新五輪担当大臣に自民党たばこ特別委員会の鈴木俊一委員長が就任ってなにかのジョーク?

2017年8月5日

安倍内閣の新五輪担当大臣の鈴木俊一氏ですが、このように自民党たばこ特別委員会(検索したけど出てこないので自民党たばこ税特別委員会の別称かと思われる)の委員長をされていて、JTとタバコ農家から突出した献金を受けていらっしゃます。この表は禁煙学会が公開しているものです。

自民党たばこ特別委員会というのは、「タバコ増税、つまりタバコの値上げ大反対」の団体らしい。自民党にはタバコ議連という「タバコをもっと吸うようにさせよう」という死の議員団がありますが、それとは違う模様です。どんな活動しているか調べてみたら

全国たばこ耕作者総決起大会を開催

というのが全国たばこ耕作組合中央会のサイトにでていまして出席の自民党議員が写真入りで掲載されており、その中に自民党たばこ特別委員会という名称が出てきました。要するにタバコ生産者とメーカーと販売店の完全バックアップ議員さんたちです。

大会終了後、2000余名が一体となって、霞ヶ関・虎ノ門・新橋の官庁街・ビジネス街・繁華街で、デモ行進を展開。道行く人々やビルの中の人たちに「たばこ税増税反対!!」「葉たばこ農家と販売店の生活を守れ!!」などのシュプレヒコールで、たばこ業界の切実な熱い思いを訴えました。

国民の健康と生活は守らなくて良いのか!?

鳩山内閣が引き上げを検討しているたばこ税について、 自民党のたばこ特別委員会は、たばこ増税に反対する決議を採択した。
自民党たばこ税特別委員会・村田委員長は 「取りやすいところから取るという、 政府の態度に対して、断固として反対の意見を述べていきたい」と述べた。

民主党政権の時も頑強に値上げに反対しているロビー団体ですね。こいつらが激しい抵抗をするので日本のタバコは欧米並みの価格にできない。貧困ほど喫煙率が高く、特に生活保護受給者の喫煙率はダントツらしく、生活保護費の何割もタバコに消えているケースもあるらしい。

仮に他の先進国並みに1000円を超える価格にできたら、全額税金負担の生活保護受給者の医療費は大きく削減できるし、タバコに使っていたお金を社会復帰のために使ってもらえば早くその環境から抜け出せるでしょ。パチンコと同じく中毒性があるタバコは意志が強くないと止められないので、買えない価格にするのが社会保障政策的にも吉だと思う。

で、タバコの増税や値上げに反対し、いつまでもタバコ農家を日本が支援しろという自民党の団体の委員長が五輪担当大臣になったわけですね。

いまさらですが、五輪と喫煙の関係

いままで五輪開催都市はすべて公共の施設や室内での喫煙を禁止してきたのは当たり前の話ですが・・・
詳しくはここにあります。

健康なライフスタイル推進に関する世界保健機関と国際オリンピック委員会の合意

リリース原文

「健康的なライフスタイルと草の根のスポーツ運動を広げることはIOCとWHOの共通の目標であり、本日の合意は、この 2 機関が行っている様々な先導活動の間に相乗効果を生むことになろう。」とジャック・ロゲIOC会長はのべた。「すべての年代の生活習慣病を減らす活動をすべての人々が協力して実行できるようにする事がこの合意の本旨だ。」

海外通信社も

「たばこのない五輪」に黄信号-全面禁煙なしに2020年迎える可能性も

国際オリンピック委員会(IOC)は1988年から選手村や競技場を禁煙とする「たばこのない五輪」を推進してきた。2010年にはWHOとの合意を受け、開催都市が全面に禁煙する方針を打ち出した。厚労省の資料によると、08年の北京五輪から18年に開催予定の平昌冬季五輪(韓国)まで全ての開催国が罰則を伴う法規制を実施している。WHOのダグラス・ベッチャー部長は7日、日本外国特派員協会で会見し、「日本は最先端技術を持つ国なのに受動喫煙の分野では世界に後れをとっている」と述べた。国民を死の危険にさらすことから守るために、東京五輪前の今が「黄金の機会」であり、「極めて重要なタイミングにある」との見方を示した。

こうした状況の中で、自民党のたばこを推進する委員会の委員長が五輪担当大臣とか、ギャグとか思えない。IOCとの打ち合わせでも「灰皿ないですか」とか「日本は全面禁煙規制なんてしませんよ」とか言うんだろうか。五輪担当大臣になったからっていままでのタバコ援護姿勢を一転させたら地元から総スカンだよね。

安倍さんは今回の内閣改造で自民党が政権を取り戻した時の気持ちに立ち返ると言ってたが、この人事を見る限り昔ながらの利権ゴリゴリで国民全体より自分の支持者という昔ながらの政治しか見えてこないのよ。支持率も多少上がっただけ。政権ヨイショの読売新聞でもこの程度ですよ。


「首相信頼できぬ」54%…不支持理由で最多

自分が安倍さんを支持しなくなった理由は加計でもなく、日和るとこです。塩崎さんが党内で孤立したら「あとはきみがやってね」とばかりハシゴを外し、新五輪担当大臣にはタバコ推進派です。「五輪をきっかけに日本でも禁煙を」が、五輪担当大臣から「そんな必要ないから」と言われたら全く進みません。日本を立て直すためには国民の支持こそが一番なのに、手段と目的を間違えて党内支持を一番に持ってきている。かなりがっかりした新内閣でした。都民ファーストが国政に参加してきたら蹴散らされるよ。

うちのおばあちゃん犬がどうしているか仕事しながら見るためにこれの旧型買いました。スマホのアプリでいつも見られる。使用レポートを待て。Wi-Fi環境があれば自分ちの駐車場とかお店の防犯用として使えるし、マイクロSDカードで録画もできるのだ。

  • 0
  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    follow us in feedly
PAGE TOP