【続】2011 MacBookProがSSD換装とメモリ増加でサクサクになった

2018年11月17日

この間書いたヤツ・・・・

2013 iMacの1TBハードディスクを2TBのSSDに換装して貰ったら激速で買い換え不要になった


64000円の投資で結果として

いままでの無駄な時間を返せ!!!

になりました。
立ち上がるのも瞬時。いままで再起動したら15分くらい待たないといけなかった時間、ときおりレインボーカーソルが回り続けてまたまた再起動してキャッシュクリアとか、調子悪くてOSの再インスートルとか、年間で考えたら何十時間も損していた感じ・・・・。ホントだよ。

で、そういえばウチには2011年のMacBookProがうち捨てられていることを思い出した。起動も激遅くて「読み出し/書き込み」に時間がかかるため、亀のように反応が遅いので放り出してあったのである。
仕様はこちら

2.3GHzデュアルコアIntel Core i5プロセッサ(3MB共有三次キャッシュ)に4GB(2GB SO-DIMM x 2)1,333MHz DDR3メモリが積んであった。4GBと目を不疑ったが、搭載は4GBであった・・・・・www たしか震災のあたりでメモリがなかったがなんかのような思い出・・・・。今回はついでにメモリを増設して、さらに7年も経過しているバッテリーを交換してもらうことに。

320GBまたは500GB 5,400rpmシリアルATAハードドライブ(オプション:500GB 5,400rpmハードドライブまたは128GB、256GB、512GBソリッドステートドライブ)という選択であったが当時はSSDがめちゃくちゃに高かったので320GBのHDなのであった。

Time Machineにバックアップを取りつつ指定されたSSDとメモリとバッテリーとSSDをAmazonで購入。これは念のために開けて確認してからにしました。


バッテリー7290円


メモリは11080円

そしてSSDは

500GBなので9890円

合計パーツ代 28260円

リカバリーの儀・・・・・
コマンド+オプション+Rで立ち上げると、そのままネットにつながって新規インストールするか、TimeMachineから復帰からを聞いてくるのでバックアップのTimeMachineを選定。


3時間経ったらサクサクのマシンになっておりました・・・・いや、普通に早いんですけど・・・・・
OSはMojaveははいらず1つ前のHigh Sirraになりました。

あんな、クッソ遅くて使いようが無かったMacBookProが本当に普通に主力マシンとして復帰・・・
工賃はと言うと・・・・

15129円。合計43389円!!!!

これ、マジでいいです。マジで勧めます。
前のエントリーにも書いたけどこちらでやってもらいました。
192-0911 東京都 八王子市 打越町331-2川幡ビル102
https://www.skd.ne.jp/wp/
042-635-1231

  • -
  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    follow us in feedly
PAGE TOP