(追記あり)アメブロで著作権や肖像権を主張するのはお門違い

2015年5月2日

昨日見かけて反射的に

これはひどい!!!

とシェアしてしまったのがこれ。

パクリメディア Spotlightのライターが盗用した先のブロガーを脅している!

要はアメブロで料理記事を書いていた方が、サイバーエージェントの運営するバイラルメディア「Spotlight」に写真と記事を盗用された。抗議したところ、ライターに逆ギレされた。というもの。
ライターはTwitterのアカウントを消して逃亡しています。

一見、これはひどい、ひどすぎると思うのですが、しかしながら徐々に明らかになってきたのがこれ

Ameba ヘルプ

第12条(知的財産権等)
2. 当社は、利用者が本サービスにおいて投稿、アップロード又は保存した全ての情報(文字情報、画像情報等を含みますがこれらに限られません)について、これらを保存・蓄積した上、本サービスの円滑な運営、改善、当社又は本サービスの宣伝告知等(第三者のメディアへの掲載を通じた紹介記事・コンテンツ等も含まれます。)を目的として、あらゆる態様で利用できるものとし、利用者はこれに同意するものとします。
3. 利用者は、自己の著作物に関して、第三者の権利侵害等の問題が発生した場合、自己の費用と責任においてかかる問題を解決するとともに、当社に何等の迷惑又は損害を与えないものとします。

さすがのサイバーエージェント様です。きっちりと規約にありました。

つまり、アメブロに掲載した写真、原稿は、サイバーエージェントが自由に使って良いとブロガーは利用時に同意しているのである。泥棒に「あなたは泥棒だ」といったら「傷ついた、どうしてくれる」というレベルではない。「お前がくれるといったのにあとから泥棒というのは名誉毀損だ」くらい言われて訴訟されても仕方ない話なのである。ああ、可哀想なライターさん。www

もっというと、アメブロに投稿した写真やイラストは、サイバーエージェントが宣伝としてゲームキャラに使っても良いし、出会い系サイトを運営するときにあなたの顔写真を宣伝に使用しても良い。だって

アメブロ使うときに承諾してるんだから当たり前

なんです。抗議したブロガーに正義はない。ひどいとかひどくないとか言う権利もない。規約を読んでからブログを開設したはずだからね。タダでサービスを利用する代わり、対価として権利は放棄しているわけです。サイバーエージェントが抗議に対して写真を削除してくれたのは単なる温情ですぜ。

で、アメブロでいろいろなものを公開するとこういうことになるわけです。

1

サイバーエージェントはアメブロで公開されているものを自由に使える。バイラルもいくつかやっているのでそこに使われても文句は言えない。だってあなたはそれに承認している。問題はそれ以降です。Spotlightも他の腐るほどある腐れバイラルも、互いにパクリ、パクられしているので他の糞バイラルも当然あなたの写真や原稿や下手したら顔写真もパクります。しかしあなたには抗議する権利はない。抗議できるのはサイバーエージェントだけ。しかしサイバーエージェントのバイラルもほかのバイラルのをパクってるので抗議するわけはない。

よってあなたの写真も原稿も広くパクられ続けていくわけであります。

ほかの無料サービスはどうなっているか

記憶にあるところでは、炎上したのはmixiの規約改正。

mixi規約改定問題 「ユーザーが著作者の時代」にまた繰り返す大騒動 (1/2)

2008年にmixiは突然のようにmixiに投稿したものはmixiに著作権があると宣言して大炎上。あとでユーザーに著作権があると元通りになっている。

第18条 日記等の情報の使用許諾等
1
本サービスを利用して投稿された日記等の情報の権利(著作権および著作者人格権等の周辺権利)は、創作したユーザーに帰属します。
2
弊社は、ユーザーが投稿する日記等の情報を、本サービスの円滑な提供、弊社システムの構築、改良、メンテナンスに必要な範囲内で、使用することができるものとします。
3
弊社が前項に定める形で日記等の情報を使用するにあたっては、情報の一部又は氏名表示を省略することができるものとします。
4
弊社が第2項に定める形で日記等の情報を使用するにあたっては、ユーザーが設定している情報の公開の範囲を超える形ではこれを使用しません。

