世界最軽量13.3インチでMacbook Airの約半分の重量のLaVie Z「Chromebook化計画」着手

2015年1月10日

我々Web系の人間と、同じIT系といっても違う点はいろいろあるんだけど、使ってるデバイスでいうとWEB系の人ってほぼMac、しかもMacBook Airが多いのに対し、基幹系の人はほぼWindowsっていう特徴があります。偏見もあると思うが、だいたいこの傾向ってあるよね?

で、主にMac系の人々はWindowsのデバイスについてはほぼ興味ない。わたしもそうでした。しかし昨日、コレ見てビビりました。

レノボの新型LaVie Zハンズオン、こんなに軽くて良いの?

たった780g。MacBook Air 13インチ版の約半分の重さです。実際のところ、オリジナルのiPadのReteinaとほぼ同等の重さ(ちょっとLavieの方が重いけど)ですもの。数値の比較も良いけれど、初めて実際に持ってみた時の「これはヤバい」という感触は言葉に代えがたいですね。2-in-1バージョンの方が少し重いので、超軽量のノートPCタイプを初めて持った時ほど感激しませんでしたが、畳んでみてタブレットモードにした時は驚きました。13インチのタブレットにも関わらず、片手で(ほぼ)快適に操作できたのです。

NECがLenovoに供給するというLaVie Zハンズオンは、なんと13.3インチなのに

780グラム!!!!!

MacBook Air 11  1008g
MacBook Air 13 1350g
MacBookPro 13 1570g
HP Chomebook11 1280g
VAIO PRO11 770g
VAIO PRO13     940g
Surface Pro 3 12″ 800g
※Windowsはタッチパネル無しの重量です

つまり、LaVie ZはMacBookPro13の半分以下、Macbook Air13の58%の重量です!!仰天。どうしてこんなに軽くなるんだよ・・
しかし自分はWindowsは使いたくない。なぜかっていうと、ソフトを全く持ってない。しかもChromebookを1週間出先で使ったらChromebookで十分いけるしサクサクだってことまで分かった。よってこのLaVie ZにChromeOSをインストールして使えば最強じゃんと思った次第です。

んが・・っ!!
発売は米国で今年の春。日本で発売されるかわからない。ということはかな入力の自分にはまたまた日本語キーボードがないという悲劇になりかねん。また、Chromeブラウザしか使わないのにインテルCore i5はオーバースペックだろということで、LaVieの現行機種を調べてみました。


NEC PC-LZ550SSB LaVie Z
あったどーーーーーー!!!!!

こちらは795gです。CPU:第4世代 インテル® Core™ i5-4210U プロセッサー1.70GHz(インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー2.0に対応:最大2.70GHz)。ChromeOSには十分すぎるスペックだけどメモリが4GBオンボードで増設できない。Windows8はよく知らないけど、これではたくさんソフト立ち上げたらきついんじゃない?Chromebookなら関係無いけど・・

さっそく、近所のPC量販店に行ってきました。

IMG_1682

なんかもう、めちゃくちゃ軽い。中身がはいっていないモックモデルくらいの重さ。店頭では14万していてAmazonのほうがずっと安い。ちなみにNECの直販サイトでは149,800円 (+消費税) から。ヨドバシドットコムも同価格で10%ポイント還元があるだけ。店頭に展示品が12万で出ていたが、ヤフオクをその場で見たら即決の展示品が評価のいい出品者から出ていて98000円だったのですかさず落札した。

振り込みも速攻でしたけど本日は土曜日で3連休の初日。来週に到着したらさっそくChromeOS(正確にはフリー版のChromiumOS)のインストールからやってみてレポートします。使ってないWinXP持ってる方も、ChromeOSがインストールできればまた使えるようになります。ウイルス感染の心配もないし・・果たして素人でもできるのか、乞うご期待です。

幻と言われる花咲ガニがこんな価格で売ってました。1.5gk詰(3~5尾)でこの価格!!!試しに買ってみますわ・・あまり期待しないように・・・

  • 0
  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 10741
    follow us in feedly
PAGE TOP