いくら言っても鑑定アプリやってた馬鹿のおかげで日本含めて5000万人分の個人情報大流出の顛末

2018年3月30日

みなさん。こんにちは。物凄く前からわたし、鑑定アプリは絶対やるなと言い続けてきました。

だから「名言」「鑑定系」「反射的にシェア」とかにいいねしちゃダメなんだってば!

鑑定アプリはいまや犯罪の温床。誰も手を出すな!!


数え切れない・・・・
ブログに何度か書いた記憶があるが、「アプリ提供者」の部分が英語で書いてあるのがありまして・・・それが今回・・・

フェイスブック上の「性格判断アプリ」で5000万人情報流出、トランプ陣営の支援に利用も
NewsWeek

Facebookの情報流出、「診断系アプリ」はワナだらけ安易にログインしてはいけない!
日経トレンディ

に書かれてた

2018年3月25日(現地時間)、Facebookの最高経営責任者(CEO)マーク・ザッカーバーグ氏は、英国のデータ分析会社がFacebookのユーザー情報5000万人分を取得したことについて、米国および英国の大手新聞各紙に謝罪広告を出しました。このユーザー情報は、まさに診断系アプリで流出したのです。2014年、英国のケンブリッジ大学教授が性格診断テストをFacebookに公開し、約27万人が利用しました。このアプリはログインしたユーザーだけでなく、その友達のプロフィール情報も取得するものでした。教授はその約5000万人分のデータを、データ分析会社に不正提供しました

というやつでした。


米フェイスブック、時価総額8.4兆円減 個人情報流出で

フェイスブックに罰金2兆ドルの可能性、個人情報取り扱いで調査

ということになり、アメリカの主要銘柄が暴落するというとんでもないことになってます。んで?

鑑定アプリやったけど自分は関係ないとかお前は阿呆か?!

私も何度か書いたように、このイギリスの会社の鑑定アプリは「性格診断」「適性診断」「顔診断」みたいな形で日本版もたくさんありました。要するに5000万人の個人情報には当然、日本人のも含まれています。鑑定アプリやったやつが友人の個人情報を渡したのです。
日本政府もそれを把握していて

Facebookのデータ不正流用問題、日本政府も「対応を検討」

Facebookユーザー約5000万人の個人情報が流用され、2016年の米大統領選でドナルド・トランプ陣営に不正に利用されたとする問題について、菅義偉官房長官は3月27日の記者会見で、日本政府の対応を問われ、「個人情報保護委員会で対応を検討すると聞いている」などと話した。

菅義偉官房長官がコメントを発表する事態

になっているわけです。再三言うけど

リテラシー低い馬鹿友達がいると大迷惑

ということが、世界的に証明されました。

むやみとFacebook友人を増やすリスク

自分は実際に会った人としか友人になりませんし、会ったことがある人でも鑑定アプリやるレベルの人はバッサバサと友人を切ってきました。危なくてしかたない。鑑定アプリにもログインを要求しないものもあるのですが、やってる本人はそんなことわかるレベルではない。「やり続けるなら友人切りますよ」とその人のフィードに堂々と投稿していました。低リテラシーの人はソーシャルでは害毒を撒く可能性があるのです。やるならきちんとしてもらわないと周囲が大迷惑。

低リテラシーの人がとってしまう行動と周囲に及ぼす悪影響について


Facebookで友人申請があったら本人詳細が書いてあれば受けるというスタンスだと、その人のリテラシーレベルまでは分からない。非常にリスクが高いわけです。その人が馬鹿で鑑定アプリをやってしまったら自分の情報までぶっこ抜かれて売られてしまう。そのあとなにに使われるかは全くわからない。

この対応のおかげで自分にはスパムメッセージが来ることも、変な投稿をされることもほとんどない。もちろん変な動画を踏んだ友人からスパムメッセージが来る程度の事はあったが、数年に1回程度です。

再度書くけど
リテラシーレベルの低い人とは絶対に友人にならない
※誰とでも友達になるのは絶対にやめた方が良い

付き合いや友情より自分の身を守れ
※そんなこと言ってる場合じゃない

というのが基本だと思います。今回の人は他人事ではない。AppleやAmazonの株まで暴落しちゃってます。馬鹿が世界を潰す。すごい時代になっているようです。もう一度書きます。

診断アプリは他人に迷惑かけることが平気なバカ発見器

いますぐパソコンなら右上の▼マークから中の「設定」をクリック

左にメニューのアプリをクリックするとアプリの一覧が出ます。ここで使ってないアプリは全部削除してください。

いますぐだ!! 分かったか!!

2012年から専門家の守屋さんとずっと警告してきたのに・・・

  • -
  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    follow us in feedly
PAGE TOP