赤ペン先生が激バカ情報商材のスパムを添削しちゃうよ!

2013年6月26日

その昔。mixiで「エロメール添削 赤ペン瀧川先生」というコミュがありまして、大変賑わっておりました。やっていたのは役者の瀧川 英次さんで、あまりに面白いため新大久保のライブもお金払って見に行きました。ライブ前に韓国焼き肉食べてライブ中に雪が降って帰りに熱が出て死にそうになったという楽しい思い出です。先生の芝居も下北沢に見に行きました。一緒に1回だけです、芝居というのを見たのは・・・先生お元気ですか、その後頑張っていらっしゃるのでしょうか。

61arU3EaR4L

DVDになってた!!!

当時、旦那がアフリカでワニかなんかに食われた未亡人からのメールとか、どうひいき目に見ても商売より読んだ人を楽しませようとする?スパムがたくさん来たのであるが、最近では「バカを騙そう」という金儲け臭しか感じられないスパムばかりとなり、殺伐としております。これでは添削のしようも無い。そんなおり、わたしの友人の滝口くんのもとに、めちゃくちゃ突っ込みどころ満載のスパムが届いたというので、わたくしが瀧川先生をパクって赤ペン添削したいと思います。先生、すいません。

まず、ネット上で情報弱者(というより単に脳みそが不自由な方)を対象に猛威をふるっている情報商材であるが、ひとつの共通したストーリーが見られます。それは、こういう流れです。ここを理解しないと面白さがいまひとつわかりません。

1 自分はダメダメ人間で、破産したりクビになったりした

2 そこから情報商材を売り始めて大儲けした
→ここで自分がいかに大物かを力説する

3 このノウハウをあなたにも親切に教えます

というものだが、1から2まではまだしも、3を信じる人の思考回路がわからない。自分で売って大儲けをしたのであれば、誰にも言わないで売り続けるでしょう。それを他人にたとえ金を取ってでも教えると言うことは、「教える方が自分でやるより金になる」という簡単な理屈なわけ。この方法をバカがバカに教えて、さらにバカを食いつぶそうとしていくわけだ。しかし世の中にはそんなにバカはいないので、儲かるのは一番上だけというマルチと同じ結果となる。というかれっきとしたマルチ商法のメカニズムである。かくして騙されたバカが、支払った金を取り戻そうとスパムを打ってくるのである。

それでは赤ペン添削を始めたいと思います。

まず、このスパムメールはbma.fofa.jpというサーバから来てます。このサーバを見ますと、サーバはエイケア・システムズ株式会社というところのものです。MailPublisherというサービスをしているところですが、もうちょっときちんと管理をしてほしいものです。情報商材系の皆さんはリテラシーが低いので、中国のボットを使ったり、送信サーバを詐称したりができません。日本のメール配信会社を使います。しかし配信会社もスパム打てば未達が多数出るだろうに、どうしてユーザーが報告しないとわからないのだろう。

ちなみに返信先はカゴヤです。このブログと同じサーバ会社です。スパムを打つサーバと自分のメルアドは別のサーバに置いて、スパムを打っても自分のメルアドが取り消されないようにしています。でもあとでカゴヤの営業担当には報告しておきますよ〜(^^)/

スパムメールのサブジェクト

【MC通信】今だけ「利益度返し」

いきなりきました!! バカ全開!!
滝口さんも意味が分からず、ちゃぶ台返しか、仏壇返し(辞書で引け)と思ったそうです。

しかし、相手がバカだと思うと、意味が分かりますね。はい。
「利益度外視」の間違いです。小学校の国語の成績はひどかったと断定。いきなりサブジェクトから飛ばしてくれました。これは期待できます。

*****************************
お世話になっております。
株式会社MTSの××直樹です。

先日の昼12時から募集を開始した
“月刊「××」”ですが、
予想以上のハイペースでお申込みが続いています。

■月刊「××」・先着1000名限定募集:
http://××.kir.jp/mts/××.htm

****************************

すごいですね。1時間20万円とっていたコンサル内容を1380円で先着1000名様にだそうです。1380×1000=138万!!!
これで利益度返し(爆笑)だそうです
しかしサーバは仮のサブドメイン。いつ削除されてもいいように準備は万端です。

***************************

私は、半年先まで予約で埋まっている
1時間20万円のコンサルティングを手放しました。

そして、利益を捨てて、下手すれば赤字になる
「1,380円」という価格で“月刊「×山」”を
ご提供する決断をしました。

**************************

半年先まで予約で埋まっている時間20万円のコンサルティング??
半年間、実働150日×8時間×20万円
2億4000万円を捨てたですと!!!!

どうして2億4000万をやめて138万にしたのか。その理由を見てみましょう・・・

**************************

ずーーーーーっと読んでみる・・・・・

理由無し!!!
あのう・・・予約なんかはいってないんじゃないですか??

一応URL見てみると、マルチビジネスの大物との写真をたくさん並べてあたかも自分が大物のように装っている。まあ、こうしたのに騙される人というのが本当にわからないのです。

ここからは余談なので読み飛ばしてください。

ローラのお父さんが国際指名手配された件について、詐欺つながりでちょこっと書きたい。自分はローラは好きだし、ローラとお父さんは関係無いという事には同意である。しかしローラのお父さんが喧嘩して傷害事件を起こしたのであれば、同じ刑事事件でも「お父さんとローラは別」と言えるが、今回のはそうでもないと思う。

ローラのお父さんがだまし取ったのは我々の税金である。詐欺指南で儲けた金は数千万。つまりもっと多くの詐欺があった。被害者は我々で、我々が直接的な被害をこうむっているわけ。テレビでローラのお宅拝見を見たことがあるが、けっこういいおうちに住んでいた。我々の税金からだまし取った金がこの生活を支えていた可能性があると思うと、仮に全く知らなかったとしても「お父さんとローラは別」とは言えないのでは無いか。近い例で言うと、生活保護を受けながらハワイに行ってた河本のオカンと同じジャンルである。

ローラが全く知らなかったとしたら、頑張って欲しいし(父親が詐欺で国際指名手配ってものすごいストレスだろうな・・)、女の子をいじめるのは気が引けるが、河本があれだけバッシングされたわけで、ローラは可愛いから許すだと河本は浮かばれないだろうな、と思ったりしました。顔で損してます。

さて、出版業界も不況のようで、情報商材屋さんたちは自費出版、もしくは部数をまとめて買い取ることで自分の本を出版します。素人は「本が出ている」ということに騙されやすい。もちろん大手の老舗の出版社はこうした本は出さないが、専門の出版社があるわけです。信用より金というところが・・ こういうのがKindleで100円で出てると目の上のたんこぶなんだろうな。

  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 100
    follow us in feedly
PAGE TOP