SoftBankがSIMフリースマホでプリペイド契約可能になったよの落とし穴

2014年3月5日

IMG_0635

Twitterで@int13zさんから凄い情報を教えてもらってチェックしました。

他社携帯電話機向けプリペイド契約を3月4日より受付開始

受付機種
(1)SIMロック解除された携帯電話機
(2)日本国内の「技術基準適合証明」を取得している機種
(3)携帯電話機固有の製造番号(IMEI)が確認できること

海外ではごく当たり前のプリペイド方式。日本の今までのキャリアのスマホの契約はほとんどが月いくらのデータ定額+通話量という感じの支払い方法だったのに対し、プリペイドは最初にカードに一定額をチャージし、それを使い切ると再チャージする方式だ。審査が楽だし、たいして使わない人なら非常に低コストで運用できる。海外からの旅行者は普通はこれを使う。SoftBankもいよいよ踏み切ったか・・・ということで詳細見ますと・・・・

iPhone、iPad、Androidタブレットやデータカードなどの非音声端末は対象外となります。

iPhoneはAppleで「技術基準適合証明」とってるから上記3項目に当てはまると思うんですが、除外とな??日本のスマホの70%がiPhoneなのにiPhone不可???

と、なりますと結局、auはロック解除してくれないからdocomoで買って3150円払ってSIMロック解除してもらった、iPhone以外のスマホとガラケーだけが対象と???あとは4.3にアップデートしたNexus 4??

やんなくていいです
以上!

  • -
  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    follow us in feedly
PAGE TOP