iPod NANOがやたら小さくなって、ただし容量はでかくなって戻って来た件

2012年1月10日

ご存じない方も、ひょっとしたらいるかもしれませんが・・・

iPod nano (1st generation) 交換プログラム

というのがありまして、なにかというとAppleが初期型のNANOのバッテリーが加熱するってことで、無料交換してくれるプログラムである。

iPod nano (1st generation) は、前面が白黒のプラスチック、背面が銀色の金属でできています (これより後の世代の iPod nano は前面/背面共に金属製です)

どれどれと調べたら我が家にも1個あった。もっとも容量が小さくていまやもう使ってなかったやつ。で、11月28日にWEBから申請したら取りに来てくれた。たしか2GBだったような記憶が・・

11月28日に依頼をして、1/9に戻って来た。だいたい40日です。
実は、ナニが戻ってくるのかということについて、ネット上では喧々がくがくありまして、実際にAppleに電話して聞いたという例がけっこうあった。
多くの回答は「バッテリーを交換します」という返事だった。NANOのバッテリーなんて交換できるのか? 工賃のほうが高いだろう、というのが素朴な感想で、旧在庫のデッドストックのNANOが送られてくる説も登場したが、6年も前のNANOがデッドストックで残ってるわけ無い。だいたいバッテリーがもう劣化してるわ。

ということで、戻って来たのはこれ。

ちいさっ!!

NANOの現行品8GB、 10800円のお品でした。 ただし付属品は一切無し。本体のみ。

6年も前のしかも使ってないようなNANOを新品に交換してくれるとはAppleも相当に太っ腹。CS(顧客満足度)はかなり増加したというお話でした。

みんなも頑張って探してみよう!!
Appleは儲かってるから心置きなく貰えるな〜

  • -
  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    follow us in feedly
PAGE TOP