AppleWatchで健康管理スゲーとかいってるApplea厨よ目を覚ませ、GARMINはレベルが違いすぎる

2019年1月28日

と、最初から煽ってますが、わたしも目を覚ましたのは先週ですから・・・ww
先週からGARMIN fenix5Sを使い始めまして、AppleWatch 4 セルラーはずっと充電器に刺さったままです。もう使わないと思うので売却検討中・・・・。

Garmin fenix 5Sを使ってみたらAppleWatchは子供のおもちゃでした。マジで


すでに2週間くらい経過しますが、AppleWatchとの差、AppleWatchのほうがいい点なども比較して書きます。

で、最初に言っときますが、AppleWatchは文字盤さえ決めればあとはほとんどイジる部分がありません。機能は低いのですが誰でも使えます。Apple PayとSIMの設定が少し手間なだけ。しかしGARMINとなりますと、2週間経過しても不肖わたくし、まだ機能の半分くらいしか理解してないのです。どんだけやねんという感じでございます。まずは簡単に比較をしますと

◆難易度
AppleWatch 簡単
GARMIN かなりリテラシーが必要。マニュアルは必読でかなりのボリューム

◆拡張性
AppleWatch ほぼなし。アプリも通知ばっかり
GARMIN 物凄い。そもそも設定が凄く細かい

◆価格と性能
AppleWatch 基本モデルは安いが高級モデルもケースが違うだけで中身は同じ
GARMIN 高級モデルになるとどんどん機能が増す。わたしのは定価64800円でAppleWatchの約2倍。

◆バッテリー
AppleWatch GPS使うと2時間待たない。使わなくても1日半
GARMIN GPS使っても12時間は持つ。光学脈拍計をオフにすると28時間(実際にはGPSと光学脈拍計で1時間半で15%くらい減りました)

◆堅牢性
AppleWatch 50メートル防水。ベルトは外れやすい
GARMIN fenix5Sは100メートル防水でかなり堅牢

◆いたれりつくせり
書き切れないんだけどGARMINはワークアウトやスポーツ中に勝手にボタンを押さないようにロックできる。AppleWatchはそれがないのでワークアウトやスポーツ中にボタンに触って勝手に終了とかよくあった。

◆電子マネー
AppleWatch あり
GARMIN GARMINペイがあるらしいが日本ではダメでしょ

で、まとめるとApple WatchはSuicaが使えるのとMacのロックを解除する機能、電話に出られることだけが勝っているが、自分はiPhone8 Plusだから別にAppleWatchなくても不自由ではない。どうせポケットにはいってるしね。

比較にならないライフログ機能

AppleWatchしか使ったことがない人は、「AppleWatchすげえ、睡眠時間も計ってくれる」とかいうのですが、そもそも寝ている時も使うと朝になったらバッテリーなくなってるからたいていは外して充電して寝てるはず。で、たとえばAppleWatchだと


こんな感じで睡眠時間が出ます。
これがGARMINになると


深い眠りと浅い眠り。夢を見ているレム睡眠と、睡眠の質まで計測しているのです。午前3時くらいに愛犬にオシッコをさせるために数回外に出でてそのあとも寝付けず寝たりおきたりしてるのがよく分かります。この間、朝方に変な夢ばかり見たときはその通りに計測されていて驚きました。

これがアクティビティになるともっと顕著で
プールで水泳するとこれがAppleWatchで

単に時間と距離とカロリー程度ですが、GARMINになりますと



ストロークやらラップやらを全て計測。だんだんペースをあげて泳いだとか、そういうのも

こういう感じです・・・・・。
わたしがAppleWatchとは子供のおもちゃとPC位違うと書いたのがおわかり頂けますでしょうか。

サーフィンでも使ってみた

AppleWatchは付けてサーフィンしてるコマーシャルがありますが、そもそもウエットスーツの上に付けると光学脈拍計が作動してロックされてしまいます。素肌に付けてもGPSで計測しようものなら2時間もバッテリーが持たないで終了します。これはAndroid Wearでも同じです。したがってサーフィンで使うのは実際には無理でしょう。

最新Nixon The Mission Android Wear スマートウオッチを試した(たぶん日本で最初)

で、サーフィンにはいままで専用のRipcurlのが一番だったのですが・・・・

専門性を追求したスマートウオッチRipcurl SerchGPS 2が4年前の初代から爆進化していて驚いた


GARMINだと同等かそれ以上の事ができるととうので使ってみました。

GARMIN社にはサーファーはいないのでデフォルトでは「屋外スイム」と「SUP」(スタンダップパドルボード)がインストールされています。このSUPにサードパーティの

を入れます。入れ方はこちらを参考にしましたがとにかくわからない。

Garminの設定画面に入り、Setting – Apps – SUP – SUP Setting – Datascreens – Screen1 – Layout – 1 Fieldに設定
Setting – Apps – SUP – SUP Setting – Datascreens – Screen1 – Edit Data Field – Connect IQ – SurfTracer2を選択

って・・・・コレ英語だけどこちらのは日本語だし、もう一回やれと言われてもできる自信ないわ・・・・ w
ということで昨日、試してみました。寒くて1時間で上がりましたが・・・・インターフェースはさすがにサードパーティなのでなんだかわかんないようなやつで、早く純正のOSがアプデされてサーフィンが追加されるように強く希望しますが・・・スノーボードとかはもともと付いています。


見事に記録されていて


軌跡もこのとおり。そしてリップカールとは桁違いの細かなデータが取れてます。

まあ、はっきりいってライフログを取ったり、スポーツやアクティビティで本格的に使うならGARMIN一択ですね・・・
山登りだとマップまででるこれが人気のようです。サイクリングもね。ただ、ちょっとでかい。

これは最新型なんですが、fenixシリーズと比較して機能はどうなのか、興味ある方は調べてください

  • -
  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    follow us in feedly
PAGE TOP