AKB主演の視聴率が全く上がらない訳が一目瞭然でわかるGoogleのサービスとは?

2011年8月16日

お盆なのに忙しくiMacに向かって働いている私です。ハァハァ
息抜きにブログ書きます。

マーケッターという職業の方なら、Googleトレンドというサービスはご存じだと思いますが、コレ使うと誰でも簡単にマーケッター気分に浸れます。これの高機能版がGoogle Insights for Serchでして、まだβ版ですがコレ使うといま人気が出てきているもの、廃れていくもの、世の中の栄枯盛衰が手に取るようにわかるのです。といってもあくまでも目安。実際にはもっとちゃんとした調査が必要なのは当たり前ですが。

たとえばセシウム君ですが。。。


3.11まで、誰も「セシウム」なんて検索してませんでした。事故直後、どっとあがった検索頻度も落ち着いたと見えましたが、セシウム報道がされた7月中旬より急上昇しています。Google Insights for Serch がすごいのは、どこの地方でこの検索キーワードがよく調べられているのかということがよくわかること。「セシウム」でいいますと・・

やはり福島県の方が 圧倒的に検索してます(涙)。そして東北と茨城で圧倒的に検索されてますが、なぜか高知が3位に・・・(謎)。一都三県は全くランクインせず、首都圏の皆様は自分にはたいして影響ないと考えているのがよくわかります。

で、スマホ。最近スマホに関してのブログをよく書いてますが、いったい本当にらくらくホン以外のガラケーはなくなってしまってみんなスマホになってしまうのでしょうか。



ここ1年で「スマートフォン」という語句の検索は右肩上がりに上がり続け、日本人の興味の度合いがどんどん増加していることがわかります。最初にスマートフォン買った人たちは、例外はあるでしょうがパソコンのメールが読めてブラウジングもできるというところで購入した、リテラシーが高い情報強者だったわけですが、現在ではよくわかってない皆様もスマホに興味を持つというか、ほかに選択肢が無くなってきているので必死に調べているのだと思われます。この傾向が続けば国民総スマホ時代がやってくるのはほとんど確実のような気もします。
スマートフォンは多少リテラシー高くないと使えないと言っていても、 インターネット自体がまだ普及して10年ちょい。それでもいまやスマホやガラケー含めて日本人の大半がネット接続しているわけで、「インターネットってなによ」という人はほとんど消滅してしまいました。なので数年たてば平気じゃ無いの的に思います。

で、です・・
わたしにはずっと疑問がありました。

たまに地上波のテレビ付けると(あんまり見ないけど) 、芸能ニュースもTVCFもAKBばっかり。その割にドラマに出演しても燦々たる視聴率。CD売れてるといっても一人で数百枚、投票券替わりに買うんじゃ、販売枚数を比べられている他のアーチストも内心迷惑なんだろうなと思いますが、いったいどこの誰がAKBのファンなんだろうと思ってました。だって昔ピンクレディが流行っていた頃は、子供は全員あの振り付けで踊れたし、宴会では受け狙いのおっさんがキモい振り付けで踊ってました。しかしいまや誰がいったいファンなんだろうと思います。アキバにはいるだろうけど、アキバだって家電買いに来た中国人の方々もたくさん歩いてるわけで・・

で、調べると・・



AKB48の人気は2009年当たりからきてまして・・去年の半ばから爆発しました。

しかしここ1年だけを見ると

6月9日総選挙結果発表までの間、秋本戦略が成功して 注意を引きつけましたが、その後がっくりと減少。衰退期にはいっています。しかしまだ昨年基準で推移しているので、このまま衰退するかまだ盛り上がるかはこの時点では不明。

んが・・非常に面白いことがわかりました。

こちら、AKB48で検索しているのはどの地方の方でしょう? という結果です。なんと1位は宮崎県。いいところです。一回しか行ったこと無いですが・・・

そしてベストテンまでが・・・地方・・・一都三県では埼玉だけがランクイン。関西地方では全く人気無し。はっきりいって田舎、特に九州を中心とした地方で人気があって、都市圏ではほとんど人気無しなのです。これでやっと、テレビドラマの視聴率が上がらない理由がわかりました。人口の多い地域では全く人気が無いのなら、視聴率なんて上がるわけがありません。家庭教師のトライさんもこの表見たらびっくりするでしょう。人口密度の低い地域で人気があってもなぁ・・・という感じです。(追記: 2004年から累計分を検索すると首都圏が出てきますが過去1年では地方に完全にシフトされます。これはつまり当初は全国区で検索されたが、現在は首都圏での検索がなくなり完全地方シフトになったということです。人気がまだなかったときは首都圏中心。出てきてからは地方ということもできます)

ちなみにこれはAKBだけに限ったことではなく、韓流のアイドルグループも結果はほとんど同じ。なぜか関西以西の人口密度が低い地域で大人気で首都圏では全然×・・・。音楽CDが売れない理由ってここにもありました。地上波テレビによる仕込みは田舎にのみリーチしているのです。田舎はご老人が多いから地上波つけっぱなしなのかも。

しかし、これは別のアーチストの人気です。
ちなみに人気のベストテンに一都三県がすべて入り、大阪、兵庫もランクイン。九州ではもっとも人口密集地の福岡と、相変わらず音楽好きの宮崎がトップなものの、AKB48とは明らかに違っています。
広告代理店や企業の宣伝部も、キャラクター選定の時はこれくらい調べたらいいのにと思います。九州地区の広告ではAKBを使ってもいいけど、一都三県では全然リーチしてないですよ。首都圏の人口密集地域でアピールしたいならこの表のアーチストくらい使わないと・・・

さてこのアーチストはこれは誰でしょう
回答は・・・・

 

 

 

 

 

 

 

レディ・ガガ ですよん

  • 0
  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    follow us in feedly
  • miyocco 2011年8月16日9:41 PM

    はてブから飛んできました。興味深く拝見させていただいたのですが、たしかにAKB48だとそうなのですが、AKBで検索すると一都三県全部入ってるんですよ。
    こっちだと48ってあんまり付けて言いませんし、AKBのほうが呼びなれてるのかなと。
    だから、一概に都会で人気がないというのは言えないかなと思いました。

    • isseki 2011年8月17日3:37 AM

      そちらが検索されたのは2004年からいままでの7年分ですね
      AKBで国を日本で固定しますと、過去12ヶ月では鳥取、宮崎、佐賀、秋田、などで一都三県と首都圏は一切出てきませんよ
      つまりこれは、当初は全国区で検索されたけど、いまは首都圏では全く検索されないということなので、推測が余計に裏付けできてませんか?

  • […] この人が書いているように、AKBで最近12か月の範囲で検索しても首都圏 が出てこない。 […]

PAGE TOP