あえて言おう、崖っぷちこそ人生最大のチャンスであると!

2012年9月11日

その名もずばりの「崖っぷちの男」っていう映画がありますが・・。

ここ最近、人生で二度目くらいの仕事のモテキを迎えたようで、いろんなところからご相談や打診をいただきます。物理的に全部を引き受けることはできないので、ずるがしこく「成功しそう」な案件を優先しております。100戦100勝って言って自分より弱いヤツとしか喧嘩しない理屈と同じですわ。
お金をいくら出してくれそうでも、勝ちが見えないものは受けません(あ、すっごく出してくれて、それで負けてもいいというのは喜んで受けるけど、残念ながらそんな奇特な人には当たったことが無い・・ )。

長年やってきまして、仕事を受けたくないケースが明確に見えてきました。いままでの経験上引き受けても上手くいかないだろうなというのが分かるので、小金にはなりそうでもそういうのはやんわりと断るようにしています。WEB作って「はい、どーぞ」って引き渡すようなビジネスモデルであれば、お金にさえなればいいのであとはどうなろうが知っちゃこっちゃないわけですが、こちらのビジネスモデルは長期コンサルとリベニューシェアが基本です。思い通りに動いてくれないとストレスばかりでこちらの利益にはちっともならず、くたびれ損なのです。

ではどういう相手の場合、上手くいかないのだろうか・・・書きますぜ!

意外かもしれないが簡単に言うと、「食うに困らない」「商売がうまくいってる企業」です。資金には困ってないので、ちょこっとネット販売でもはじめるか的な感じだと最悪ですね。話は飛ぶが、従来の制作会社とか広告代理店は、とにかく景気のいいところを探して集まりがち。これじゃ視野が狭すぎますって!!
まず、こういうところは往々にして態度がでかい。もちろん経営者の資質にもよると思うが、上手く回ってるわけで困ってないから謙虚さが無い。自分のノウハウでいままで回ってきたので、こちらの言うことなんて聞かない。中には、「お金払うから勝手にやって勝手に回してくれ」的な感じのところまで出くわしたことがある。こんなんで成功したらへそが茶を沸かすわ。

こういう感じの相手だと、まず間違いなく「忙しい」を理由に更新はサボるし、ヒドイ場合はろくすっぽメールの返信も無かったりする。担当の社員に投げっぱなしにしたりもするが、社員も社長の姿勢を見ているから同様になる。

逆に言うと、どんなところが成果を出せるかというと、それはもうひと言で言って「崖っぷち」のところです。しかし、設立以来ずっと崖っぷちのところはセンスが無いのでダメ。以前はかなり調子が良かったのにここ数年でめっきりダメになった、このまま何年か経過するとマジヤバイ的な感じが最高です。すでに債務超過的な感じで資金繰りまで悪化している場合は投資ができるわけも無く、手の施しようがないので、それが1年後に見えてるくらいが美味しい食べ頃です。

もともと1回は成功させているわけで、ガッツとセンスはあるわけ。ところが時代の波に遅れてしまったり、方向を見失った間におかしくなってしまった。こういうケースでは経営者は最初は懐疑的でも手応えが出てくると死ぬ気で頑張ります。でもって全幅の信頼を置いてくれるようになり、物凄く頑張ってくれるわけです。3年間で売り上げが5倍くらいになったケースもあります。こっちもやる気が出ます。本領を発揮します。

つまり、「崖っぷちの状況」は火事場の馬鹿力を与えてくれ、人間を謙虚にしてくれるわけです(自分から一番遠い熟語使ったよ・・・)。こういうときの人間は強い。たとえば売り上げは落ちていなくても、会社の方向性を変えないといけない状況になっているとか、物凄くプレッシャーがのし掛かってるとか、子供ができて結婚しなくちゃいけないとか、そういうときもひっくるめて「崖っぷち」です。

なのでわたしは

崖っぷちサイコー

崖っぷち集まれ

の「全国崖っぷち愛好会会長」です。「崖っぷちは人生最大のチャンス」なんですよ。今までの自分の何倍もの力が出ますからね。

日本語字幕入りのはまだリリースされてませんが・・・我こそは崖っぷちの方は必見らしいです。まだ日本だと上映中ですかね??

  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 99
    follow us in feedly
PAGE TOP