日本のコロナ対策の最大の失敗はこれだ

2022年1月3日

2022年は歴史に残る大波の年です。この大津波をなんとか一緒に知恵を絞って乗り切りましょう。
わたしが主催しています「21世紀を生き残るための永江 虎の穴塾」では塾生を募集しています。希望者は毎月30分。わたしと1:1でzoomでブレストができます。ビジネスモデルの相談はもちろん、転職や自己PR、招来の方向性などの雑談でもOK。月1のイベントもなかなか好評です。

日本の誤ったワクチン指針がいまも響いている

いま、日本人は海外に旅行に行けるのに、外国人は入国できないという馬鹿げた規制を岸田内閣はずっと続けています。「慎重な上にも慎重」とまで言っているのでぞっとしますが、下手したら夏の参院選まで鎖国を続ける気ではないかと思うくらいです。

岸田総理は少し増えだしたらためらわずに緊急事態宣言を出すつもりだと厚労省が言ってるという報道がありました。東京で100人くらいの新規陽性で重症が1人、死者もゼロのレベルで緊急事態宣言。働いていない馬鹿は大喜びでしょうが、そんなことをしたらもはや崖っぷちの日本経済はとどめを刺されます。先進国でこんなお馬鹿なことをしているのは日本だけなんです。

今年は企業によってはコロナの貸し付けの返済が始まります。延期して貰うにしても数年で借金で首が回らなくなって倒産が続出するのは明白。加えて海外の好景気で世界的な物価上昇。乗り遅れた日本の超円安なのに材料、部品が調達できず生産ができない企業の業績は悪化。給料が上がらないのに物価だけが高騰するスタグフレーションがすでにやってきています。

それなのにどうして岸田政権は、「慎重にも慎重」「ためらわず緊急事態宣言」のような経済をぶっ壊す施策を取り続けるのか。しかも日本は先進国でも突出してワクチン接種率が高い。しかもファイザーとモデルナという一番効果の高い事が証明されたワクチンです。韓国ではアストラゼネカのワクチンの有効期間が短くブレークスルーが多発しましたが、日本はいまだほとんどゼロコロナに等しい。はっきりいって

日本はコロナに勝って経済で負けた

というのは間違いない。ではどうしてこんなことになってしまったのか。

そもそもワクチンを感染防止としたのが間違い

厚労省は初めから

といっており、「感染防止効果はある」とはしていなかった。「臨床実験で確認できるのは稀」としており、ワクチンは重症化防止が目的であり、感染防止は期待しないように
というのが見て取れる。

厚労省の専門家が集まったワクチン分科会でさえ


としており、あくまでワクチンの目的は「重症化防止である」としているのがわかる。

ところがワクチンの治験結果が出てくると、一部の医師が「感染防止効果がある」と断言しはじめた。某手洗いなど「95%に発症防止効果がある」という発表を「95%に感染防止効果がある」とSNSで大々的に広めた。このグループは追及されると「動物実験ではあった」まで言い始めた。

ワクチンの専門家までが

ワクチンによる集団免疫の獲得が唯一現実的な方策だ疫学者が見た新型コロナとワクチン鈴木貞夫 名古屋市立大学大学院医学研究科教授(公衆衛生学分野)

これは接種したものの95%にワクチンが有効という意味ではない。ワクチンが有効だった割合をワクチン群で研究期間中に感染しなかった割合とするなら、それは(2万-8)/2万=99.96%で、95%よりはるかに高い。なお、この試験のエンドポイントは「感染」であり、このワクチンは感染を予防する。時々「重症化予防はするが、感染予防はできない」というネット情報を見るが、間違いである。逆に、いったん感染した後の重症化予防効果については、この試験からは不明である

と、完全に

mRNAワクチンの効果は感染防止である

といいはじめ、テレビのコメンテーターや出演している医師までが「コロナにかかりたくないならワクチン打ちましょう」といいはじめ、国民のワクチンに対する認識も「感染しないため」という風に変貌してしまったのだ。
埼玉県の調査でも

7割が「感染したくないからワクチンを接種した」と回答しており、そもそもの目的が「感染防止」に置き換わってしまったのが分かる。

極めつけは河野大臣である。手洗い君と話した後「ワクチンを打てば感染しない」「世界中でワクチン要因で死んだ人はひとりもいない」(インフルエンザワクチンだって死者出てます・・・いないわけが無いでしょう)など、ワクチン激推しとなってしまった。

