数字に弱い人 = 騙されやすい人の法則を考えてみた

2013年2月21日

国民生活センターのサイトに面白いの出てた

1 アフィリエイト・ドロップシッピング内職でクレーム多数

インターネットで検索した、1日に数千万円も稼げるというアフィリエイト内職に興味がある。業者から儲かる、サポートもするし、返金制度もあると言われたが信用できるか。

秒速で1億見たんだな。1日で数千万円稼げるなら内職じゃないだろ。 「信用できるか」と相談される国民生活センターも辛いだろう。「ご自分で判断ください」って判断できないから相談してるんだろうし。w

1日1000万円稼げれば、年間で36億稼げる。アフィリエイトの料率ってもともとタダ同然のものを高く売る訳なので40%くらいはあるわけだが、1人で年間36億稼ぐと売り上げ90億円だ。もし、これで成功しているのが1000人いれば、1000人トータルで売り上げは9兆円。赤ん坊から年寄りまで、国民ひとりあたり3万円もする情報商材を年間3回も買わないといけないんだよ。そんなんあり得るか?

この前提は現実的じゃないという方のために、やや規模を落として再試算。仮に月100万円を情報商材のアフィリエイトで儲けるヤツが3000人(インチキ情報商材で勉強したり、セミナーとか通ってるのはもっとずっと多いと思うが)いるとすると、年間の総売上は900億円だ(利益率40%)。5000円の教材なら1800万人が買ってくれないといけない。

一都三県の給与所得者総数がそんくらいだと思うが、彼らが1人残らず1年に1回、5000円のインチキ情報商材買うってあり得るか?!

そんなマーケットはもともとない。儲かるのはマルチの子供を数百人程度抱えるマルチ親だけです。子供500人から30万円ずつ集めれば秒速で1億5000万円!

スライド1

古来よりマルチまがいで損をするのは、もっとも馬鹿度の高いマルチの子供層。彼らは「自分たちが飛びついたんだから、ほかの一般大衆もみんな飛びつく」と、誤認されられている。実際にはフツーの人は常識があるので「自分の下部を作って情報商材売れば儲かる」というだけの情報商材に大金払うわけがなく、マルチの親がマルチの子供の金で太るだけで終了する。

と、その前に本当にそんなに儲かるなら、そのネタを売ると思う? 自分でやったら1日数千万儲かるのに?? 騙されるほうも馬鹿なのに欲の皮が突っ張っていて問題あると思う。

2 宝くじ当てたい。

誰かが当たってると言うことは自分にも当たる、そう思って数字に弱い人は宝くじを買う。宝くじは「貧者の税金」「愚者の税金」と言われている。いまなら「情弱の税金」と言ってもいいかも。宝くじで高額当選をするのは計算上7万分の1。年末ジャンボを一枚買っても7万年に1回しか当たらない。7万年という数字がわからないんだろうが、7万年前はネアンデルタールが歩いてました。

当然多く買えば当たる確率も上がるが、あまりに母数が大きくて誤差の範囲を出ない。たとえば100枚年末ジャンボを買うと3万円の出費。高額当選は、700年に1回です。ここで数字に弱い方は「おっ、人生は70年だから10回生まれ変わって1回当たるのか」と思ってしまうが・・・700年前は鎌倉時代ですから・・・・残念! いっとくけど鎌倉時代ってすっげー昔だよ。
または3万円払って100枚買えば、700人に1人は高額のが当たる。すっげー、当たりそう。って考える人もいるだろう。しかし700人ていうと1クラス35人で6クラスある中学校の全員だ。広い校庭に全員並べて小石投げて当たった1人に高額賞金。当たるか〜?? 自分に??
確率でいうと1/700は0.14%。3万円払ってこんな低確率にチャレンジするわけだ。自分ならFXでもやりますわ

3 楽天に出店すれば売れる

楽天は国内ECの取扱高(楽天市場や書籍などを含む)が1兆4460億円だが、楽天の現在の出店の契約企業数は132473社になってます。直営もあるので単純計算は乱暴だが、1社あたりで割ってみる。

img_graph_01

年間1091万円。月間たった91万円です。しかしこれには楽天直営の楽天ブックスやケンコーコムも含まれているし、月間数千万単位の売り上げのショップもけっこうあるということなので、逆に言えば月間0〜数万円レベルのところも相当数あるということになる。出店すれば簡単にさくさく売れるって言うのは妄想に近い。


4 放射能怖い
86480833
こいつ、まだ日本に居たのか、ちょっとびっくり。しかもまだ俳優??
で、本日の大阪の放射能数値は

写真

0.044μSv/hです。
年間に直すと0.4818mGy(ミリグレイ) となります。どこに逃げるのか知らないが、世界各国の放射能値は、年平均値で・・単位はmGy(ミリグレイ)

イランのラムサール 10.2
ブラジルのガラパリ 5.5
香港        0.67
イタリア      0.50
アメリカ      0.40
ドイツ       0.48

イタリアでも米国でもどこに逃げても大阪と数値同じっす・・
ちなみに福島県浪江町でも年間3.8mGyですからブラジルのガラパリよりずっと低い。なんとブラジルのガラパリは保養地です。放射線の影響にはしきい線量があり、この線量を越えて被ばくした場合でないと、影響は発生しません。慢性被曝では0.2Gy/年が不妊に影響するしきい値と言われてますが、これは200mGyです。大阪の500倍の線量が必要ですわよ。しかもこれは「しきい値」であって、これを超えるとみんな不妊になるんじゃ無くて、不妊の影響が出始めるということ。ガラパリだってたくさん子供産まれてますから。
お母さん、花粉症じゃないっすか。それとも息子の洗脳効果ばりばり。可哀想すぎる。病院連れてってやれよ

参考までに、尊敬する早野先生のレポートをお借りしました。
福島原発事故とチェルノブイリ原発事故の甲状腺等価線量を比較

福島の子供とチェルノブイリ周辺の子供の 甲状腺被ばく線量の比較 福島の線量はチェルノブイリと比較して桁違いに低いように見える

すでにこういう実測値が出て、超ラッキーなことに福島の子供にはなんら悪影響は無いということが明確になっているのに、数字が分からないんですね。しきい値で言うと、数百mSv以下の被ばく線量では、放射線による発ガンはほとんど心配ありません。

小学校の時に算数が得意かどうかで将来、カモられるかどうか決まるなんて大変だな・・。そんなわけで、カモられないためには、数字に強くなってください。

  • 0
  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    follow us in feedly
PAGE TOP