大塚家具はモルヒネじゃなくてシャブを打ってるんだよ。今日、麻薬と覚醒剤の違いを理解しよう!!

2018年11月11日


デイリー新潮で

大塚家具“在庫一掃セール”で売上高アップ、「モルヒネ注射」はもう止められない?

というのがありまして、「モルヒネ注射」がおかしいだろうで散々突っ込まれています。

しかしセールを行うごとに、売上の山が小さくなってきたことは明らか。小売業にとってセールは、一時的には効くモルヒネ注射のようなもので、経営の立て直しにはつながらないのですが、それでもやり続けるしかなかったのでしょう。

モルヒネというのは

アヘン → モルヒネ → ヘロイン

と精製によって進化(w)する麻薬です。打ったら気持ちよくなってぼーっとして寝てしまいます。ww 痛み止め程度で効かないときにモルヒネ使って苦痛から解放するわけで、打たれたら夢見心地です。在庫セールやって寝てどうする。ww

五本木クリニックの桑満先生が医師として突っ込んでます。

「モルヒネ注射を止められない」と表現された大塚家具の記事が気になりました。

これはモルヒネじゃなくて「カンフル剤」だろというツッコミが多いのですが、カンフルはもともと樟脳のことで、昔に強心剤として使われたんですがいまは使われていません。よって本来の言葉の意味としてはおかしいし、中毒症状もないから「やめられない」という言い方もおかしい。だいたい自分ではカンフル剤打たない。ww 使うなら

「シャブ」はもうやめられない

だろうさ。
覚醒剤、つまりシャブは戦後はヒロポンといって薬局で合法的に買えた。もともと工事用労働者の生産効率を上げるために作られて、タクシー運転手などの夜間勤務する人たちがヒロポンを打つとシャキッとして働けるようになる。そう、覚醒剤とは「覚醒したと誤解するから覚醒剤」なのです!!!その対価として一時的には動けるが健康を損なって廃人になってしまう。大塚家具はそれだという記事なら「モルヒネ」ではなくて「シャブ」が正しい。悪いと思っていながらセールを繰り返すのが止められないという記事でしょ。

覚醒剤は麻薬じゃなくて覚醒剤だよ。w

日本人はほとんど分かってないから本日は、麻薬と覚醒剤とついでに大麻の簡単な復習です。定義にはいろいろありますが、Wikipediaに良い感じのがありました。

「定義1」では麻薬は「麻薬性鎮痛薬」という意味で使います。
定義2は規制された薬物という意味
定義3は麻薬取締法における、「日本の法律上の麻薬」。覚醒剤は覚せい剤取締法という別の法律で規制されています。しかし厚労省の麻薬Gメンは麻薬と覚醒剤の両方を取り締まります。名前変えた方が良い。w 自分は定義3で書きますよ。

まず「麻薬性鎮痛薬」としての麻薬ですが、古くからあるのがケシから採れるアヘン。これを精製してモルヒネになり、さらに精製してヘロインになります。アヘンは大東亜戦争の前に当時の清で広く使われてましたよね。
面白いのでこれは必読

アメリカだとヘロインはアフリカ系回りやそれ系のアーチストが多いですよね。

これにたいし、ポールマッカートニーとかミュージシャンとか白人ビジネスマンはコカイン。白い粉を鼻から吸うヤツです。南米のコカの葉から作ります。現地ではコカの葉っぱを噛んでいたはず。麻薬に分類されますが、ヘロインとは違って精神的に高揚するのでやったことはないけど効能的には覚醒剤に近いのかな。よく知らんけど。

要するに、精神的にだらーーーんなるヘロインはアフリカ系に好まれ、精神的に高揚するコカインは白人に好まれ、シャッキーーーッとする覚醒剤は日本人に好まれるという感じでしょうか、よく知らんけど刑事小説の受け売りです。

大麻は麻薬じゃないんだよ


これにたいし、大麻はご存じマリファナ。「麻」です。麻は昔から衣類の生地に使われていてセキセイインコの餌にも入っていまして自然にも生えてます。北海道や東京近郊では相模川の河川敷にも自生しているようです。もちろん摘んで回ったら逮捕されますが日本の自生のは成分が非常に弱いらしいよ。

日本では「大麻」と呼ぶのは、わざと麻薬と混同させるようにして「怖いもの」という認知をさせるためという説があるが、たぶん正しいんだと思う。世界のいろいろに国や州で大麻が合法化されているが、これを「体にいいから」とかいう人たちもいるがそんなことではなくて

カナダの首相は


「私たちの子供たちがマリファナを手に入れたり犯罪者が利益を得ることはずっと簡単だった。今日、我々はそれを変える。大麻を合法化し規制する我々の法案が上院を通過したところだ」
とツイートしています。

大麻がアルコールと同じくぽわわ〜んとなるのは当たり前で、運転や仕事の時はどうするということはおいておいても・・・

1 認可して規制することで青少年に渡る機会を減らす
2 犯罪者の資金源を断つ
3 税収を稼ぐ

ということで、なきゃないに越したことはないのだが、仕方なく合法化するだけである。別に素晴らしいから解禁するわけではない。

大麻合法化のカナダ、社会はどう変わるのか

で、日本ではどうかということだが、そもそも日本で大麻を厳しく取り締まるのは、大麻に手を出すと次は麻薬や覚醒剤に進行するのがわかっているから。そして日本の反社会的組織は安い大麻ではなく北朝鮮からの高い覚醒剤で稼いでいるので、解禁しても1と2の効果はなく、他の薬物にステップアップする道を広げるだけである。だいたい大麻を解禁して渋谷のハロウィンの騒ぎがもっと拡大することを考えたら絶対に解禁はないと思います。w これ以上DQN増やしてどうするんだと・・・・。

しかし、現実にはタバコが違法薬物のステップになっていると言われており、そりゃそうだ、喫煙もしたことないのに違法薬物やるわけないよね的な話もあるのでございます。

タバコとその先にある「危険ドラッグ、違法薬物」

話がグタグタになりましたけど、そんなわけで

仕事がうまく行かないときにモルヒネ打ったら朦朧とするだけだ

と書いて本日は終わりです。筋トレ行ってきます。

メキシコの麻薬カルテル恐いよう・・・・コレ見たらトランプが壁作るというのも分からないでも無い気がする。暇ならぜひ!!! けっこう面白い。

  • -
  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    follow us in feedly
PAGE TOP