やりがいのある仕事です → ブラック確率高いの法則を解説するよ

2019年2月13日

本日はメルマガとnoteの日。noteは単体だと108円ですが年間のマガジンだと3980円なのでかなりお得になります。マガジンがオススメです。w

 1 痩せ型から細マッチョ以上になる方法

 2 将来、子供に墓守りの負担をかけないために

 3 「喫煙者入店不可」のリラクゼーションはアリ?

 4 恩を仇で返された時にどう考えたらいいか

 5 高齢者ドライバーの信号無視を見かけたら

 6 盲導犬サイトで月数万円の収入を得るには

です。まぐまぐ!または、スマホで読む方はnoteでお買い上げいただけます。関係ないですがついでにInstagramもフォローしていただけると喜びます。

さてと。コケが生えるほどの昔話ですが、わたくしが新卒でリクルートに入社して最初の1年は求人広告を作っていました。

実は求人広告って、いまのネット広告と非常に似ています。つまり「応募」と「採用」が数値化できることです。これは当時の新聞や雑誌の一般商品広告ではそうそうあり得ないことですので、「どういう広告が求人に効果があるか」というのはアナログですが情報が共有化されておりました。

一番ダサい広告の典型が「明るい貴女(漢字)を求めます」っていう女子のイラスト入りのものですが、マジでダサい会社ほどこういうのを希望します。
しかしながらリクルートでは内部規定で、「明るい、暗いなどの性格に依存する表現は不可」とされていたので、客との間で押し問答になります。明るかろうが暗かろうがしっかり仕事ができればいいだろうよ。まずここで押し問答になるレベルの会社はろくなもんじゃありません。金払うんだから雇用する方は何をいってもいいと思っている。「暗い子が来たら困る」って言うのだが、明るい貴方って書いたら拒絶できると思ってる時点で・・・・。

効果の出る求人広告

求人広告はその表現で面白いように効果が変わるのです。もちろん仕事が楽しそうで給料高くて休みが多ければ楽ちんだろうが、そんなに待遇は急に変えられない。しかし全く同条件でも表現次第で変わります。こちらも人間だから、「この会社はいいなっ」と思えばコピー書くにも力が入るが、その逆だと流す。ひたすら流す w
典型的な効果の出る表現はひとつをあげると

社長が自分の口で熱量込めて語る

というのが王道で、これはもう間違いないが、考えれば分かるけどダサい会社は会社組織がダサいので、零細のくせに「社長なんて出せるか」という人事の壁があります。また、社長が出てきても駄社長で、例のごとく「明るい貴方」になっちゃうケースも多く、自社の展望さえ語れないナンチャッテもよく見かけました。たとえ小さな町工場でも夢を語れる社長には数は少なくてもいい応募者が来るのです。

この法則はいまも健在で、スタートアップでも魅力的な社長にはいいスタッフが集まる。その逆も顕著。中小企業はほんと、経営者に左右されるのです。


なかなかうまい。基本的には昔のリクルートも相当にブラックで、江副さんの一存で4月1日の全社の入社式で「光回線リセール部門は今季が本腰のため、週休2日から1日になります」と一方的な通告を総務の取締役が発表し、入社したばかりの新卒がザワザワとした話とか、死ぬほどありますよ。江副さんが持ち株をダイエーに売却したらすぐ社訓から「社員皆経営者主義」というのがなくなったりとか。ww いまなら大炎上。新入社員が2ヶ月間全員飛び込み営業させられた時代もありました。

当時のブラック企業と言えば、リクルートはマルチなどは掲載不可なので、「ブック」という教材屋とか、布団の訪問販売。レジャー会員権販売など、主に固定給+歩合制で一般家庭に飛び込みさせるところが多かったですな。こういうところの求人広告はホント、滅入るんですよ。担当者もたいていかなりの体育会系馬鹿。こういうところは必ず

やりがいのある仕事です

というのをキャッチフレーズにしたがる。これね。なにが変かというと、やりがいというのは働く本人が感じることで、企業側が「やりがいがあります」っていのは変でしょ。たぶんこういうところは「ガンガンやって歩合稼げばウハウハだろ」ということを「やりがい」という風にいってるわけ。
「歩合で稼げます」というのは当時のリクルートでも禁止ワードだから、こうしか言えないわけですよ。新聞広告とか平気で書いてたけどね。歩合20万確実とか・・・確実なら基本給にすればいいじゃん。ww

リクルートはとんねるずに貝の衣裳を着せて「ヤリガイ」ってコマーシャルやってたけど、ヤリガイを求めて転職するのはありだけど、企業側が「当社はやりがいのある仕事です」というのは「特にアピールするものがありません」って言ってるのと同じ事です。

さてもうちの18歳2ヶ月のワンコですが、食が細いため毎日犬用ミルクにこれを溶かして飲ませています。1本200ccで400kcalという超ハイカロリー。しかし1本1000円ですからワインに換算すると4000円くらいのやつです。これを毎日1本お飲みになっておられます。御犬様、お猫様で元気がない場合、これでかなり回復しますから試してください。どうしても食欲がないときはこういうスポイトで入れていままで2回ほど復活しました。

  • -
  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    follow us in feedly
PAGE TOP