「冷水域でパニックか」 国立科学博物館
やっぱそうじゃん・・・

関東大震災は9/1の暑い時期で、上のリンク先見てもその時期に大量死の例はない。また神戸の震災の時にも同じ事があったとしたり顔で書いてるサイトもいるが、そんな例はない。
さらに瀬戸内海にはイルカもクジラが見られた(生きて泳いでるヤツ)だけで「地震の前兆か」っていう馬鹿がいるけど、東京湾だってイルカもクジラもいる。かつて自分のボートで油壺から房総に渡るときに東京湾ででかいクジラに10メートルまで接近したことがあるし、イルカなんてめちゃくちゃ見かけるのです。ヨットマンやボートマンはみんな知ってる。みんな知らないだけ。特にマスコミの人!!!そして外に出ないオタク系のみなさま!!
ついでにいうと湘南の沖合はでかい鮫がうようよいる。秋になるとなんでか知らないけどイルカみたいにボンボン飛んでる。

4/12に地震が来ると言ってるゲリー・ボーネルは詐欺師

これも腐れバイラルとかが「過去に阪神淡路や3.11を的中させたボーネルが本日地震が来ると言っている」と盛り立ててシェアを狙って広告収入を稼ごうとしているわけですが、こいつのAmazonの書評見ましょう。

ゲリー氏に関しては『アトランティスの叡智』が私個人にとって、読み物としてすばらしかったので、影響を受けこれまでの出版物はすべて目を通しましたが、こと予言に関しては見事に外しまくっています。正直ひとつも当たってません。もし彼の言うことが当たっていたら今頃は、第3次世界大戦が起こって核が使われ、日本でもハイジャックやテロが起き、自然災害でアメリカ西海岸の地形が変わり、本書で少し先に延びましたが中国ではダムが決壊して4億人が亡くなり、とにかく大惨事の目白押しでした。
そして、問題なのはゲリー氏の哲学の核となっていた『光の12日間』も書籍で2回改訂したうえ、最終的には、人類が葛藤を手放さなかったので、といったトホホな理由で3度目の改訂版を出すという荒技に出ました。予言が外れた事を人のせいにするのは、ひどいです。
『光の12日間』の2度目の改訂版を出された2008年の時点で、あと3,4年程度で人類が葛藤を手放すと思っていたのでしょうか?もちろん、2008年バージョンの『光の12日間』では、光の12日間が起こる前提条件は書かれていません。もう当たり前のように光の12日間が起こる事になっています。葛藤云々を後で言うのは、ずるいです。
見るとわかりますが、この調子だとこの予言は少なくともゲリー氏がご存命の間は絶対にはずれません。今回ニューバージョンで、人類は2026年に目覚めると書いていますが、あと12年というのはちょっと読みが甘くないですか?
今回の主な予言は、2015年の東海地方の大地震、2016年の日本の北方で起こる大地震、遠回しな言い方ですが2018年の富士山の形が変わるほどの大災害(噴火?)、そして一番衝撃的なのは、なんと20年後には現在70億の人口が、10億(!?)に減ってしまうとのこと。
ゲリー氏がうまいのはところどころに、これまでおこった災害に関して(東日本大震災も含め)「その直前に私はクライアントやワークショップで言っていたのです」というエピソードをはさむ事です。しかしこれは検証のしようが無いですし、それならなぜ書籍などの残る形で伝えなかったのかと思います。書籍などで残したものはなぜ一つも当たらないのでしょうか?
他のレビューの方が書かれていますが、本書の内容はゲリー氏のイブニングレクチャーの内容との事ですので、ある意味カルトの教祖が信者に向けて説法したようなものだと思います。この説法を聞かれた信者(?)の方々の質問もすばらしいです。

●本に書いた予言は全て外れた
●災害予言は後出しで「わたしは口頭で予言していた」というが誰もそんなの聞いていない

典型的詐欺師さん・・

わたし、ここで声を大にしていいますが、本日は大地震は来ないと思います。だって前震とかここ数日全然無いしね。ゆれ来るコールみたらいいし

Screenshot_2015-04-12-08-14-05
3.11の前には前兆となるはっきりとした地震があったし、神戸の時も本震前日の1月16日の18時28分、明石海峡付近を震源とするM3.3の地震が発生し神戸で震度1の微震を観測したのを始まりに16日中に計4回の小さな地震(M3 – 1.5)が観測されてますぜ。

こういうと必ず「地震が来るかどうかは分からない。しかしこういうことで地震に対する備えをするのであれば良いのではないか、とこうしたデマや詐欺を正当化する人がいるのだが、気持ちはわかるけどこういうのに騒ぐ人の多くって、その日が過ぎるとケロリンと忘れるタイプが多いと思うんだよね。ヘビースモーカーの放射脳と同じだよ。デマを撒いたり不安を煽ることは絶対許されるべきことではない。

つんく♂が声帯を癌で削除したけど、咽頭癌患者の喫煙率は97.3%なんですよ!!つまり煙草を吸わなければほぼかかる可能性はなくなる。微量放射能で癌になるのが怖いといって煙草すっぱすぱ吸うのおかしすぎるでしょ!!!

こういうの買っときゃいいじゃん。本当に不安ならさぁ〜 こちらは徹底スペシャルセット

【防災グッズ】地震対策30点避難セット ~避難生活で必要な防災用品をセットした非常持出袋(防災セット)

でこっちが緊急トイレ

ついでにウォーターサーバのアフィリエイト。www 誰も申し込んでくれないとは思う。


  • 0
  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    follow us in feedly
PAGE TOP