いまさらながらにソーシャルメディア・コンサルタントを分類してみた

2012年5月29日

【個人的お願い】Yahoo!とかニュースサイト運営の方。AKBの総選挙は勝手にやってもらっていいのですが、トップニュースに順位とか、CD売り上げがどうのとかいりません。1人何万票でも買いまくれるのに公正もへったくれも無いし、投票券がメインでCDがオマケなのにオマケの枚数を報道しても仕方ないです。もうちょっとちゃんとしたニュースをヘッドラインに流してください。スパムと同じくらいのリソースの無駄です。

さて、本日の話題。FacebookやTwitterでめちゃくちゃ多い職業が自称コンサルタント。Twitterでは第一次産業従事者より多いんじゃ無いかくらいの勢いだが、十把一絡げに見なされるのもナニなので、簡単に分類、仕分けしたいと思う次第です。

まず、コンサルタントといっても非常に多岐にわたっております。伊豆の畑の真ん中の看板で「お墓のコンサルタント」というのを見かけたくらいだ。今回はいまが旬のソーシャルメディアのコンサルタントに絞ります。

最初に言っときますが、わたしはこのうちバリバリの下流系です。

ソフト開発などでは下流は「下請け」のイメージですが、WEBの世界ではちょっと違い、上流は分析・解析と全体の方向性決めなどを行います。下流は主に具体案の立案と提示、実行を行います。
わたしも大企業を相手にするときは上流のコンサルと組ませて貰って企画書、報告書などの成果物はそちらに依頼することにしています。だって書くのイヤなんだもん。

大企業や官公庁にとっては、予算を組んでコンサルに発注する場合、「納品物」「成果物」というものがとっても重要で、官度が高いほど厚ければ厚いほどよいとされます。これを物凄いスピードで書けるコンサルタントは上流にしかいません。100ページを一晩で書ける人もけっこういますが、だいたいはいままで書いた企画書のストックが数十はあるのでそのフォーマットを使い回しています。

 
上流系 下流系 ナンチャッテ系
多い前職 ボストンコンサルティング,マッキンゼー,アクセンチュアなどのコンサルティングファーム
大手広告代理店
Googleなど
楽天
Yahoo!

WEB制作会社
著名サイトの運営 
トラック運転手
アフィリエーター
マルチ
教材販売
情報商材
飛び込み営業 
好きな言葉 理論 実践 儲かる,稼げる
ITの経験 広く浅く 狭く深く 皆無
よく行く海外 ほぼ米国
(仕事で)
アジア
ヨーロッパ
(単に旅行)
ハワイ
香港
マカオ
台湾 
得意なこと 100ページの企画書を1日で書ける 話がうまい 煙に巻く
服装 バリッとしたスーツ ジャケット センスの悪いスーツ いまだにイタリアものとか
主な顧客 大手企業
官公庁
広告代理店 
中小・零細 田舎の中小・零細
主な収入源 講演会
執筆
大企業のコンサル
中小のコンサル
サイト制作受託
自分でサイト運営 
洗脳セミナー
情報商材販売
零細から月会費 
ブログ アクセス凄いの書いている フツーに書いている アメブロで短いの書いてます
語学 英語はフツーに 人による ヤンキー言葉
得意なソフト Excel
PowerPoint
Photoshop
DreamWeaver 
ケルベロス
twitterフォローワー数 数千〜数万 数百〜数千 数万
twitterフォロー数 数百 数百 数万
Facebook友人数 数百 数百 数千
多い友人 大企業の経営者
評論家 
趣味友達
元の同僚 
零細企業の社長
架空ID 
外人の友人 多数 数名 中国人
イラン人 
アフター フレンチ 居酒屋 スナック
自慢 海外の大学のMBA所有 WEBで効果を出したことがある 破産したことがある

いきなり結論ですが、

今後の方向性を経営陣にプレゼンしたいときは上流。具体的に1円でも多くの効果を出したい場合は、下流に発注した方が良く、お金が余って仕方ないけどあまり勉強はしたくない、なんかやった気になれればいい人はナンチャッテ系がオススメです。


関係ないけど実は今私が使ってるマウスがコレ。マジックマウスのパチモンなんだけど軽くて楽ちん。意外とオススメ。

  • 0
  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    follow us in feedly
PAGE TOP