ハイスペック女子33歳のTwitter婚の片棒を担いでみる

2019年5月26日

日曜なのでどうでもいいホンワカのエントリーです。

わたくしのクライアントでも大手や予算があるところではPR会社を使います。PR会社ってなにするとこかといいますと、
◎プロモーション企画の立案と実行
◎リリースの作成と拡散
◎メディアとのリレーション作り
◎イベントの企画、実行
みたいなことをしてます。ベクトル、オズマ、サニーサイドアップ、電通PRなどが有名です。電通の下請けしてると以前は夜中の1時2時でも呼び出されて打ち合わせだったらしいのですが、例の事件以降は電通がすっかりホワイト化し、その影響でPR会社も超ブラックからホワイトに変貌しているそうですぜ。

でもって、とあるクライアントでPRの仕事が発生したため、以前一緒に仕事をしたことのあるNさんに連絡を取ってみました。
彼女はめちゃくちゃ仕事ができましたけどPR会社を退職して転職した先がちょっとヤバくてどうしたかな、また出戻りしたかなとメッセンジャーで投げたところ・・・

大手広告代理店で営業してました。ww

発注される側からする側に回ってたわけです。「最近、どうしてんの」と訊いたら「婚活しています」とのことで、大枚はたいて登録したらしい。ただしなかなか良縁がない。以前、地方で結婚相談所やってる人から相談されたことがあるのだが、40だいぶん過ぎて結婚できない低スペック男子が「孫の顔が見たい」という母親に連れられて登録!! なんていうのが多いらしいです。いや、これ、めちゃくちゃ難しいでしょ。

ちょっと、待って。そんなに面白いことならtweetしてもいい?

と尋ねましたら「ちょっと恐いけどやってみます」とのこと。ノリがいいやんか。ということでこれをtweet。


そうしましたら反応がパラパラとありまして、彼女から「婚活用アカウント」を作って対応したいというアイデアが来ました。それがこれ。


当たり前ですが、

わたしの本人確認が取れています。ww

つまり架空アカウントでもなければ、釣りでもありません。どんな人かというと女性の容姿についてはコメントを差し控えたいのですが、愛嬌がある感じで背は高めです。アカウント作ってまだ3日目なのにもうフォロワーが40人になってました。さすがPR会社で研鑽しただけあって自己紹介文とか洒落が効いている(感心)
しかしハイスペック故に、なかなか相手も限られてくるだろう。年収もそこそこあるから彼女より低くてもいいものの、あまりに差があったら難しい感じがする。ちなみにダメンズは嫌らしいです。

高学歴で広告代理店っていうのが、はあちゅうを思い起こさせる。
二の足を踏むよね。 と言う感想も頂きましたが・・・ww

以前、真面目婚活系のイベント主催者に訊いたら、女子で人気があるのは「気が利いて優しい感じ」の子であって人目を引く美人は尻込みされて全くもてないのだそうだ。いや、美人じゃなくても派手な格好してるともてない。そしてハイスペック過ぎるとかなり敬遠されるらしい。逆に男子はルックス一本!!!婚活イベントは看護婦さんとかある程度の収入がある女子が多く、男子はルックスさえよければモテモテだそうですよ。時代は変わっているのね・・・・。

そんなわけで、立候補したいからはまず彼女のアカウントをフォローしてアピールください。匿名より実名が優先されるのは当たり前ですが、彼女の方は本人確認が取れているので釣書はまずは男性の方から出してください。うまくいって結婚までいけたら「Twitter婚」としてねとらぼさんあたりが取り上げそうですね。www
くれぐれも冷やかしは厳禁で。

本日のKindleセール。自分はアンリミテッドだから無料だし、買っても263円。さっきから読み始めましたがなかなかオモシロス。

  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 97
    follow us in feedly
PAGE TOP