【第一回】LEICAレンズ搭載SIMフリーPanasonic ルミックスDMC-CM10-S購入レポート

2016年3月3日

まだですか、まだですかってTwitterやらFacebookで散々言われるので、本当の撮影テストはまだなんですが、いままでの経過を「ユーザー」目線で書きますので、よろ。

まず、今回わたしが買ったのはスマホじゃありません。

超高性能でSIMフリーでネットにつながるコンデジです

コンデジ = コンパクトデジタルカメラ ですね。スマホにカメラがついたんじゃなくて、カメラにスマホ機能がついたとでもいいましょうか。
ものはこれ

Panasonic コミュニケーションカメラ ルミックス CM10 F2.8 LEICA DC ELMARITレンズ AndroidTM5.0搭載 DMC-CM10-S
10万近くしますので、iPhone6 Plusより高いです。ww

実は昨年、

というモデルが出てまして、中身はこれとほぼ同じですが、こちらには音声通話機能がついておりまして、音声サービス付きのSIMカードいれると使えました。CM-10はこれからその機能を取り去ったものですが、通話しようと思えばLINEで話せるし、ダイヤルで掛けたければLINE電話とかHangoutで掛けられます。あと、ボディにストラップホールが空きました。違いはそれだけ。
なので、どうしても音声通話したいならCM-1は値崩れしてるので狙い目です。が、あとで書きますけど携帯電話として持つのはオススメしないです。ぶっちゃけ、音声通話しないならどっち買ってもいいんですけどね。

んで実はわたし、2年半前になりますが、

わたしはこれで・・iPhoneをやめられるか!? 4100万画素Nokia Lumia 1020 EOSを試す

カールツァイスレンズを搭載して、なんと4100万画素というNokia Lumia 1020というWindows8フォンを買ってしばらく使っていました。このブログの検索窓で「1020」と入れて頂くとそのときの苦労話が出てきます。どんだけモバイルのカメラに興味あるんだよ、自分・・www
今一番欲しいのは腕時計内蔵型の防水カメラです。マジで欲しいとずっと言ってるし、出た必ず売れると信じてます。

CM-10が届きました。開封の儀から

1ヶ月以上前から予約しておりましたこれ。発売時に自宅に届きました。

IMG_4591
お値段もお値段なので当たり前ですが、めちゃくちゃ質感あります。撮影はiPhone6s Plusです。おそらく現在のスマートフォンの中でもっともカメラ性能がいいのはiPhone6sだと思うんですが(iPhone6と比べても相当に良くなってる)、言い方悪いけどあちらは所詮「素人用」カメラ。こちらはマニア用です。

まずレンズの明るさを示すF値が2.8! 
一眼レフのズームレンズと同じくらいでかなり明るいです。しかも1.0型のMOSセンサー!!これは超高級コンデジと同等クラスです。普通のコンデジは1/1.7〜1/2.3くらいですね。数字だけ言われてもちんぷんかんぷんと思いますがそれでいいのだ。数値だけで見ますと2〜3万くらいのコンデジでは対抗できません。7.5万位のソニーのRX100 IIIと同じくらいじゃないでしょうか。
またiPhoneの写真が綺麗なのは画素数が800万に押さえられているからというのは常識ですが、こちらは2090万画素と比較したら可哀想レベル。

まあ、数字とかはどうでもいいんですよ。要は使えるかですね。
で、一般のデジカメはいまの中級以上の機種の主流はWi-Fi機能が搭載されていてスマホと接続して、スマホに画像を取り込み、そこからソーシャルに投稿みたいな感じなわけですが、こちらはAndroidOSがはいっていまして、そのままアプリ入れて投稿できるわけです。Facebook、Instagram、Twitterはとりあえずインストールしました。

まあ、iPhoneに取り込みたければ、GoogleフォトでもいいからクラウドにアップロードしてiPhoneでダウンロードすればいいだけです。もちろん母艦PCに読み込んでもいいんですけどね。MACだと「Android File Transfer」というソフトで読み込めますよ。Wi-Fiで読み込んでからなにかするよりずっと簡単。特にSIMフリーでMVNOのSIMがはいるため、すぐにソーシャルに投稿できるのが良いのです。

Screenshot_2016-03-03-11-22-47
こちらがWi-Fi時の起動状態です。外ではdocomoの表示になっています。
Instagramを表示すると
Screenshot_2016-03-03-11-22-19
こうなります。ちなみにわたしのアカウントはこちら

ソーシャル投稿用高性能カメラ

とでもいいましょうかねぇ・・

いろいろな社外品を買ってドレスアップしました

重厚な質感のこのカメラではあるが、そのまま使って落としでもしたら大変。そこでいろいろとドレスアップしていくことに。
まずフイルムであるが、探したけどガラスフィルムが出てない。しかたなくこちらです。硬質ガラスの出して欲しい

次にケース買いました。

安いし、いいわ〜と思ったのですが、装着したら液晶の操作面との間に段差ができて操作しにくい。また充電の度にいちいちケースから出さないといけないので買い換え・・・


これを買いました。これは非常によろしい。高いだけある。
で、レンズが平坦で危なそうなのでレンズフードも買いました。ジャケットと同じメーカーさん。

ストラップは最初、安いの買ったらダサかったのでこれをおごった。もう止まらない。暴走浪費機関車

セットアップ終了がこちらです
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
我ながら・・・渋い・・・!!!

んで、試しに撮影してInstagramに投稿したのがコレ

TraceUp has just arrived #traceup #surfing #snowboarding #gps #track #lostsurfboards #cm10 #leica コレヤバイ。欲しすぎ!

Isseki Nagaeさん(@isseki_nagae)が投稿した写真 –


GPSセンサーでサーフボードやスノーボード、自転車につけて記録を取る「トレースアップ」という新製品です。GoProとも連動するんだよ。

実際にiPhone6s Plusと写り具合を比較するため、ただいま鋭意撮影中です。書き切れないのでまた来週ね。で、音声通話不要って書いたのは、高性能だけあってカメラとして使っているとバッテリーの使用量がかなりあるわけです。電話として使うなら、写真撮ってるうちにバッテリーが減って肝心のスマートフォンとして役立たなくなるわけですよ。緊急通話用ならまだしも、現実的にはカメラとして持つことをオススメする次第です。

  • -
  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    follow us in feedly
PAGE TOP