自分が一番行きたくない国、ソマリアについて語るよ

2015年8月18日

お盆の最中、このブログのまとめ本の校正しながら、本当に久々に「ブラックホークダウン」を見ました。3回目くらい。ディスカバリーチャンネルでも「ブラックホークダウンの真実」って前にやってた。

こちらレンタル

ブルーレイ

そして原作本

なんでまたこんなのを見たくなったかと言いますと、やはり安保法案ですかね。でも今回の安保法案ではこういうPKOは100%行けないけどな。www

ソマリアは1960年にイギリスとイタリアから独立したが、その当時からクーデターとかめちゃくちゃで、1970年に共産党の一党独裁になったあと、隣のエチオピアと戦争になるわでついには1988年から内戦が勃発。民兵を組織したアイディード将軍というのがめちゃくちゃやらかしたため、1992年から国際連合平和維持活動(PKO)が多国籍軍を派遣しました。そしたらこのアイディード将軍はなんと

国連に宣戦布告!!!
マジ頭おかしい・・・

スクリーンショット 2015-08-18 11.00.43
ソマリアはここに位置してまして海峡挟んでアラブ諸国。隣がエチオピア。映画の中でも出てきますが、国連が難民に食糧を投下すると、アイディード配下の民兵がそれを奪いにくるわけ。もう最低の奴ら。

この映画は、アイディード将軍の配下の重鎮を掠いにいった米軍のレンジャー部隊とデルタフォースという特殊部隊の精鋭が、逆に数万の民兵と猛烈な市街戦になり、米国兵19人(うち1人はマレーシアの国連軍兵)が殺されるという話。逆に民兵側は1000人以上死亡という実話です・・・PKOに参加しているパキスタン軍も戦車とか装甲車を最後には出動させて救助に向かってます。ヘリの操縦士がひとり捕虜になったままで終わるんだけど、どうなったのか調べたら後でアメリカが「捕虜に手を出したらお前ら皆殺しにしてやる」と猛烈な脅しをかけ、びびったアイディード将軍が釈放したそうです。

ウィリアム・フィクナー、オビ・ワンのユアン・マクレガー、エリック・バナ(ミュンヘンでモサドの工作員やってた)、と、なんとオーランド・プルームまで出演してるんだぞ。弓は持ってなかったけど。要するにめっちゃ濃い俳優ばっかり。

ソマリアなんか助けに行ってもアメリカにはなんのメリットもないわけで、劇中では「こんな遠い知らない他国の戦争にどうして行くのか、お前は戦争が好きなのかって帰国するといつも言われる」と呟くシーンがある。でも俺は友人を助けるんだと言うわけです。
他国の戦争に巻き込まれるから手を出すなという人もいるが、アイディード将軍派は敵対する人たちを封じ込めて餓死させようとしていたわけで、数百万人が殺されるのを「自分たちは関係ないからっ」っていって同じ地球に住む人間として知らない振りしていいのかということなんです。これってクラスでいじめられている子がいるのに「見てみない振りする」のと同じじゃないですか・・・

しかしアメリカもこの犠牲があまりにも大きく「こんなどうでもいい国のためにアメリカ人が死んでもいいのか」になって93年に撤退。ほかの国連軍もどうしようもなくて95年に撤退し、ソマリアはマッドマックスの世界になるわけです。というか民兵の車とかマジでマッドマックス!!群雄割拠状態!!!

さらにはイスラムのテロ組織のアル・シャバブまでできちゃって、あまりのひどさに隣国のエチオピア攻がめ込んで暫定政府を立てるもめちゃくちゃでありまして、ついにはこんな感じになりました。


海賊はじめました!!

兵器とかはめちゃくちゃあるわけで、20年以上内戦してマッドマックス怒りのデスロードになってるから、モラルとかへったくれもないし、殺しにも慣れてる。よって沖を通る船を襲って金儲けするのがトレンドになってしまったわけです。

あまりに悲惨なソマリア

池上先生もソマリアの取材に行かれていましてテレビでも特番やりましたよね。

ソマリアで長年続く内戦。国内産業は破壊され、仕事のなくなった人々は、海賊となって沖合を航行する船を襲います。内戦を逃れて、多くの人が難民となる。海賊と難民は、原因が同じなのです。ソマリア難民は、私が取材したジブチにもやってきますが、圧倒的多数はケニアに向かいます。ソマリア南部で深刻な旱魃が続き、食料不足に陥っているのに、この地域はイスラム過激派のアルシャバブが支配。人々は、飢えとアルシャバブの支配から逃れるため、隣接するケニアに入ってくるのです。

ご存じのとおり、日本のタンカーは何度もこの海賊に襲われています。

ソマリアの海賊、日本のタンカーなどを解放 身代金と交換か

ソマリア沖にて海賊に襲撃された船舶の一覧

海賊が北朝鮮船乗っ取り 米軍が救出、ソマリア沖
北朝鮮もびっくりですよ!

インド海軍、アデン湾で海賊「母船」を撃沈

ソマリア沖には海上自衛隊も出動してまして、各国の海軍と哨戒活動にあたっています。なんと中国海軍とも連動しているそうで、「アメリカ海軍は中国海軍を指導しているので信用できない」と騒いでいるかた、海上自衛隊だって中国海軍と一緒に活動しているのです。協力すべき所は協力して当たり前。

ここからはオマケ www

ところがですね。「ソマリア 自衛艦 派遣 反対」で検索しますと、自衛隊をソマリアに派遣するのは海賊問題に名を借りた海外派兵新法だ!! とガーガー言ってた方たちのブログとかが一杯出てきます。
スクリーンショット 2015-08-18 11.59.47

あんたら、ホント、なに言ってんの!!

笑えることに、ソマリア沖を航行するピースボートも自衛艦の護衛を受けたのでありました・・・
20090704125723

2016年もまた・・・www
o-PEACEBOAT-570
ピースボート、海上自衛隊の護衛でソマリア沖航海 「主張とギャップ」の声

特定秘密保護法案の時も「これで日本は軍国主義だ」「どんどん弾圧される」「治安維持法の復活だー」とか大声で言ってる方がけっこういました。この悪法はかつての治安維持法そのものだ・・・・って・・・どこがですか??
ちゃんと特定秘密保護法と治安維持法を読まれてますか!!??

反逆者の名目で反対意見を抹殺するために特定秘密保護法案を作ったなのなら、今回の安保法案で「安倍ガー」とか「戦争に突き進むためのものだー」とか騒いでる人たちがどんどん抹殺されないといけないわけですが、そんなことひとりもされてないようです。デモも自由にできてますよね。なんて平和な国だ・・・

反対意見を抹殺しているのは、中国共産党政権のほうなのでございます・・・
アムネスティからの緊急のお知らせ
【緊急】中国:前代未聞の規模で弁護士を弾圧~暴挙を止めよう!~
170人もの人権派の弁護士さんが、突如夜中に掠われて行方不明に・・・!!
「反対意見を抹殺」に抗議するなら中国大使館の前でお願いします。

  • 0
  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    follow us in feedly
PAGE TOP