中国詐欺団の偽サイトの潰し方

2016年2月28日

以前、何度かこのブログでも書いたのですが、金に目のくらんだ中国詐欺団が昔はUggとかレイバン、オークリーなどの有名ブランドの偽サイトを作り、初期の頃はまだチープな偽物を送ってきたのが、現在では単に振り込みさせてあとはなにもしないということを世界規模でやっています。

【警告】日本のFacebookは悪の温床。クレジットカード登録の方は即チェックを!!

Facebook広告にも大量に出稿されていたのが現在ではほとんどでなくなりました。審査が強化されてんだと思います。そうしたら奴らは有名ショップのソースを丸パクリして偽サイトを作り始めました。

【警報】中国詐欺団は有名ブランド偽物販売サイトから巧妙に変身しつつあり

あまりのやり方に怒ったショップさんの対応

【実録】悪質な中国製の詐欺サイトはこうやって退治する

警視庁のサイトや、アンチウイルスソフトがブロック機能付けたりと対策がされてきたのでだんだん減っているのかと思ったら、中国の景気停滞のせいなのか、またやり始めた模様。お前らの国の不景気を我々につけまわされてもな。
先週のことですが・・

「永江さん、うちの商品が変なサイトで販売されているんですが、しかも格安で」
というLINEがクライアント兼友人より

スクリーンショット 2016-02-28 9.42.50

見たことのあるデザイン。ソースもパクらず使い回しの手抜きで作ってますね。ロゴは実在の店舗からのパクリ。昔と違って日本語はほぼ正確になり、クレジットカードと書いてあるのに振り込みしかできなかったりというのはなくなりました。下に通販法表示らしいものがありますが

スクリーンショット 2016-02-28 9.45.42
架空の住所です。この番地は存在しません。Googleマップで見たら分かる。問い合わせのドメインもサイトのドメインもアメリカにあって所有者は隠されてます。昔は中国名で出てきたけどね。

スクリーンショット 2016-02-28 9.45.16
日本語がおかしいのはココだけかな

スクリーンショット 2016-02-28 10.20.38
こちらがロゴを使われてしまった店舗。3回目だそうです。

Googleにもインデックスされてます。
スクリーンショット 2016-02-28 9.43.29

どうやって潰したらいいのか

結論からいうと、日本の警察はカスです。あ、銀行も。
まずは振込先が安定の中国人名

お振込先
銀行名:…………..【ゆうちょ銀行】
支店名:…………..【八五八店】
口座種類:…………【 普通 】
口座番号:…………【2285327】
記号番号:…………..【18520-22853271】
名義人:…………..【ソン ショウシェン 様】

中国人留学生が帰国の際に「犯罪に使われるのを承知で」5万円で売っていくのだそうです。いまはもっと高いかも。で、友人からゆうちょに連絡したところ「友人から警察に届出して、警察からゆうちょに連絡、という流れでないと凍結は出来ない」だと(怒)。とりあえず自社で凍結して被害が増えないようにする義務を放棄。サイトを確認して口座の持ち主に電話したら帰国してでないから一発だし、出たら詐欺に使われている旨を伝えれば良いのになにもしない。さすが元お役所!!

で、警察に通報すると

チンプンカンプン!

情報提供は受け付けたが、事件で無いので即座対応は出来ない。詐欺で刑事事件も手間と時間掛かると。さらに警察担当が、消費者センター、国民生活センター、消費者ホットライン、日本消費者協会、経産省相談室に連絡しろとタライ回し。怒り心頭。仕事しろ、警察。

通信販売サイトでのトラブルにご用心!

とあるのに、警察は販売の防止をまったくしようとしない。そこでロゴをパクられている店舗に連絡して、ゆうちょ銀行に止めるように依頼したけど結果は聞いてません。

自己防衛のやり方はこうだ!!

日本の警察はアテにならないし、ゆうちょ銀行もカスだと分かりました。大手都市銀は連絡すると自社で調べて即座に凍結するところもあるらしいよ。
で、そうばかりはいっていられないので、見つけたらこのようにするべきだと思います。↑もそうしました。

1 注文入れる
※あり得ない名前とか住所ではだめなので、あくまでもありそうな感じで。メルアドは捨てのgmailでいい。

2 振込口座をゲット
3 パクられている業者に連絡
※よく分かってないところはポッカーンだと思うので「あなたの店名で詐欺が行われてます」と言う

4 パクられている業者から銀行に連絡+被害届
※とりあえず口座はここで止まる。警察はたぶんなにもしないはず。加えてGoogleにもインデックスから外すように連絡

5 口座が止まったと推測して再注文
※上とは違う名前と住所とメルアドで

6 またきた口座を上記のようにして止める
7 相手が閉めるまで注文し続ける

これをし続けて、相手から注文メールが来なくなるまでやる。口座をひとつ凍結で5万円の損害を与えられるわけで、10個くらい止めたらさすがにこのサイトはやめるんではないかと。止めないならどんどん止める。

なんか面白いことないかなぁと暇こいてるあなたも、日頃の鬱憤晴らしに詐欺業者を退治しまくったらどうでしょう。これも立派な社会貢献だよ!!!

本日のKindleの日替わりセール。75%オフで99円になってまして思わずゲト・・・脳外科医の解説する脳の話。かなり詳しくて興味深く拝読中です。99円安すぎ・・

  • 0
  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 10621
    follow us in feedly
PAGE TOP