【続】拝啓Facebook殿 恥汚染はSNSウイルスではないでしょうか

2011年9月11日

昨日、一昨日とブログは休日にもかかわらずめちゃくちゃなアクセス。一日数万人規模です。当初mixiページについてのYahoo!ニュースの下から当ブログにリンクが張られたのでそこから来たのかと思いましたが、そうではなくてFacebookのシェアからの広がりでした。Yahoo!からのリンクよりFacebookのほうが10倍以上のアクセスがあり、数日でFacebook経由で20000人のアクセスがありました。Facebookのアクティブユーザーは300万人と推測してますので、まあ登録者の1/150くらいの目には届いたでしょう。
mixiについてのYahoo!ニュースのページからリンクされたわけで、当然、Facebook Japanの中の人の目にも届いたはず。競合のSNSのニュースを見ないわけないしね。どうでしょうかね。

そしてFacebookページ
FB美人 調査隊

ですが、調査隊員数が数日で1000人くらいも増えまして、現在1300人くらいになってます。もう一大勢力です。どんだけの人が怒っているのか、むかついていたのか、これだけでわかるはず。

このフェイク美人たちはFacebookに広がる「悪意あるウイルス」と断言してもよいでしょう。Facebookを蝕んでいるといってもいいと思います。その理由をこれから書きます。
この際ですので、「ウイルスID」と書くことにします。

さて、

どうしてこんなアジア各国の美人女優やモデルやタレントの写真を無断で使用して、おそらく数千人にも及ぶと推測できるフェイク美人軍団を作っているのか、いろいろな情報が寄せられました。
まず、Facebookボットになっている人の友達リストを見ますと、1000人単位のこうしたなりすまし友達が見られます。いったいどれだけいるのか想像も付かないほどです。とくに狙われやすいのは、

とにかく友達申請が来たらOKしてしまう人

どうしてかといえば簡単で、なりすまし美女から友達申請が来た場合、なにも疑わずに友人申請を許可するからです。

Facebookの友人紹介システムにも非常な問題があります。このFacebookウイルスが広がることに手を貸しているのは、Facebook自体なわけですから。「この人は知り合いではありませんか」と出てくる写真に頻繁にこの手の写真が出てくるようになったのはここ数ヶ月ですが、いつも「共通の友人」は同じ人たちばかり・・笑

逆に言うと最近ではあの人の友人ってことはウイルスIDだなとわかるようになりました。わたしのブログの情報を「シェアしてくれた」人の友人にもたくさんぶら下がっており、みなさん「自分はそんな風にはだまされない」と思っていらっしゃることもよくわかりました。

繰り返しますが・・・

友人が数千人規模でいる美人はみんなウイルス

と、考えてもいいくらいです 。友人が男ばっかり。たまにカモフラージュのために女性の友達やウイルスIDをぶら下げているタイプもあります。

では、こうしたウイルスIDをずらずらと友達リストに並べているのは被害者なのか、といえば、一概にそうは言えないわけです。これはコンピュータウイルスと全く同じと考えればいいでしょう。 「あの人の友達だから安心だ」と言うことで承認される場合も多く、拡散に手を貸している側面もあるからです。つまりその人を媒介してどんどんウイルスは広まっていきます。自分の友達リストのウイルスIDを放置すると、他の友達に迷惑をかけていることを自覚した方がいいかと思います。

では、誰がこんな大変なことをやっているのか・・・・
twitterでけっこう情報が寄せられたものをご紹介します

◆Facebookのインチキコンサル系

「うちと契約してくれれば御社のFacebookページにすぐさま1000人規模のいいねをつけます」と言って回っているグループがいるそうです。Facebookページを制作している会社ならすぐわかることですが、そんなこと普通のやり方ならできるわけがありません。しかし、こうしたウイルスIDを3000持って各4000人の友達がくっついていれば、何人かのウイルスIDがいいねをすれば、引きずられておっさんたちが自分もといいねを押しまくります。1000くらいのいいねをすぐ押させることくらい訳ありません。

◆個人情報を組織的に抜いているのではないか

mixiの足あと機能がほぼ無くなったのは、セキュリティ機能の向上のためという推測がありますが、Facebookの場合、自分の個人情報の詳細は「友人のみ」に公開しているケースが多いです。これが根本的にmixiと違う点です。したがって「友人」になってしまえば、勤務先から電話番号、メールアドレスまですべて抜くことができます。誕生日もわかるのでキャッシュカードの番号を誕生日にしている人は、だまされ放題です。
また、オレオレ詐欺や類似の詐欺にも十分に使えます。なにせ、本名と連絡先、勤務先、家族構成まで抜き放題ですから・・・・。
こうした情報を集めて売るために、組織的にウイルスIDを数千人規模で作り、友達申請をしまくって信用を付けて、このあと一気に詐欺行為に出ようとしているのではないか。
この推測、かなりの説得力があります。でなければ誰が数千人規模のウイルスを作って組織的な活動をしているのか、説明が付きません。

もう一度言います。

Facebookの友達に「会ったことの無い、数千人規模で友人がいる女性」がいる場合、即刻で友達関係を切り、誕生日をクレジットカードやパスワードにしている場合はすぐさま変更すべきです。リアルの友人の友達リストに怪しいのがいたら教えてあげましょう。また、知らない人からの友人申請は基本的に受けるべきではありません。

これが単なる推測に終わればいいんですけどね。

【追記】
考えたら自分の個人情報を「友人」までにしないで「友人の友人」にしている場合、こういうウイルスIDに自分の情報が筒抜けになっていたことに気づいてぞっとした。 笑っていられませんわ・・・これは・・

 

  • 0
  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    follow us in feedly
PAGE TOP