5000万かけてバカヤング(死語)に投票させてどーする東京都

2016年5月26日

昨日、このサイトがFacebookで回ってきて、大人たちは激おこでした。

IMG_6415

参政権が18歳以上にひき下げられるわけで、それにともなって東京都が発注して作った「TOHYO都」っていうサイトです。まずネーミングがダサイ・・・・。そして

IMG_6414
キャラが馬鹿キャラなのは置いといて、ゲーム感覚で投票させようという魂胆。そして

IMG_6419_edited-1
よく分からなくても適当に選んで投票すればいいんだよという「割り切り」。いいのかこれで。投票するだけでなにも考えなくていいのか。上から「投票率を上げろ」という指示を受けて「なんでもいいから上がればいい」という結果ではないのか。

当然ながら、これを見た大人はみんな激おこで

◎これで投票するなら若者はみんな馬鹿ってことか
◎これで投票しようと思うくらいならしなくてよい
◎いまの若者をバカにしきっている
◎こんなので投票率が上がるとマジで考えているのか

というのが主な感想です。あいにく自分には周囲に18歳前後で、しかもりゅうちぇるとぺこ(この子、悪いけど本当にタレントなのか???)というこのキャラに好感をもつターゲットがいないので、これがどのくらいリーチするのか見当が付かない。まあしかし、率直に言うなら「こんなの見て選挙に行くらいなら、かぶれてSEALDsに参加している学生のほうがまだマシ!!!

で、キャラについて言うと、前に書いたこのエントリー

AKB主演の視聴率が全く上がらない訳が一目瞭然でわかるGoogleのサービスとは?

では、AKBに興味があるのは実は田舎の人で、東京の人は全然興味ないんだよという事実をGoogleの検索ボリュームから証明したのだが、同様にりゅうちぇるを調べると、

スクリーンショット 2016-05-26 11.55.04
主に検索しているのは「那覇」の人で、新宿区を除くと地方ばっかりである。新宿区って都庁の人が「こいつだれ」って検索してるんじゃ・・・中央区が下に出てくるが相方のぺこで検索すると、

スクリーンショット 2016-05-26 11.57.32
こちらも完全に地方シフトなんである。同じく新宿区が出てくるがこれも都庁の人たちではなかろうか。東京都庁のビルには13000人もいるんだよ。
それにさぁ・・東京の女子にこんなファッションの子、いないんじゃないか?

ちなみにアヴリル・ラヴィーンだと
スクリーンショット 2016-05-26 12.01.52
完全に東京シフト。このあたりのリサーチちゃんとやってるのかな。東京の子って原宿とかほとんど行かないでしょ。あそこにいるのは地方から遊びに来てる子じゃないの。それはさておき、このキャンペーンにいったい東京都はいくらかけたのか・・・公表されています。

13268069_1045126742207099_6551185799087517799_o
拡大しましょう

13268069_1045126742207099_6551185799087517799_o-1

4999まん4247えん

安い!!舛添のアメリカ豪華旅行1回分だ!!!
やばい、完全に麻痺してきたよ・・・・

東急エージェンシーが受注しているが、これは代理店を責めてもしかたない。代理店は発注者のオリエンテーションに沿って、希望通りのプランを提出してきただけなのである。予算から見ても最初から「5000万の予算です」というオリエンがあったわけですね。

若者の投票率はなぜ低いか

ここを考えないで、「なんか面白くしておけば来るんじゃないか」っていうのが今回のプロジェクトなわけです。

以前にも書いたように、若者が投票に来ない理由は

他のことで忙しいから

なんですよ。

【驚愕】50代以下の投票率が低いぶっちぎりの理由は「政治に興味がない」ではなかった!!

今の若者って、バイトしないと生活できないわけです。特に地方から専門学校とか大学に来ている子たちの生活費は、いまや「金がない」と怒って新幹線に放火した爺さんの年金より少ない。仕送りは過去最低。バイトしないと生活できないのです。

年金が少ないから新幹線焼身テロに及んだ事件に思う

低賃金で必死に働いて(学生ならバイトして)、やっとの休みには好きなことしたいでしょう。サービス業なら日曜だって出勤だ。だったら期日前投票にいけというが、それだって1日休まないといけないわけだ。一年中暇な年寄りとは違うんですよ。であれば極論だが、若者が投票にきたらそこでTポイント1000円分あげるとか、なんか「お得な」ことを付けないと、よほど真面目な子でないと行く気にならない。国政ならまだしも都議会選挙で1日潰したくないわ。

あと、投票に行くとポイントがもらえ、そのポイントで保育所の優先が決まるってどうよ。夫婦揃って18から投票にいってるとちゃんと保育所は入れるが、義務を果たしていないとそういうのは順位が下がる。こうなると「日本死ね」とか言えないよな。

ディベートの経験がない

左系の人たちの大半が65超えた爺さんたちで、沖縄の米軍基地の前で座り込んでいるのもだいたいその層なわけですが、彼らの投票率はほぼ100%でしょう。

なぜかというと、若いときにゲバ棒奮って熱い政治論議を交わした経験があるからですよ。そこで言い負かされると「人間としてクズ」という感じだから、もう必死に資本論とか読んで口から泡を飛ばしたはずだ。大半は大学卒業と同時に日和って大企業に就職したわけだが、当時の熱い気持ちの人が、まだ国会議事堂前で座っているわけですよ。あの方たちの青春時代はこれ読んだら理解できます

しかしながら、今の子たちはこういう機会が全くない。大学で教えている友人によると「今の子はほとんど質問しない」そうで、先生に熱く責め寄ってくる学生なんて薬にしたくたっていないそうだ。自分もたまーに大学の講義に招かれて話したりすると、同じように質問が出ない。たぶん子供のうちから「論議するようなチャンス」もないし、「ディベートするようなヤツはウザい」と言われるからだと思う。
逆に言えば、中学、高校で「政治の論議をみんなでする授業」があれば、政治について考えることが発生し、結果として選挙にも行くと思う。日教組系の先生がミスリードしないという前提にはなりますが。よって、こうした教育機会を作ることが非常に重要と思う。

ちなみにアサヒ芸能の記事ではありますが

アメリカ 59.32%(2012年)
イギリス 65.77%(2010年)
ドイツ 71.55%(2013年)
フランス 55.40%(2012年)
イタリア 75.19%(2013年)
スウェーデン 83.33%(2014年)
デンマーク 87.74%(2011年)
ノルウェー 78.23%(2013年)
フィンランド 67.37%(2011年)

日本の投票率の低さは異常ですわ

東京が率先してネット投票の道を開け

で、一番言いたいのはココ

若者はスマホの所有率がほぼ100%なんである。であればエストニアのようにネット投票の道を開けば投票率は絶対上がる。東京の地方選挙からまずはテスト的にやればいいではないか。5000万でこんなイミフのバカサイト作るなら、テスト費用に充てて、世界最大の都市として、導入を検討すればよいではないか。

国政だと地方のお年寄りとかもせーのになるので、いまだガラケーが主流のみなさんも巻き込まれて大変だ。しかし東京なら日本の中で先駆けてできるのじゃないか。これこそが東京が世界をリードするための第一歩ではないかと思うわけですよ。舛添の次の知事に立候補する方は、これを公約に入れてくださいよ!!

20%のポイントバックついているうちに一読くださいませ

  • 0
  • 0
    このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
    follow us in feedly
PAGE TOP