Gunosyにみる、テレビ広告しか到達できないターゲットについて

2015年4月9日

昨日メルマガをシコシコ書いていたときに、ひとつの質問に回答するために調べていたら「うんうん」と頷くものがあって、本日はまとめてみたいと思います。質問は「若い女子向けのファッションキュレーションサイトをやりたい」というものでした。

アプリではなくてWEBで考えると、若い女性にリーチする率が高いものとしては、ヤフーカテゴリーから調べて、アクセスが多いと思われる(さくっとSimilar Webでチェックした)ものをまんまコピペしますと・・

ホットペッパービューティー
全国の美容院やエステの検索が可能。ヘアスタイルの写真カタログもあります。

タウンワーク
アルバイト情報サイト。20代女性の検索頻度が高いというデータが出ています。

ファッションウォーカー
20代と30代の女性の検索割合が高いファッション通販サイトです。

と、ECや美容院の予約サイト(まあこれもEC)がずらりと並び、

CROOZblog
ファッションや美容の話題が充実しているブログサービス。スマホでよく検索されています。

と、ここではじめてブログサービスが出てきます。まあアメブロの芸能人ジャンルも当然ながらアクセスは多いと思いますが、これらのWebサービスのうち、ファッションウォーカー以外は全部アプリが出ているので、おそらくアプリからのアクセスが多いのではないかと思われます。

もうひとつ。これらはすべてテレビCMをやっております。というか、こういう面白いブログも発見しました。

勝つにはTVCMはマスト?上位タイトルのTVCM実績を調べてみた。

なんとiOSのゲーム上位50タイトルのうち44タイトルがTVCMを流している!!!
TVがだめになったって、誰が言ったんだ(自分だ www)

TVコマーシャルは「3回見た」となってはじめて効果がでると昔聞いたが、そうなると、最低でも数億円の投資になる。テレビや新聞や雑誌広告が没落してネット広告に取って代わられたんじゃなかったの?

広告、主役交代鮮明に 没落する4マスメディア、ネット急伸で初の1兆円台へ

4媒体の広告費の合計は1.6%増の2兆9393億円。内訳はテレビが2.8%増の1兆9564億円、新聞は1.8%減の6057億円、雑誌が横ばいの2500億円、ラジオは2.3%増の1272億円だった。広告の主流は、マスメディアの4媒体からネット広告に代わった。

主役はかわったといってもテレビも伸びてるじゃん。ネット広告費は12.1%増の1兆519億円で初の1兆円超えとなったというもののテレビのまだ半分なのです。2005年からの比較だとテレビは4%減と微減程度だが、雑誌と新聞の落ち込みが大きく、40〜50%近く落ちている。ということは4媒体が没落したのではなくて

新聞、雑誌広告がインターネット広告と置き換わった

というほうが正しいでしょ。雑誌や新聞とネット広告が近い点は、小さい広告予算から広告が出せること。新聞だって求人広告は一行いくらだったし。これにたいしてテレビ予算は(ケーブルや地方局を除いて)かなりの予算が最初から必要になるため、顧客の質がちょっと異なる。そして本当にテレビが効かないのなら、ソシャゲ上位50タイトルのうち、44タイトルがテレビ広告を打つわけがないのである。

GunosyにおけるテレビCMのBefore After

まず、GunosyがテレビCMを打つ前。インタビューがありました。

成長のコツは「習慣」になること!50万ユーザーのニュースアプリGunosyのマーケティングについて聞いてきた。

男女比について触れているが・・
テレビCM前はこんな感じ
before
50万人規模のユーザーで女性はたった30%。

ところがテレビCM投下後は
Gunosyユーザーは、過半数が「都会的・充実・自己投資を怠らない」
after
大幅に女性比率が上がりました。
つまり女性ターゲットにリーチするためには、ネットでの伝聞や広告では非常に厳しく、テレビCMを投下しないとなかなか到達しないと粗っぽく言えるでしょう。

次は年齢層です。50万人のときは

一番多いのは20-40代です。「Gunosyは20代の人しか使っていないのでは」とよく言われますけど、ボリュームで言えばむしろ30〜40代が一番多いです。10代のユーザーは、実はほとんどいないです。

と回答していて、つまりメインターゲットは
30〜40代の男性
であったことがわかる。この層がもっともネットでリーチしやすい、言い換えるなら親和性が高い人たちなのでありますな。

ではTVCM投下後はどうかというと

001_s
男性の30〜40代はなんと28.5%に薄まりました。

逆に女性の20代が20.21%と、最多の層!!!!!!!!となり・・・続いて
男性30代が18.81%
男性20代が17.1%
と、続きます。女子の20代のほうが男子の20代より多いが、男子の20代もTVCM打たないとだめなのね・・

またまた粗っぽくいうと

若い女性にリーチするためにはテレビが必須

ということになりますね。もちろん特殊な趣味や、アニオタ、腐女子などのジャンルはこの限りではありませんが、「ファッション大好きな若い女性」を相手にたくさんの人を集めてビジネスしたいとなると、ネットだけではどうしようもない雰囲気が漂ってきます。考えられる理由としては、彼女たち(もちろん全員じゃないけど多くの割合の方)の行動パターンは・・・

1 ソーシャルはLINEなどを中心に内々の友人だけで回す

周囲にインフルエンサーがいない。大半がレイトマジョリティ。まあこれは若い男子も同じと言えば同じ・・

2 そもそも「検索」してなにかを調べたりする習慣がない

情報に興味が無いわけではない。実際にGunosyをインストールするわけですから。でも習慣がない。

そんなわけで、若いオシャレ好きの女子のためのキュレーションサイトは、ネットだけでビジネス化するのはとても難しいと思うのです。ローラとか梨花がキュレーターになるならともかく、普通にやってもリーチするルートがありません。逆に言えばネットでいちばん簡単なのは・・・「30〜40代の男性にリーチする」ことです。
ASCIIとかガジェット通信とか東洋経済とか、WEBメディアとかはだいたいここ狙ってます。ECやキュレーションサイトも金をかけられないのならここです。アフィリエーターの商材もココが向いてるし、サービスもココが向いています。そんなわけでこれから打ち合わせ行ってきます。

ところで最近「鴨のロースト」に凝ってまして、鴨肉って売ってるところがほとんどないのでAmazonでフランス鴨を買いためて、しょっちゅう焼いてます。いろんな手法があるようですが、わたしはこの方法で時間を掛けて弱火でじっくり焼くわけです。ワインもいいけど日本酒にあいまっせ。ソースはたくさん出る脂にバルサミコ酢を足して煮詰めます。超オススメ・・・

  • 0
  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    follow us in feedly
PAGE TOP