やっぱ最近のAppleはちょっとおかしいと思うMailのバグ

2013年10月22日

前にこういうエントリー書きました。

ジョブス亡き後のAppleはどうかしてる。OS10.8 マウンテンライオンにバグ以前のアレコレ →3/27修正

10.8マウンテンライオンが出た時のMailのバグです。わたしが見つけて日本のAppleに報告。本国の開発チームに連絡させていったんは修正されたものの、いつのまにかバージョンアップしたときにバグも復活して使いにくいことこの上ない。

名称未設定

このバグはMac OS10.8のMailでは、複数のメルアドを使用し、フォルダでフィルタリングしている場合(自分は届いたメールをプロジェクト別に50くらいのフォルダに振り分けて管理している)に起きる。

上記の設定がデフォルト。たとえばAというアドレスにメールが来たとき、返信ボタンを押すとFromがAアドレスになるという基本的な設定だが、このバグではそうはならない。なぜかこのMacで一番最初に設定したアドレスが勝手にfromアドレスになってしまう。Appleのサポートの人と電話で確認して向こうもそうなることがわかって本国に修正依頼したわけです。このバグがあると、相手が出してきたのと違うアドレスで返信されてしまうわけで、相手は「こいつ誰?」というメルアドから返信を受け取ることになる。マック使いの人のメール返信が時々違うアドレスから来るのはこのせいです。

で、こうしたアプリケーションの開発には、かならず管理ツールを使う。たとえばフツーの開発ならGitみたいなのが代表的。Apple社内ではどんなツールを使っているのかは全く知らないが、バグを修正したならその履歴が全部残っていてどこのソースをいじったのかも履歴で一目瞭然のはず。もしかしたら修正前のソースでバージョンアップしている?? これはどんな管理をしているんだとめちゃ疑問なんです。バグはある程度仕方の無いものではあるが、バージョンアップで前のバグが復活するとなると管理体制の問題ではないかということです。素人考えですが、どうなんでしょう詳しい人、教えてください。

そんなわけで10.9 Mavericksが今月末にも出るらしいですが、このバグがどうなっているのか、デベロッパーバージョン使ってる方、どうなんでしょうか。治ってるなら早く入れ替えたいです。

  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 99
    follow us in feedly
PAGE TOP