GW直前!! GoogleマップはiPhone,iPadでこう使え、ついでに観光業の方にもどうぞ。

2013年4月17日

昨日のブログ、「GW直前企画。海外旅行でタブレット達人的な使い方まとめ(Naver風)」はtwitterでは全然回らなかったけど、アクセスはそこそこにありました。 しかし「iPhoneでGoogleマップ使ってるけど、事前に調べたりとか全然使えないし」の声多数。 はい。そのとおりです。実はiOSのGoogleマップアプリはかなり手抜きですので、パソコンでいくらマイマップとか作って準備しても使えません。アプリでは無くてiOS用のChromeやSafariのブラウザ使うことです。「モバイルサイトへ」と小さく出ますのでそれです。 そうしますと

IMG_1782

こういう感じでパソコンのGoogleマップとほぼ同じになりますので、ここの上の段の右から2番目のノートみたいなアイコンを押しますと IMG_1784

になりますので、マイプレイスを押しますと「マイマップ」が出てきます。 しかしどうしてもアプリを使いたいという頑固な方は

無料ですのでこちらをダウンロードしてください。ログインするとGoogleマップからデータを引っ張ってくれまして、同じように使えるようになります。GoogleマップアプリはiPhone用しか無く、iPadで使うと拡大で汚い。でもこちらのMy Maps Editorは両方で使えますので、iPadでも綺麗に見えます。 Googleマップのマイマップを上手く作って 自分の観光ガイドブックを作る で、マイマップってなによという方もけっこういらっしゃいました。Googleマップって使い方がけっこう難しくてとっつきにくい。 実はわたくし、自他共に認める方向音痴でございまして、打ち合わせに行くのに道に迷うことがよくあり、サラリーマン時代はプレゼンに行くのにサポートが付き添ってきたくらいなのであります。いまでも結構迷います。一度行った場所でも2回目に行くと迷う。とくに神田は鬼門であります。絶対迷う。そこでクライアントの場所をマイマップにいれて管理するようにしました。 駅で降りたらGoogleマップのマイマップから「仕事用」というのを選んで、そこから相手先を呼び出して道案内させる。これで地上最強の「道に迷わない」コンサルタントが誕生したのであります。アホですか。

pan

↑ こんな感じ。もう迷わない!! w ストリートビューの写真も説明に入れられます。 で、マイマップについては百聞は一見にしかず。わたしがいままで20数回行ったバリ島で作ってみました。

bali

気をつけないといけないのは、マイマップはデフォルトで「一般公開」になってるので、自分のクライアントとか行きつけの店でマップを作るとプライバシーがバレバレになります。公開したくないマイマップは「限定公開」にしてください。この場合、このマップのURLを教えた人のみが見ることができます。 つまり旅行の幹事が観光地マップを作って同行者にメールで教えれば、みんなが同じ地図を共有できるわけです。家族旅行の前にお父さんが家族全員にマイマップを送って「ここを回るんだぞ」と自慢してもいいのです。場所名だけではなくて、詳細説明も編集で追記できます。 マイマップの作り方は、自分で書くのも面倒なので調べましたらここに丁寧なのがありました。

GoogleMapで作成したマイマップをiPhone、iPadで見れるアプリ『My Maps Editor』

My Maps Editorの説明もついていて、マイマップの作り方を1から図解で説明していただいてあってわかりやすい!! わたしが解説するよりずっといいのでこちらを見てください。

まとめ 旅行の準備の時、まずはマイマップを創ろう

GWの旅行(別に盆暮れでもいいんだが)が決まったら、旅行先で見たい場所、ご飯を食べたいところ、ホテルなどをマイマップで作ります。現地で食べログで探しても、有料会員じゃ無いとスマホからちゃんと検索できないですからね。家でパソコンでやればもっとちゃんと調べておけます。それを同行者にメールで知らせれば、行く前に準備万端です。 昨日のブログにも書きましたが、海外旅行の時にはSIMフリーのスマホを用意して現地SIMをいれて使えば、パケット代を気にせずガンガンと使えます。道に迷うことはもうないですよ。

観光業、ホテルでも活用しましょう!!

旅行代理店や、宿泊施設、観光案内所でもオリジナリティの高い見所満載のGoogleマイマップを作り、スマートフォンのお客様にメールで教えたらどうでしょう。印刷物よりお金はかからないし、なにより地理案内がもれなく付いてます。自治体でやってるのを何回か見たことあるが、説明がつまらないんだぁ・・・ しかも・・・印刷物なら「ここは閉店しました」「ここは潰れました」という度に刷り直ししないと客は大迷惑だが、Googleマップはいくらでも追加訂正ができます。客が見ているのは常に最新のになるわけです。 当民宿をご予約のお客様には、主人が厳選した見所満載の観光グルメガイドをメールでお送りします。スマートフォンをお持ちのお客様、ぜひご利用ください。 っていうサービスです。田舎の民宿でもいまからできます。 すでに忘れ去られた桃太郎の岡山市だって、あんなものに2000万円近く使うなら、本当の観光客が使えるサービスをやったほうがいいですよ。

  • -
  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    follow us in feedly
PAGE TOP