連休明けに仕事したくない人についての調査データと、連休の格差について

2019年5月6日


写真は5/1の逗子です

GW10連休の憂鬱 長期休み明けに「会社に行きたくない」意外な理由 (1/2)

という記事を見つけました。

人事向けのコンサルティングなどを手掛けるアックスコンサルティング(東京都渋谷区)がビジネスパーソン向けにアンケートを取ったところ、大半の人が「連休明けは会社に行きたくないと思ったことがある」と回答した。挙げられた理由は、「仕事に戻ること」そのものよりも、長期連休ならではのちょっと意外な内容だった。連休明けに「会社に行きたくない」と思ったことはあるか(アックスコンサルティング調査)調査は同社がWeb上で4月のGW前に、20~60代の働いている男女560人に実施した。

母数がちょっと少ないのだが・・・・・

「仕事に戻ること」以外の意外な理由というのに興味を持って見てみたら

遊びすぎで疲れてるから。www

確かに「仕事がたまってる」とか「会いたくない人がいる」(→ 転職しなさいよ)みたいなのは会社関連だが、早起きや満員電車も仕事の一環だから、総じては「会社に行きたくない」という人が多いが、3割は「遊んで疲れた」ということらしい。でもその昔、NHKで仕事で疲労して休日に2日間寝ていたケースと、草野球でがんがんに遊んだときの月曜日を比較したら、実は2日間寝ていたほうが疲労していたというのをやっていた。適度な運動は脳の疲労である中枢性疲労を回復させるんですよ。

でね。日本発の大型連休、実際にはどうなのというのを25日に明治安田生命が調査して発表してました。対象は1620人だから統計的にまずまず。

GWに使う平均予算は「47,249円」

いや、ちょっと待て。これ少なくないか? しかも3割が「0」と回答・・・・・。完全に格差ができている。自分の金遣いが荒いだけかもしれないが、5万くらいは使うときは普通に週末で使っちゃう。家族で5万円以下なら民宿に泊まって1泊旅行くらいが交通費や食事代考えるとせいぜいではないか。ちなみにいつもは5000円くらいの民宿が今年のGWには1万数千円してて笑いました。

しかし前年より予算を「増やす」と回答した人の平均予算は「70,222円」と、全体平均よりも「22,973円」多い。それでもGW中に家族で旅館に泊まるのがせいぜい。
が・・・・テレビでは成田空港はごったがえしていて、この一番高い時期に海外に行ってきました、楽しかったとかいうガキお子様を見て腹立つ人も多いだろう。

自宅でゆっくりが74.7%で圧倒的

上にも書いたけど、ごった返している空港で「海外に行ってきました」という人は全体のたった2.2%なのである。クッソ高いこの期間にわざわざ海外に行くんだから、さぞかし上級国民なのかしらとは思うが、ボランティアで過ごすという人たちと絶対数が同じ程度しかいないのであります。実はわたしも連休前に愛犬が亡くなり、1人旅でもしようかとバリへのチケット探したらガルーダのエコノミーで23万だったので馬鹿馬鹿しくてやめたくらいであります。普通の時期なら半額でビジネスで行けるさ。

テレビは連休と言えば海外という固定観念を捨てなさい。たった2%の対象を取材するより、家でぶらぶらしている大半の人たちを取材しなさい。地味でつまらないのなら、ボランティアに勤しむ人たちを放送しなさい。そのほうがよほど好感度が上がります。

そんなわけで海外に行ってた2%の人も、家でグダグダしてた75%の人も、明日からは平等に仕事ですので頑張りたまえ。

でもって、やはり長期に渡る介護のためか夜中にどうしても目が覚めてしまう。ハウス食品がテレビコマーシャル流してるのでマツキヨとかサンドラッグにいったけど置いてないの。しかたないのでAmazonで買いました。GAVAという睡眠に関係するといわれているアミノ酸なんだよね。睡眠薬じゃないからそんなすぐに効果が出るとは思えないがとりあえず本日より飲んでみます。

  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 27
    follow us in feedly
PAGE TOP