虎の穴塾第1回ディベートが終わりました。

2019年12月18日

本日はメルマガとnoteの日。noteは単体だと110円ですが年間のマガジンだと4054円なのでかなりお得になります。マガジンがオススメです。w

 1 「犬の疑似飼育サービス」は可能性があるか
 2 会社のリモートワーク制度を復活させるには
 3 わたしのスケジュール管理法について
 4 将来、老害と言われないためにすべきこと
 5 日本の漁業を発展させるには
 6 歯止めが効かない読書欲を抑える方法

です。まぐまぐ!または、スマホで読む方はnoteでお買い上げいただけます。関係ないですがついでにInstagramもフォローしていただけると喜びます。

先週の木曜日になりますが、

21世紀を生き残るための「永江 虎の穴塾」

の第1回定例会を渋谷で行いましたのでとりあえず報告です。
とりあえずどれくらい仕切れるか不明だったので人数は合計50人ほどでスタートしました。基本的なわたしのスタンスは
「傍観しているだけでは身につかない。参加しよう」ですので、どれくらいの人数が参加してくるかだったのですが、メンバーの半数以上がオフラインとオンラインで参加してきたのでまあまあ成功ではなかったのかなと。

左端が私です。このほかにオンラインで約10名ほどが参加されています。
場所はここ
https://billage.space/shibuya_la

何をとち狂ったか会場費用を参加人数で割るときに大チョンボしてひとり 1000円にしたので2万5000円くらい持ち出しました。www 小学校に戻りたい。

今回のテーマは「将来、移住するとしたらどこの国か

実はちょこっとしたテーマ設定に対する失敗がありまして、

将来とは数年後か、それとも引退後か

を告知するのを忘れました。数年後であれば労働ビザ、または投資ビザで渡航する必要がありますが、引退後ならシニアビザを設定している国なら働かない前提で行きやすいのです。で、みなさん下調べをしてきているはずですが、最初の関門が

移住ビザと資格について調べてきたか

で、それがない人はこの場で脱落しました。だって、いくらその国がよくても今のアメリカみたいに移住の関門がめちゃ高いとかだとディベートするだけで無駄になってしまいます。その上で、マレーシア、タイ、カナダ、インドネシア、中国、オーストラリア、台湾でヨーロッパは1人もいませんでした。国名見ても分かるとおり、数年後に移り住むのか、引退後かで混じっているのが分かります。

自分はだいぶん前にマガジンハウスから「夢と住むハワイ島」という本を出したのですが、そのときにアメリカに移住するノウハウをだいぶん調べて取材にも行きました。また、興味があると根掘り葉掘り聞く性分なのでわりと詳しいのですが、皆さんの主張はなかなか楽しかったです。ファクトをきっちりと揃えて主張するようにという指定なので物凄い量を調べてきた人もいました。

結論的には祖父母の方がシニアビザでタイで暮らしている方の説得力がハンパなく、最後にどこの国に住みたいかという総論で半数以上がタイ・・・・。だってご飯美味しいし、治安は良いし、同じ仏教国だし・・・・。

非公開のFacebookグループで活動していますので、そのときの動画はいつでも見られます。月末に欠員が出た場合や、増員する場合に新規メンバーで申し込んで頂くと閲覧できるはずです(初回は瞬殺でしたが)。申し込まれているのにそのあと何度もメールも出しているのに音信不通の謎の方が1人いらっしゃいまして、Facebookグループにも参加してこられないのが最大の謎です。お金払ってるのに・・・・。

ちなみに次回の討論会では、会員の会社を取り上げて「この会社の売上を一年で2倍にするには」という議題で熱い討議を繰り広げるつもりです、欠員、増員ご希望の方は今しばらくお待ちください。

この間、マッサージガン買ったと書きましたがけっこう重くて自分で自分の腰とか背中やるのは割と辛い。なのでトレーナーの高橋君のとこに置いてきた。2人でやるならたぶんかなり効きます。特にどんぐりみたいなノーズでツボをズドドドとやりますと・・・・・ww

  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 99
    follow us in feedly
PAGE TOP