玄米ご飯にはまってる人へ。そして食品メーカー、卸売業のみなさんへ。ついでに痩せたいみなさんも。

2018年7月2日

ちょっと前にこういうエントリー書きました。

UCLA助教授の津川友介先生の「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」を読んでトンデモから脱却だ


それまで糖質はなるべく摂らないようにしていたのだが、これを読んでから玄米と全粒粉のパンは食べています。体重は全く変わらないがトレーニングのおかげで体脂肪率は下がっていまは17%くらいです。要するに筋肉に置き換わった。

なんせ、茶色の炭水化物を食べているグループはそうでないグループと比較して有意義に体型がスマートというのだ。おそらく健康に気を配ってるというほかに、食べてみたら分かるが茶色の炭水化物は繊維質が物凄くてずっしりとして歯ごたえがあって少量でも満腹感があるわけです。さらに玄米とかは炊く前に10時間くらい水に浸けないといけないわけで、食べても中のデンプン部分が消化されづらいわけです。
余談だががんになっちゃった人が食事療法で玄米食べると胃腸に負担がかかるだけで意味ないかと。津川先生も「がんになりにくい食事はあるががんを治す食事はない」とおっしゃってます。同様に乳幼児は消化が悪いから避けたほうがいいし、子供にはよく噛むようにしつけましょう。

この「玄米を食べると痩せる」という研究は調べると沖縄の大学や医療施設のデータがあり、

実際に食べさせた実証実験では

こんな感じで明確に白米は太りやすい。元記事はこれ。

SNSでも「玄米食に変えたら数ヶ月で体重が数キロ減った」とか何人もの人がいっていた。DMMの松栄社長も「玄米に変えたら5キロ減った」とFacebookで言ってたので本当でしょう。上のエビデンスにもあるように、玄米食にすると白米に比べて高脂肪のおかずを好まなくなるというのがあるが、玄米と脂肪ってあまり合わないんだよね。

全国からたくさんの試食品をいただきました

しかし、楽天で「玄米おにぎり」買って美味い美味いと食べていたら、よくよく読んだら「玄米2 白米1」の混合で、騙された!!! ということもあって、なかなか苦労したのである。コンビニのサンドイッチも「全粒粉入り」はあるが、単にいろを付けるために全粒粉を少し入れているだけ。そもそも玄米を炊くのは白米に比べて大変な手間だし無農薬だから原価も高い。全粒粉パンが高いのも粉が高いからです。

玄米炊くのは前出のとおりなかなかの手間で、一回炊いた玄米を小分けにして冷凍していたのだが、エントリーを読まれた全国各地の生産者やメーカーさんから、全粒粉パンや玄米の試食品をけっこう送っていただきました。マジで役得。その中で「NPO法人岡山県木村式自然栽培実行委員会」さんからいただいたレトルトの玄米と玄米酒・・・これがまた・・・

まず玄米酒でありますが

琥珀色でございまして・・・

Amazonでも売ってました。

ひと言で言うと、「日本酒の概念から外れてる・・・」です。www

磨き込んだ淡麗辛口の真逆にあるわけで、おそらく江戸時代の田舎のお酒もこうだったでしょう。蒸留酒とワインくらい違います。もう「玄米感」が満載。これの清酒もあり、そっちは普通に美味しい日本酒ですが玄米酒は好き嫌いが明確に分かれますがわたしは嫌いじゃないです。油こってりの肉より野菜の煮物とか漬物や田舎蕎麦に合うと思います。

で、酒は置いといて、この木村式の玄米のレトルトご飯を販売することになったのでサンプルを試食していただけないかということで喜んでいただきました。まだパッケージもないやつ。レンジでチンしただけですが

うんまぁ〜(>y<;)

なので驚いた。大メーカーさんの玄米パックレトルトご飯も何種類も試したのであるが、どれもけっこうパサパサで堅く、好きな人はいいのだが抵抗ある人は美味しくないと感じる人もいるだろう。が、ここのは白米と変わらないくらい柔らかいのである。実際大メーカーと同じ工場で作っているのだが、工場の人が不思議がるそうです。忙しいお母さんに超オススメです。

製品版はこちら

で中身はこんな・・・

タマゴ納豆玄米ご飯!!!!

納豆大根おろしオカヒジキご飯!!!

Amazonでも発売開始したそうです

ここまで買いて、「永江さんは試食品送るとブログで紹介してくれるんだ」と誤解されると困る。実はここからが本題です。

子供宅食に参画いただきました

自民党の二階幹事長は「今は食べるのに困る家はない」と発言したが、実際は困っている家庭はたくさんある。そのひずみをモロにうけるのが子供なのです。実はフローレンスの駒崎君がやっている

こども宅食というサービス。フローレンスの駒崎君をパヨクと勘違いしていてソーシャルでもdisり回る人が多いのだが、別に左の人ではない。子供の健康に関する前向きな議員は右だろうが左だろうが支持するだけだ。この点で自分と同じ「白くても茶色でもネズミを捕る猫は良い猫」というだけ。彼のことをdisる人には「あんたはなにかやってんのか」と言いたい。少なくともなにもしないで彼のことを悪くいうのは人間としておかしいです。

で、NPO法人岡山県木村式自然栽培実行委員会さんには、この美味しいレトルト玄米ご飯を子供宅食に寄付してもらえないか打診してみたのです。いまじゃ750世帯分だが、検討の結果、Goをいただきました。拍手!!!
玄米は栄養たっぷりだし、母子家庭だとお母さんが忙しすぎて玄米なんて炊いていられないが、これなら子供が自分で温めて食べることができます。子供のうちに玄米の美味しさを覚えてもらって健康に育ってもらいたい。そこで精一杯わたしも応援させていただくことにしました。

一般の皆さんにおいては、木村式玄米パックご飯を買っていただくのもよし、ふるさと納税で子供宅食に寄付していただくのも良しです!!

子供宅食へのふるさと納税はこちら

食品メーカーさん。卸売り業者のみなさまにおきましては、子供宅食にご参加いただいた場合、わたくしと駒崎君のブログでレポートを掲載させていただきます。実はネイティブアドはうん十万いただいていますが、これについては無償です。その分を子供宅食に回しますのでぜひエントリーください。お問い合わせはこちらです。また、この企画にも賛同していただけるアルファブロガーさんも募集しております。ww 趣旨に賛同の方はぜひ拡散を。

それでは皆さん、ぜひご賛同の上、行動を起こしてください。我々の年金を払ってくれるのは子供たちです!!!

  • 0
  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    follow us in feedly
PAGE TOP