AppleWatch Series3とAirPodsはライフスタイルを変えるか、そしてズバリ、買いか!

2017年10月30日

iPhone8はiPhoneの歴史でもっとも売れていないそうで、iPhoneXの予約が始まりましたけど、全面ガラスと顔認証が付いてるだけで14万!!!となると買うのは信者と単にガジェット好きだけだろうと推測しているわたしです。

iPhoneの基本的進化はApple Pay積んだiPhone7でカンストしており、iPhoneXに変えようがライフスタイルは全く変わらない。このあと、折り曲げられようが三分割にできようが、基本機能が変わらなければ全くもってライフスタイルは変わらない。だから自分はずっと「スマホの使用時間が圧倒的に延びる以外、ライフスタイルが変わることはない」と言い続けておる。ユーザーの一番の不満がバッテリーの持ちだから、ここを根本的に解決するモデルこそが次世代のモバイル、次世代のスマートフォンなんである。燃料電池ですかねぇ・・・。

テレビだろうが、洗濯機だろうか、ウォークマンだろうが、スマホだろうが、生活を一変させるものは一気に浸透して何億台も売れる。そういう意味ではAppleWatchSeries2以降も、使ったからと言ってせいぜい電車改札でiPhoneを取り出さなくていい程度しか変わらないから、爆発的には売れないと思うんですよ。

とはいえ、まったく使わないでアレコレ言ってるのも負け惜しみ臭い。身銭を切って使ってみたら、はたしてライフスタイルが一変するかもしれないじゃないか。ということで、AirPodsとAppleWatch Series3セルラーのステンレススチールを買って使った体験レポート行きます。

ジムのトレーニング用にまずはAirPods買ってみた

大人気でヤフオク!やAmazonではせどりさんたちが高価転売している。


こちらがヤフオク!
Amazonはせどりさんたちがだいたい2万円で販売してます。んが・・・・
いまや即納 www

自分はヨドバシカメラで買いましたが、家電量販店はどこも在庫あります。Appleストアにも在庫あるけどポイントが付かないから量販店を推奨。ww AppleWatchも同様です。


いつも「音楽は苦手」といってる自分ではあったが、筋トレやランニングマシンではやはり音楽聴いてテンション上げた方がいいだろうというわけです。
有線でスマホと繋いで走ってる人が多いが、ランニングマシンならともかくも、バーベル上げるときにそりゃ危なすぎる。たぶんトレーナーに止められる。

着けてる人をあまり見たことがないので説明すると、実はケースがバッテリー付になっていて、ライトニングケーブルで充電するわけさ。イヤホンを外すと自動で電源オン。使い終わって差し込むと自動で充電開始。これはなかなか良い。いままでのBluetoothのイヤホンはバッテリーが切れるとやっかいでした。
で、ケースは白くて特徴が無いのでバッグに入れるとすぐ見失う。
こういうシリコンケース買いましょうね。

セッティングは非常に簡単で馬鹿でもできる。iPhoneの近くでケースから取り出すと「ペアリングしますか」となってOKでおしまい。これでiPhoneとペアリングされているAppleWatchでも使えます。AppleWatchも音楽入れられるから、ジムでのトレーニングはAppleWatchとAirPodsだけでよく、これはジョギングとかクライミングとかでもいいわ。この系統の趣味の人ならライフスタイルはちょっと変わるかも。ということで次にAppleWatch Series3にいくが、ひとつだけ。

AppleWatch Series2では、AppleWatchのワークアウトを起動して計測しながら音楽を聴くと、時々音楽が停止してしまった。メモリの容量かCPUなのかはわからないが、Series3では起きない。走りながらならまだ良いが、ランニングマシンは途中で立ち止まれないのでけっこう面倒だった。

で、使ってみた結果ですが、かなり快適です。音楽に興味ないはずがアルバム 10枚くらい買ってしまいました。どういうの聞くんですかと言われるので1枚だけ紹介しておく。ただしこれはワークアウトには向いてませんよ。

AppleWatch Series3 セルラーはライフスタイルを変えたか

結論から先に言うと、Series2と全然変わりません。ww 買い換える意味ない。ww


赤いボタンがちゃっちい。これ、シルバーにしたい。異常にダサイ。
自分が買ったのはSeries2と同じ、お値段は高いけど傷の付きにくいステンレスケースだが、到着して手に持った瞬間

重たっ!!!