いまはソシャゲの会社になっているわけで、変更されたままであったら自分の投稿したイラストや顔写真がゲーム中に出てきてもなんら文句は言えないレベルであった。mixiは出会い系の会社も買収したはずで、日記に投稿した自分の写真が使われてもOKになるところであった。危ない。www

で、ほかのブログサービスをいくつか見てみたが、もしありましたら追記していくのでTwitterなどでお知らせ下さい。(と書いたらけっこう来ました)
→報告
1 ライブドアブログも同等の規約ありました。NAVERまとめに転用されてもしかたない

利用者は、本サービス等の利用に際して利用者が掲載・表示・送信等(以下「掲載等」といいます。)を行ったデータ(映像・音声・文章・写真・電子メール・メッセージ・アップロードされたウェブコンテンツ、ソフトウェアその他一切のデータをいう。以下同様とします。)につき、当社が、利用(複製、上演、演奏、公衆送信(自動公衆送信における送信可能化を含みます。)、口述、展示、頒布、譲渡、貸与、翻訳・翻案を含み、以下「利用等」といいます。)することを、無期限かつ無償にて、非独占的に許諾します。
利用者は、利用者が掲載等を行ったデータにつき、当社が自らの判断で、有償・無償を問わず、当社の指定する第三者に対して利用等を許諾する非独占的な権限を、無期限かつ無償にて付与します。
利用者は、前二項に基づく当社ないし当社の指定する第三者による利用者が掲載等を行ったデータの利用等について、著作者人格権を主張せず、行使しないものとします。

2 はてなブログ

本サービスの提供、利用促進及び本サービスの広告・宣伝の目的のために、当社はユーザーが著作権を保有する本サービスへ送信された情報を無償かつ非独占的に以下のような形式で掲載、配布することができ、ユーザーはこれを許諾するものとします。本サイト内への掲載、インターネットを用いたクライアントソフトへの掲載、APIやRSSフィードとしての公開、配信学術研究データとしての提供

著作権は認めるが、第三者に著作権を譲渡する場合でもはてなは使用権を持つとの条項もあり

3 シーサー

アカウント登録者を含む利用者からSeesaaに送信された情報およびコンテンツにつき、アカウント登録者を含む利用者は、日本の国内外で、無償で、非独占的に、それらの使用、複製、変更、削除、翻案、翻訳、掲載、開示、提供、二次著作物の作成、配布などができる権利をSeesaaに許諾し、同一性保持権などを含む著作者人格権を行使しないことに同意したものとみなします

4 FC2

ユーザーが本サービスを通じて発生した作成物は、編集、翻訳、出版、実演、展示、プロモーション、配布その他のあらゆる事由に関する権利をFC2が無条件で利用できるものとします。この権利はFC2が本サービスの運営上の理由により必要不可欠のものであるとし、ユーザーはこれを承諾するものとします。

自分の娘の顔を裸の体とコラされてアダルトページのバナー作られても文句の言えない仕様

と、どこでも無料サービスは似たり寄ったり。無料ブログに掲載したもので無許可で本出されても1円もはいりません。今回のはたまたまサイバーエージェントがバイラルやってるので出た問題でしょう。

以上、オリジナルドメインのブログから盗用されるのと、アメブロからサイバーのバイラルに「流用」されるのは話が違うのです。イヤならとっととサーバ借りて引っ越ししなさい。月500円くらいも払いたくない人は権利ばかり主張しちゃダメなんですよ。タダには訳があるんです。

昨日も紹介したけど、これは面白かった。かん吉さんどうもです

  • 0
  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    follow us in feedly
PAGE TOP