なぜ20代女子はおじさんのエアポート写真にイラッとするのか

2018年5月3日


空港写真ほとんど撮らないのでやっと出てきた成田のキャセイのビジネスラウンジ。イラッとしたらシェア。ww

SNSで“空港にいる俺”アピール…“エアポート投稿おじさん”に 20代女性からブーイング

というSPA!らしい記事が話題になってまして、なぜ20代女子はキリンの風刺ギャグにもイラッとするし、おじさんのエアポート写真にもイラッとするのか、これではイラッとしっぱなしではないか。カルシウムが足りないのではないか。このエビデンスはなさげ。ww

20代男子は「草食系」と揶揄されてもイラッとしたなんて話は聞かないし、割と淡々と「ですよね〜」みたいに言ってる感じがする。逆におじさんは20代女子がビーチで友達と手を繋いでジャンプする写真ばかりInstagramに上げまくってもまったくイラッとしない。20代女子でもすべておじさんのエアポート写真にイラッとするわけではないと思うが、とにかく20代女子はイラッとするらしい。

博報堂の定点調査です。
身の周りでいやなことや腹の立つことは多いですか?

で、女性の中でも一番腹を立てているのが20代です。ww
ここ10年くらいは不動の一番で、とくに

2010〜2014なんて凄かった。20代女性のイライラぶりが突出。2014年なんて47.6%の20代女性がイライラしてたのです。

男性はというと

60代を除いてだいたい40%前半で揃っていて年代によってあまり異ならない。が、全般としては女性より怒ってる人が多い。社会で働いている率が高いからなのかも。

で。旅行についていうと
趣味やスポーツを楽しめる生活をしているか?

女性の場合は子育てのある30〜40代が下がるが、20代と50〜60代はほぼ同じ。

男性の場合は

50代男性を除いてほぼすべての年代で女性を上回っている。これは女性は腹立つよね。ww

が、ここまでではどうしておじさんの空港写真にイラッとするのかがわからないが。これを見たらわかるかも。JTBの調査データです。

なんと男性の40〜69歳は全年齢の平均値よりはるかに多く、海外にいっている!!!

50代男性は20代女性よりずっと多く海外にいっていた!!

もちろん仕事という事も多い。自分のFacebook友人で空港写真を上げるのはだいたい仕事で行く人で、だからビジネスクラスだったりするわけですよ。実際には家族や愛犬を置いて海外に行くわけで、しかも中国ばっかりだったりすると「またかよ、ハー。とりあえず頑張ります」みたいなエアポート写真も多いのだが、そういうのはイラッとする20代女子には理解不能なんだと思います。コレを見て「何、自慢してんだよっ」て20代女子は思うのかもしれんが、出張で海外、遊びに行くわけじゃないから大変なんですよ・・・。

で、それが明確になるのがこのグラフ。

男性の海外にいくピークは50代に対し

女性の海外に行くピークは20代!!!!

はい。ここで見えてきましたね。女性が一番海外に行きたいし、そこにお金をかけられる年齢が20代。これにたいし男性は40〜50代がピークで海外にいく。前者は主に遊びで後者は仕事もあると思うが、しかしさらに

20代女子は年ごとに海外に行けなくなっている。2000年の6割しか行ってないのよ。

おっさんはとくに変わりない!!!

これは腹立つ!!!!www

男性は20代で海外に行かなくても、年を重ねるにつれて海外にいくチャンスが増えるのだが、女性はガクベリするのである。そして女性は60代になってはじめて全年齢で年間3回以上行く比率が最多になるのである。

海外旅行行きたい、行きたい、金がない。オッサンばかりずるい。しかもビジネスクラスってずるい・・・・。自分も60代になれば海外旅行たくさんいけるけど、インスタ映えする写真は撮れないし、インスタがそれまであるかわからない。キー・・・・でしょうか・・・

マイナビの調査ですと・・・・働く女性の平均収入は20万円未満が6割もいて、

自由に使えるお金は20代が最も多いがそれでも月3万円以下が4割。5万円以下が66%・・・・・

服と化粧品に占める割合が高いので、ほかに回らないという理由もあるようです。

自分はここ10年くらいで、合計30回くらいは海外にいっているが、フライト時間3時間以上の時はビジネスである。ジェットスターでオーストラリアに行ったときは帰りに死んだので二度とLCCは使わない。帰ってきて数日寝込むならビジネスにして爆睡して翌日から働いた方がコスト的に有利なのである。

何が言いたいかというと、自分はそこらの20代女子よりよほど生産性は高いし、税金も数十倍は納めている。仮にビジネスクラスで海外に行こうが、ソーシャルで投稿はしないけどそれくらいでイラッとしないでもらいたい。その分、何十倍も働いているのだ。

何回も言うけどお金をもらう意識から稼ぐ意識に

もちろん20代女子でも男なんてめじゃないほど働いていて、金も稼いで海外旅行にも行きまくってるクラスタもいて、そういう人たちはおっさんがエアポート写真上げようがイラッどころか、「せいぜい可愛いわね」くらいしか思わないだろう。おっさんだって全員が海外に行ってるわけじゃない。安月給でこき使われてるオッサンは月の小遣い1万円で生活していたりして海外どころではない。

こんなこと書いても読者にほとんどいないので届きようがないのであるが、イラッとしたり腹立てたりしてもなんの生産性もない。だったらオッサンに負けずと稼げば良いだけの話である。雇用されていてはたいして稼げないから、副業するなり起業するなりしてリスクを取れば良い。前述のようにおじさんたちだって全員が海外に行きまくりのわけはなく、たいていは企業経営者だったりフリーだったりするわけで、リスクを取ってるからリターンがある。

もう何回書いたかわからないが

お金はもらう物ではなくて稼ぐもの

という思考に切り換えれば、海外なんてナンボでもいけるしビジネスクラスだっていくらでも乗れる。ただ、ポイントは「社会のためになることで」お金は稼ぎましょうということです。情報商材屋とか高額起業セミナー屋、マルチみたいなインチキ商売で稼いだ金は身につきませんので、馬鹿以外の他人に尊敬もされません。

「人を呪えば穴2つ」といいまして、他人に腹を立ててムカつくなんていってるうちは、その怒りは自分に戻ってくるのである。Twitterでフォロワー数の多いアカウントに片っ端から罵詈雑言してくる輩なんて、芽が出るわけはないではないか。「腹立つ」という思考から「いつかは自分も」という思考に切り換えるだけで、未来は自分のものになる。

とまあ、書くだけは書いたけどイラッとする20代女子には届かないものと思います。ww

さて「最後のジェダイ」がレンタルに降りてきました。いまから見ます。

  • -
  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    follow us in feedly
PAGE TOP