調べたらSeries3のセルラーは
縦:38.6 mm
横:33.3 mm
厚さ:11.4 mm
ケース重量:42.4 g

Series2  ステンレス
ステンレススチール – 38 mm
縦:38.6 mm
横:33.3 mm
厚さ:11.4 mm
ケース重量:41.9 g

気のせいだっ!!!

ケースがシルバーからブラックのにしたのでその印象かもしれん。

で、セットアップだが、前々から思うのだが、AppleWatchのセッティングってITリテラシーの低い人だと相当にキッツいと思うよ。パソコン無くてiPhoneだけでググることも知らないヤンキーレベルだとかなり苦労すると思う。
AppleWatchどころか、Apple Payの設定とか無理なんじゃない?わざわざApple Payのためにクレカを作っちゃうと思う。SuicaアプリでアメックスだろうがDinersだろうがApple Payが使えるのに・・・・・(ヤンキーは持ってないと思うが)

今回はしかもセルラーだから、日本だとdocomoとauとSoftBankしか対応してない。格安SIMをiPhoneにいれてる方達は、そもそもAppleWatch Series3買ってもセルラー機能が使えないのであーる。
で、セルラー機能を有効にするためにはSoftBankだとオプションのVoLTEオプションと月350円のモバイル通信サービスにマイSoftBankから加入しないといけない。VoLTEがどこにあるのかよくわからなくてしばし探す・・・・。で、申し込んでも10分くらいたたないと開通しない。

そんなこんなで、無事完了。Suicaも使えるようになりました。んで、肝心の通話機能ですが・・・・

1 そもそもiPhone持たずにAppleWatchだけの時ってどういうとき?

2 自分はジムとプールの時のみ。あとはiPhone持ってる

3 ひょっとしたら朝ランやる人はAppleWatchだけかも

ということであるが、考えても見てください。ジムのトレーニング中はそもそも携帯の通話は禁止だから着信切ってる。プールで携帯で喋る馬鹿がいたら大ひんしゅくだし、そもそも禁止されてる。考え得るのは早朝のジョギングだが

早朝に電話掛けてくる奴がいたらめちゃ非常識!!

ということなので、1週間使っていまだ1回もAppleWatchに電話かかってきません。www いみねー!!

また大半のアプリはユーザーが少ないため携帯の通信網には対応しておらず、こちらに出てましたけどソーシャルは全滅です。まあWatchでカキコする気はないので対応しなくてもいいよ。自分が使ってるのでは乗り換え案内はWatchにはインストールしてないので、インスタールしてあるうちではサイバードがやってるサーフィン&波情報「なみある?」のみ。はからずもサーフィン系!! ww だが、波情報のほうには謎の「ワークアウト」という機能で、これはひょっとしてコレ着けてサーフィンしろというのか・・・

海に入ってるときにほかのポイントの波情報見ても仕方ないし、ワークアウトってこんな奴でした。

いまだかつて海でAppleWatch着けてる奴は見たことがないので、誰か使ってんのかな。謎です。いずれにせよ前にも書いたけどベルト換えないとすぐ落としそうです。

そんなわけで、Series3になってもライフスタイルは全然変わらないし、「好き者の所有物」から一歩も出てないことをここに宣言したいと思います。好き者のみんなは買ってください。

AirPods買ってランニングしたい方は、こういうストラップは絶対買ったほうがいいです。なにかの拍子に落として下水口とか十分ありそうです。

  • -
  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    follow us in feedly
PAGE TOP