なぜ、こんなに馬鹿が増えたのか

2017年5月5日


という名言に感動した。

現金に領収書に、はては妊娠米まで、メルカリの馬鹿ップりが目立って仕方ない。もちろんユーザー全員というわけではなく、馬鹿が派手に目立つ仕組みなのである。

Twitterでも「バカッター」と呼ばれる、自分の愚行を自慢して炎上するお祭りが絶えなく続く。「身内でしてればいい話と不特定多数の前ではしてはいけない話」という境目がわからない。あれ、これ若者だけじゃないじゃん。この間、辞任した大臣も同じじゃん。

「震災が東北でまだよかった。東京直下なら日本の経済壊滅してたよな」くらいはサラリーマンが飲み屋で話す内容ですが、東京にあの規模のが来ていたら日本の経済システムが崩壊して復興どころじゃなくなるということなんだが、これだって仲間内と飲み話ではいけても、大勢の前や、ソーシャルで言ったら100%の馬鹿である。



これは面白いのでオススメです。まず「はじめに」の前書きが凄い。本文より前書きが面白い本というのも滅多にないが、民放で視聴率の高いワイドショーを担当するやり手のディレクターが「昼間っからテレビ見ている人間なんてろくなもんじゃない。僕らは馬鹿を喜ばせるためにくだらない番組を毎日作ってるんです」と言ったというエピソードが破壊的だ。ww

氏の説では、馬鹿な思考の特徴は「速い思考」で、これは原始時代に身に付けたものです。野生動物に襲われたら直感で対応しないといけない。
「直感的に信じることだけを信じる」
という、放射脳、反ワクチン、水素水、酵素信者、ホメオパシーなどに共通する思考です。現代の日本では社会に出ていない(専業主婦とか学生とか)女性に多そうな感じ。この人たちは「分析や想像の必要な遅い思考」が苦手なので、「自分が正しいと感じたことだけが正しい」と信じます。

これにたいし、文明というものができてからは、分析や確認を経た上で結論づけるという「遅い思考」、つまり熟考が必要になってきた。理論的な思考なのであるが、これができないのが馬鹿ということになる。もちろんどんな利口な人間も直感で判断する時はあり、その結果、不幸な結婚や就職をしたりする。つまりどんな人間にも馬鹿な部分はあるわけです。ただ、

なんという明確な馬鹿の定義!!

メルカリの例で言うと、
「インチキものを出品したら叩かれるだろうな」
「領収書売ったら相手は脱税に使うから犯罪の幇助だな」
みたいな「遅い思考」ができずに「いますぐ金が欲しい」という速い思考のみ。

バカッターも同様に
「こんなことツイートしたら自分の悪行がバレて大炎上」
という遅い思考がなくて
「面白いことする俺って最高」
という速い思考のみなのだ。

番外編。LINE@でやってくる馬鹿者たち

LINE@というのをやってまして、いま登録者は2000人弱。月に5000円なにがしを払っていますが、ここにろくでもない若年層が登録してくる。中学生とかじゃないかと思う。自分も若いときは馬鹿なことは結構したが、「無意味な馬鹿なこと」はたいしてしてない。もう頭の悪さ全開なのだ。

実はLINE@は即座に通報できるボタンがあるので、罵声系は速攻通報した上でブロック。繰り返してやってる馬鹿はアカウント停止になってるはずだ。こうしたやつらは「遅い思考」つまり「この人にこういうことをしたらどんな仕返しをされるか」という想像力がないので、今回晒しとくことにします。

LINE、本当にイノベーティブで、猿にスマホ持たせることに成功したため市場が拡大しましたみたいな味わいありますよね。
です。


粘着質


おまえがクズ


無意味


マジキチ


1人ウケ


マジキチ2

どんな親に育てられてるのか知らんが、この年代からすでに社会の底辺でうごめいて生きていくんだろうな・・・
つまり「馬鹿が増えた」のではなくて「馬鹿が可視化されるようになった」だけなんだと思います。

  • 0
  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    follow us in feedly
PAGE TOP