iPhoneSEは失敗作で売れないと思う理由

2016年3月23日

みなさん、こんにちは。

「Apple Watchは激売れだろう」という声の中、「絶対売れないって」と言い通してdisられましたけど、Apple WatchはAppleの規模としてはたいして売れずに値下げ。昨年で1000万本がやっとの模様。1年で3000万本行くとか予想されてたよね。
iPad Proのでかいのも売れてないようです。新しいiPad Proの小さいほうも、キーボードが日本語対応してないので日本じゃダメでしょう。Appleストアで使ってみると長文とか入力がきつくてノートブックの代わりになんて全然なりません。

そんなこんなで発表されたiPhoneSE

スクリーンショット 2016-03-23 8.16.19
日本での価格は1ドル132円で換算されているという驚異の52800円より。

んで、このiPhoneSEは見かけはiPhone5sと全く同じ。よって


とか
iPhone SEは新しいiPhoneではない(断言)

みたいに言われております。これにたいし、

手の小さい女子とかには売れる!!

なんでかたちを変えないといけないのか
※主に業界の詳しい人。Facebookでは本●さんとか☆川さんとか。。ww

声が上がっています。それではわたしもこの件について予想をしてみたいと思います。はい、わたしは

売れない失敗作派

です。もっとも金型は古いままだし、Appleとしてはたいした投資ではないだろうから、売れなくてもApple Watchみたいに痛くはないと思います。

わたしが考えるiPhoneSEが売れない理由

業界の詳しい皆さんは「モデルチェンジの度にかたちを変えることはない」といいますが、それは全く顧客視点に欠けています。またはPCみたいな商材の常識に縛られています。

で、まず「手の小さい女子とか大喜びで買う」という予想ですが、肝心なことを忘れてます。

若い女性はお金がない

んです。服とか靴とか買いたいものがほかにもたくさんあるなかで、少し速度が速くなるからと言って今使ってるiPhone5sを止めて、これに買い換えるかというと「答えはノー」です。だいたいLINEくらいしかやらないので、速度に不満はありません。
唯一の不満は「5sがもうバッテリーが持たなくなった」ということですが、街中で5000円くらいでバッテリー交換してくれる業者は死ぬほどありますし、所要時間は5分もかからないのでそれで済ませます。

もちろん、片手打ちで高速で打ちたいからとSEを買う人もいるでしょう。ですが、はっきりいってこういう人はマニアのジャンルにはいるわけで数は少ない。世界で見てもレア系。一回6とか6Plusの画面の大きさに慣れると、もう戻れない人が大多数です。たまに検証機で5とかを持つと、キーボードが打てなくなってます、私。

そして次の理由が、全く新しいモデルに見えないことです。上にも書いたが、Macbook Airとは違うのであります。PCは人に見せびらかすものではないが、スマートフォンは外にもって出歩くわけで、アクセサリーの側面があります。特に新機種の場合はね。

なぜ中国で6 Plusとかがバカ売れしたのかというと、そりゃ持っていてシャオミとかよりずっと金持ちに見えるからに決まってるじゃないの。半分以上は見栄ですよ。日本の市場なんていまやわずかだから中国で売れなかったら失敗ですよ。

ところがiPhoneSEだと、持ってると3年前とか4年前のiPhone5と外見が変わらない。

あの人、未だに5sなんだわ!かわいそう

とか思われるわけ。4年前に流行った服とか着てるみたいなもんです。

こんなものに50,000円とか出して買うのはマニアだけです。いわば速度厨。Appleも型代ケチらずに、見た感じを変えていれば新しいファッションとして売れたかもしれないが、4年前と外観同じで出してきたところに、顧客視点の消失をまじまじと感じさせます。ジョブズだったら絶対にやらなかったと思います。

プライム会員なら無料だからこの映画は見た方が良い。面白い。プレゼンのシーンとかまるでそっくりです。

  • 0
  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    follow us in feedly
PAGE TOP