パチモンだって使えるものは使えるんだよの薄型マウス

2012年6月5日

自分が非常に不思議なことのひとつに、なんでメーカーさんはかっこいいマウスを出さないのか、ということがある。マイクロソフト製のマウスなんてずっと昔から形が変わらないモッコリ型だし、ほかのWindows用のマウスにもかっこいいのが全然見当たらない。かといってMac用はというと、これもまた問題が・・・。Magic Mouseはとにかく重いし、しかも軌跡のスピードが異様に遅い。
これを修正するためのアプリケーションを各種試したり、ターミナルでコマンド入力したりいろいろやってみたけど、突然遅くなったり動きが安定しなくなってしまった。Magic Mouse自体が悪いのか、それともこういうもんなのかがわからないので以前買ってあったパチモンを再出動させた。

手前が本物のMagic Mouse 向こうがパチモン。ケースまで真似てあります。

パチモンにはMagicMouseみたいなこじゃれた機能は無いのでクリックダイヤル&ボタン付き。重量は持った感じでMagic Mouseの1/3くらいしかない。

フォルムはほぼ一緒。このパチモンマウス。eBayでもAmazonでも日本のネットショップでもそこらで売ってるけど、リアルの店舗では見たことがない・・・。が、出ている量が半端じゃない。全世界ではMagic Mouseの100倍以上売れてると思います。
Amazonでもいろいろな店が出してるが、これが最安・・・ヽ(`Д´)ノ しかし同じ商品がこの価格から2000円代までばらけている。こんなのは滅多に無い。

すぐ売り切れになってしまうかもしれませんが、現段階では268円でした・・・汗

ですが、このマウス。ひっくり返すとかなり情けないことは情けない

チャッチー


こんな感じでUSBの無線発信器がセットされていて、これをPCのUSBに刺して使うわけです。マウス上部に、800/1600cpiカウント切替えボタンを搭載。通常は800cpiモードで、カーソルの移動距離が大きい際は迅速な移動が可能な1600cpiモードへ、ってそんな面倒なことは普通しませんけども。バッテリーは単4が2本だが、単3が2本のMagic Mouseより間違いなく持ちます。

で・・・実は先日、この新型をゲットいたしましたのでご報告です。
新型は米国限定販売みたい。まだ日本では売ってないようです。本場中国にもないのでわざわざ米国から買ったわけですが・・・



左旧型、右が新型・・・色がちょい違うだけ・・と思ったあなたは鈍い!!

新型を開けると、その差が!! はい、USBレシーバーがありません
Bluetoothになったのです!!

まあ使い勝手は同じだが、iPhoneだのiPadだのデジカメだのUSBの口がいくらあっても足りない昨今、Bluetooth搭載はありがたい。裏から見た丸いボタンがコネクトボタンで、ココを押して本体で認識させるとすぐペアリングしました。

えっ、でも旧型でもこの丸い穴はあったな・・と思ってよく見ると

手前が新型

旧型は穴が空いてるだけでボタン無し・・・つまりBluetoothでもUSBレシーバーでもどっちでもいけるように作られてるわけです。効率的!!

ウルトラ小ネタではございましたが、とにかくどこでもいいからかっこいい使える薄型マウスを出して欲しい、ということでした。こんな程度のこのマウスが世界中でこんなに売れてるんだからさぁ〜みんな超薄型が欲しいんですよ。

 

  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 99
    follow us in feedly
PAGE TOP