Fire タブレットは神アップデートでついに無敵のKindle読書デバイスに昇華!!!

2016年6月6日

こんにちは。「Kindle fire」で検索6位のこのブログです。本当はFireはKindleじゃなくてFire タブレットというジャンルなんですけどね。

昨日のことですが・・・


というツイート見てのけぞりました。

自分も持ってる

Fire タブレット 8GB、ブラック プライムなら8980 → 4980円!!
なのですが・・・

Fire OS 5.1.4が降臨

本をmicroSDカードに保存可能になった

ということでイナバウアーです。
いままでFire端末の最大の弱点が、「Kindle書籍をmicroSDカードに保存できない」ということでありました。このため8GBしかない内蔵のメモリでは、大量のKindle本、特に容量のでかい写真ものや漫画を持ち歩けない。Androidは空きスペースがないと極端に遅くなるため、いちいち端末から消去してはクラウドから次の本をダウンロードするしかなかったわけです。

自分のメイン機であるiPad mini4は128GBなので、本もたっぷりといれられるわけですが、その代わり価格は7万円〜。Fireが14台分ですよ。AmazonのFire端末は8GBとか16GBだから、漫画なんて入れたらすぐ一杯になってしまってました。
mictoSDカードになぜKindle本が保存できないのかについては、てっきりライセンス上の問題なのかと思っていました。つまり本をダウンロードしてmicroSDに保存されると、microSDごと転売されちゃうかなという点ですね。

しか〜し、今回の5.1.4で、本もmicroSDに保存できるようになったということは、そのあたりデバイスとの紐付けがされたのではないかと・・・。Fire2台ないので試せないんですけどね。で、慌ててアップデートしてみました。

Fireを5.1.4にアップデートする

実は自分のFireは内蔵のストレージがほぼ一杯になってしまい、最近の読書はもっぱらiPad mini4でした。
Fireに久々に電源入れて、画面上からスライドダウンして「設定」を出し、「端末オプション」 → 「システムアップデート」を選択すると、5.1.2が来てましたのでまずこれをインストール・・・けっこう時間かかりますが、5.1.2ではまだmicroSDに本を保存できないので、ふたたび同様の動作で5.1.4にアップデート。そうしたら・・・

Screenshot_2016-06-05-21-57-23
来てますなぁ・・・・んで、「ストレージ」を確認すると

Screenshot_2016-06-05-21-54-32
デフォルトで「本をSDカードにダウンロード」になっています。

いままでダウンロードした本を本体から消して入れ直し

しかしこれだけでは今までの本は本体にダウンロードされたままです。
Screenshot_2016-06-05-21-58-28
空きが1.44GBしかないです。

で、「本」を選択して出てきた本を全選択から消去すると・・・・

Screenshot_2016-06-06-09-17-36
本体は最低限のアプリしかいれていないので、かなり空きました。この時点で再度ダウンロードです。150冊以上あるのでけっこう時間がかかります。
うちのWi-FiはJcomの320Mbpsなんで実測で150Mbpsくらいは出るので、減速しないようにAirMac Extremeの横にFire端末置いて寝ました。朝起きたらすべてダウンロード済み。これで心おきなくKindleのセールで漫画も買えます。

なんと128GBのmicroSDまで使える

で、microSDが使えると言ってもいったいどれくらいの容量まではいるのかというと、どうも128GBらしい。ということで自分が持ってる

を入れてみました。1年半くらい前までは1万円くらいしたのにドド値下がり・・・

一番安いのなんてこれだ

つまりだ。Fire タブレット 8GBを4980円で買って、5000円で128GBのmicroSDカード買えば、合計でストレージは136GBとなり、iPad miniの128GBの1/7の価格で同容量の読書端末が手に入る。いや、microSDカードを差し替えれば、漫画とかもう無限大に入るわけです。えらいこってす。しかしFireの16GBとか売れなくなるだろうね・・・www

そんなわけで、「読書」ということだけ考えるなら、AmazonのFireは世界最強になってしまったわけで、唯一の弱点も制覇してしまいました。Amazonやばい。ヤバすぎです。
こっちのAmazonも相当にヤバいよ

  • 0
  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    follow us in feedly
PAGE TOP