使い方によってはSIMフリーのiPhoneのほうが絶対お得なんですよっと(試算付き)

2014年1月30日

昨日のニュースです。

「iPhone 5s/5c」SIMロックフリー版、全国のApple Store店頭に

知らなかった。店頭で売ってなかったのか。自分は電車賃使って渋谷に行くのが馬鹿臭いからネットのAppleストアで買ったが、店頭でも売ってると思ってた。

さて先日、Facebookの友人が「iPhone5無くした」と言ってたのでSIMフリーのほうが得だよと教えてあげたのだが、SoftBankに行ったら店員が「SIMフリーは動作保証外です」と、言ったので止めたらしい。

嘘付くな! SoftBank店員!

もともとiPhoneの動作保証なんてSoftBankでしてないだろ。動作はAppleの担当。なのに自社で動作保証してるように言うとは卑怯なり。AppleストアでSIMフリーのiPhone買ったらいまあるSoftBankのSIMカード差し込むだけでフツーに使えるわ。紛失したならSoftBankでSIMカードの再発行だけしてもらえばいいだけ。MNPするならdocomoでSIMだけ出してもらえばいい。iPhoneはもともとiPhoneを販売しているキャリアのAPNデータが内包されているのでSIM入れるだけで勝手にセットアップされる(ただし二次売りのMVNOはPIN設定が必須)。日本だけじゃ無くて海外でも同じ。この点はAndroidよりずっと楽なのだ。

SIMフリーとキャリアで買うSIMロックの筐体の価格差は

まず、AppleストアでSIMフリーを買うと・・
1
こんな価格です。
でもってキャリアで一括で買うとどうなるか。価格コムにいい比較表があったのでこちらから借ります。価格コム、役に立つわ〜
とりあえず売れ線の32GBですと・・

■新規・MNP■
Appleストア SoftBank AU docomo
一括 81800 78120 78120 80640
 2年縛り 10320 10320 10080
■機種変更■
Appleストア SoftBank AU docomo
一括 81800 78120 78120 80640
 2年縛り 24480 24480 10050

と、なります。

一括で買うならキャリアで買うのはマジで馬鹿・・

まず、筐体を一括購入するなら間違いなくAppleストアでのSIMフリー機のほうがお得。なぜかというと筐体の残価が全く異なるから。当たり前だが、世の中の物の価格は需要と供給のバランスで決定される。キャリアで販売されるSIMロックされた機種を買いたい人は、今使ってるのを壊したかでとりあえずSIMだけ差し替えて使いたい人くらいしかいないのに対し、SIMフリーのiPhoneはMVNOの格安SIMを使って毎月のコストを押さえたい人や、海外にけっこう行く人が現地のSIMいれて使いたいということでニーズが高い。その割に供給が少ないので価格が高くなる。ちなみに2年半落ちのiPhone4の中古価格を見てみると、Amazonではこんな感じ
香港もののSIMフリー中古iPhone4 32GBの価格
なんと5万円〜程度が良いと6万円台・・・でも、これ、いくらなんでも高すぎだと思うが・・。

同じようなのをSIMロックされたので探すと
SoftBankの中古のiPhone4 32GB の一覧
だいたい1万円ちょい。SIMフリーとの差、4〜5万円!!!2年半経過するとこんな感じになります。キャリアの筐体負担分がiPhone5s 32GBで67800円(docomo70560円)だから、中古の時の価格を考えるとキャリアの負担分はSIMフリーと比較して実質半分くらいの感じとなる。

一括で買ったときの差が3000円しか変わらないのなら、キャリアで買うのはマジでものを知らないにもほどがあります。

月のコストを圧倒的に下げられる電話回線付きのMVNO出現

そんなわけで、殆どは2年縛られる代わりに筐体代をキャリアに負担するのを選択するわけ。この場合、キャリアの負担が大きくて筐体代が一番安いのは一見docomoに見えるが、途中解約をする場合や、破損時などの負担が大きいということなので、とりあえず一番安いと言われるSoftBankと比較。
AppleストアでSIMフリーのiPhoneを購入するのに比べて、新規・MNPの場合で71480円。機種変で57320円の差である。

筐体分を除いた月額の最低料金は、価格コムの比較表が秀逸なのでお借りするとこんな感じ。もちろん××割とか裏技もあると思うがそのへんはよく知らないしそこまでマニアでも無いのでとりあえずこれ

2

これに筐体の分割負担分が加わるので、最低で月間7000円弱くらい。MNPすると月間6000円弱になる。しかしここにきて、MNP可能な、つまり電話番号を従来のキャリアから引き継げるサービスが出てきました。たとえばSo-netのこんなの。MVNO(docomoの回線の二次売り)は競合が激しいのでこれからもどんどん出てくるとは思いますが・・。
(追記21014/08 現在ではいろんな契約のSIMが出てきてます。価格ももっと下がっています。調べてみてください)
追記2014/10/01
この10/1よりNTTコミュニケーションズの「OCN モバイル ONE」は月額料金同じでデータ量を2倍にして勝負に来ましたな。4.0GB/月コースが1,450円だそうです。


main_lte_talk

こちらdocomo回線でLTEが使えて音声も当然OKでMNPもできます。つまり今使ってるSoftBankだのauだのから切り替え可能。
http://www.so-net.ne.jp/access/mobile/lte/talk.html
せっかくiPhone5sならいくら制限が無くても低速のデータ通信では無くてLTE使うと思うので、月額2810円の+Talk Sになると思いますが、月間のデータ通信料が500MBと少ない(SoftBankは7GB)ため、チャージ料金払って増量はできるけど1GBで3990円とかなり割高なので、データ通信は最低限でいいという人向けです。WEB閲覧や動画などのデータ通信はWiFiで、モバイルではLINEとメール程度という人。縛りは1年で初期費用でなんだかんだで1万円くらいはかかるものの、既存のキャリアより月4000円も安い。2年で9万円の差です。

ただ、iPhoneのモバイル通信で動画見まくる、ネットサーフしまくる人には向いてませんので念のため。自宅警備員とか内勤の人向けですな。

海外に年間で何回か行く人には絶対お得

何度も書いておりますが、海外旅行に年間に必ず行く人はSIMフリーのiPhoneのほうが絶対お得。

SIMフリーiPhoneの正直なところの使い道

海外に行ったときに現地のプリペイドのSIMカードを買って入れる。アジア各国ならだいたい1週間1000円程度で使い放題って感じです。これで地図アプリも旅行中に使えるし、LINEで日本と通話もできる。現地の人とも電話で話せて現地料金です。日本に電話してもめっちゃ安いです。現地でiPhone売ってるキャリアのSIMを入れるだけでつながります。日本に戻ったらまた元のSIMを差し替えるだけ。
キャリアの「海外パケ放題」だと、指定キャリア以外につながると何十万もの請求でパケ死するし、1週間使うと20000円だよ。2年に1〜2回の海外旅行があるなら、SIMフリーのiPhoneにしたほうが絶対お得なのです。

上記のことから、逆に言うとキャリアのiPhoneを買った方がいい人は・・・
1 一括払いで8万円とか払えないけど毎月なら10000円くらい払える
2 データ通信をモバイルでしまくる
3 海外旅行なんてほとんどいかない

人ということになります。若年層中心ということになるんでしょうか?

  • 0
  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 10537
    follow us in feedly
PAGE TOP