私のブログでズルトラ欲しかった人はディスコンらしいので爆安のいまのうちに買おう

2014年8月26日

DSC00310

こんにちは。6.4インチのファブレット、SONY Xperia Z Ultra(通称ズルトラ:勝手に付けた)の伝道師の永江と申します。
このズルトラのおかけで、わたくしはiPad miniとiPhoneの2台持ちから逃れることができました。大変に感謝しております。さくさく動くし、読書も楽だし、iOSにはないGoogle純正のappもとっても使いやすいです。この間analyticsのiOS版は出たけど、AdSenseのアプリはandroid版のみだよね。

IT業界にいるとエンジニア系の人はAndroid比率がめちゃ高いことに気づく。NexusかXperiaですね。ちなみにこのブログもAndroid比率が高い。モバイル比率はiOSとAndroidは2:1なのです。ちなみにアクセスしていただいてる企業のベスト5はIPアドレスで見ますと

1 日本電気 
2 日立
3 東芝
4 Yahoo!
5 SONYとGMO

でございます。書いちゃったよ・・おいおい。ちなみにマスコミ・広告系では特に博報堂の皆さんに愛されているようです。皆さん、こんにちは。

さて、年末くらいにでかいiPhoneが出るらしいとの噂ですが、でかいと言っても5.5インチ。これなら現行のXperia Z2が5.2インチなんでほとんど変わらない。少なくともスマホがどんどんでかくなってる現況ではファブレットと言えるかどうかギリギリではないかな。

SamsungのGalaxy NOTE3が5.7インチですが、SamsungはCPUの速度を偽装しているのは有名な話だし、アイスバケツチャレンジを商売に利用して防水では無いiPhone指名という時点で次の選択から完全消去。どんなバックドアがあるか分からない中華スマホは絶対買う気にならないし、自分が次のを買うとするとSONYかAppleかNOKIAかまさかのBlackberryしかないのです。選択範囲狭すぎ!!!

しかし、もうすぐ発表になるXperiaのZ3の情報を収集していると、6月に報道された「ズルトラはディスコン(モデル落ち)になる」というのがだんだん信憑性を帯びてきた。このまとめがだいたい網羅しているのだが、全くUltraの情報が出てこない。それどころか小さいタブレットがでるのでそれで我慢しろ的な報道まで・・・

おかしいだろ!!

ズルトラは売れてないのかというと、意外と日本では売れている。BCNランキングで見ますと、auではまだ11位に付けてます。GalaxyのS5より上にいます。実はこのブログ経由でAmazonのアソシエイトで売れた台数知ったらSONYの人はバック宙すると思う。つまり「きちんとアピールすれば絶対売れる要素を持った商材」なんである。

グローバルではどうかよく知らないのだが、ギズモードに出てたこれ

iPhone大型化は必然? スマホ画面サイズの変遷を可視化

見ますと、世界的にもスマホの大型化は凄い速度で進んでます。すごいグラフが出てたのでお借りします。

140531_phonesize2
可視化すると凄い。リリースされたスマホのスクリーンサイズを見ると、どんどんでかくなっている。濃ければ濃い方が大型のスマホで、いまや5.5インチ以上が30%以上になってます。つまりユーザーの「大型化志向」というのが強いわけ。

この中でズルトラは異彩を放っていた。世界最大のファブレット。しかも中華でも韓国勢でも無い、日本のメーカーのである。これがディスコンになるとすると、SONYの得意技であった「尖った人向け」というのがまた1つ消えてしまう。マジョリティは大事だけど尖った人もSONYには大事ですよ。

そんなわけでズルトラいいなと思ってた人は、3万円台まで下がってる今が買い時です。SIMフリーのを買うと、docomoとSoftBankの人ならSIM入れ替えるだけで使えます。海外でも使えます。

auの方はSIMフリー版はだめなようなので、auから出てるSOL24の新品をどうぞ

海外からのはこのドックが付いてないので買った方がいいっす

そんなわたしは、これから何を買えばいいのだろう・・・・ぽつり・・

  • -
  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    follow us in feedly
PAGE TOP