ワクチンの目的が感染防止になった弊害

一昨年から自分はこれはマズい傾向と考えていた。

ワクチン接種は社会を正常化する唯一の解であるのは間違いない。実際、ワクチン接種率の低いロシアではいまだ1日1000人の死者が出ている。インドやインドネシアは接種率が低くても収束したが人口あたりの死者は高齢者がほとんどいないのに日本の5-6倍。日本で第5波で高齢者にワクチンが間に合わなかったらかなりの死者が出たはずだ。しかしだからといってワクチンの目的を感染防止にしてしまったら、そうでなくなったときに永遠にコロナ禍から抜け出せない。
実は一昨年からかなりの懸念があり、こうしたブログを書いていた。

ワクチンを国民全員に接種したらコロナの感染者はいなくなるのか → そんなわけ100%ない

ワクチンには確かに感染防止機能もあるだろうが、それはあくまでおまけである。抗体価が下げれば再感染はするし、もちろん完全ではない。しかし感染防止をワクチンの目的にしてしまうと「ワクチンを打っても感染してしまう」となればコロナ禍は永遠に終わらない。それがいまの日本である。

ワクチン効果が感染防止ならコロナ禍から抜け出せない

東京の重症者はもはやひとりしかいないのに少し新規陽性が増えると怖がりまくる。本来の目的の「重症化防止」は機能しているのに、「感染防止」という誤った認識ゆえに感染拡大を異様に警戒するのだ。
当のイギリスは


陽性は増えても死者は増えないのでみんな平常運転です。

しかしワクチンの効果が「感染防止」になってしまった日本は、外国人の入国禁止にいまだマスク強要。厚労省によると岸田総理は「躊躇なく緊急事態宣言を出す」そうです。たとえ重症者がひとりでも出しそう・・・・・なんのために日本人は人口の8割以上もワクチン接種をしたのか・・・

昨日の東京です。

重症はたったの50代1名 たぶんワクチン未接種

感染者のワクチン接種についての状況

都内はほとんどオミクロンのはずなので、80%を超える接種者の感染が43人。たった2割の未接種が27人なのでコレだけ見るとワクチン未接種は接種者の2倍程度感染しやすいということになり、感染防止効果は本当にオマケ程度です。

ワクチンに感染防止効果はなかったかというとデルタまでは確かにオマケとしては十分だった。

未接種は接種済みの6-8倍は感染しやすい。が、接種済みも感染する。だからせっかくワクチンを打ってもマスクを強要、ソーシャルディスタンスにアクリル板という「感染しないための防御」に全力だ。そう、弱毒化したオミクロンに置き換わったのに

ワクチン打っても感染するからワクチン効果がなくなった

と、大多数の国民は認識しているのである。これでは永遠にコロナ禍の意識から抜け出せない。経済の復活も期待できない。

感染防止できなくなったら子供に接種の意味がないのでは?

おかしなことに、子供にワクチン接種をする動きが加速している。

しかし考えてみたらこれは完全に理論崩壊である。
欧米では子供が数百人単位で死んだ。だからワクチン接種するのはわかる。が、日本はゼロ。重症化するのは基礎疾患があるごくわずかなこどもだ。かつてYahoo!ニュースで高名な医師は

「子供にとってのワクチン接種のメリットはリスクのある人にうつさないこと」

と断言していたはずだ。コレも本来はおかしく、リスクがある人がワクチン接種をすればうつされても重症化しないのだから問題ないはずだ。しかしさらにいまのワクチンではオミクロンは感染防止効果は相当に低い。この理屈だと

子供にワクチン接種する意義は全くない

ということになる。ブースターにしても、そもそもワクチンは重症化を防ぐものであるなら、オミクロンで重症化するリスクのある人が打てばいいだけで、そうでないなら必要がない。

日本の経済破綻はおそらく免れない。この責任は「ワクチンの目的は感染防止にある」と、ワクチン接種率を高めたいためにリテラシーの低い人を騙した専門家にある。そしてそれに洗脳された河野大臣のような政治家だ。この認識を変えないと、先進国でもっともワクチンを接種したのに永遠に日本はコロナ禍んら抜け出せない。こんな馬鹿馬鹿しい状況に陥れたのに、全く反省もない専門家には本当に呆れるばかりである。

お店に入るのにマスクを強要されるが自分はマスクが本当に嫌いである。とにかく息苦しい。アンダーアーマーの3000円もするマスクを買ってみたら、鼻がマスクに触らず空間ができる。非常に楽だがなんでこんなことまでしなきゃあかんのかと情けなくなっている自分がいます。

  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 99
    follow us in feedly
PAGE TOP